このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
芽キャベツとパスタは相性バツグン!麺と茹でてもソースと絡めても!

芽キャベツとパスタは相性バツグン!麺と茹でてもソースと絡めても!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木 倫美(ささきともみ)

2020年7月29日

芽キャベツの調理法にはいろいろある、ここで、パスタに使うことを考えてみよう。意外に思う方もいるかもしれないが、芽キャベツとパスタは相性バツグンで、ぜひ食べていただきたい組み合わせなのだ。本記事では、芽キャベツをパスタに加える際のポイントや、美味しい組み合わせについて紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 芽キャベツはパスタにうってつけの食材!

パスタにはさまざまな食材を加えて美味しく食べられる。芽キャベツはおすすめの食材のひとつだ。パスタに使う具は、あまり大きいと食べにくい。味や食感がしっかりありつつ、麺とバランスよく絡む程度の大きさであれば最高だ。もちろん絡めるというより麺の上にのせるのもありだ。その場合でも、芽キャベツの大きさであれば食べやすい。半分や1/4にカットすれば、さらに手ごろなサイズになる。また、芽キャベツの少しほろ苦い風味もパスタソースによく合う。野菜にもソースにもよく合うので、幅広いパスタに合わせられるだろう。芽キャベツ自体を見かける機会は多くないかもしれないが、パスタをはじめとしたイタリアンのレシピには、芽キャベツが使われていることも多い。

2. 芽キャベツの加熱方法には大きく2通りあり、どちらも美味しく仕上がる

パスタを作る場合、おおまかな工程はソース作りとパスタを茹でる工程の2つだ。芽キャベツを使うには、このどちらかで加熱することになるだろう。実はどちらでも美味しく仕上げられる。
  • ソース作りの過程で加える
ソースに混ぜる場合、たとえばベーコンやにんにくの香りを移したオイルで素揚げすることになるだろう。そうすると芽キャベツにも香りがしっかり付くほか、素揚げにより柔らかく、かつ歯ごたえのある食感になる。加熱が長過ぎると焦げるおそれもあるものの、炒めた味が好きな人にはうってつけの方法だ。
  • パスタと一緒に茹でる
芽キャベツとパスタを一緒に茹でる場合、単純に一緒に鍋に入れるだけでよい。パスタの太さによっては芽キャベツを茹で過ぎになるかもしれないが、その場合柔らかくなり過ぎることはあっても、焦げるわけではない。そのため、より失敗の可能性を低く抑えられる。また、塩を加えて茹でる場合、芽キャベツにも若干の塩味を付けられる。
作るソースの種類にもよるものの、基本的には上記どちらかの方法を選べば問題なく芽キャベツを加熱できる。いずれも追加の工程は不要で、ついでに加えるだけで仕上げられるので楽だ。手軽さの点でも、芽キャベツは嬉しい食材だ。

3. 定番でも十分美味しい!パスタと芽キャベツの組み合わせ例

パスタにはさまざまなソースや味付けがあり、芽キャベツはほとんどのものによく合う。美味しい組み合わせのうち、定番のものをいくつか見ていこう。
  • ペペロンチーノ
ペペロンチーノは具をあまり入れないイメージがあるかもしれないが、野菜を入れても美味しい。芽キャベツも例に漏れず、ペペロンチーノと相性がよい。にんにくと唐辛子の香りがしみ出たオイルで炒めて、風味をしっかり付けたい。シンプルな味付けをすることになるので、芽キャベツの鮮度がよい場合にはとくにおすすめだ。
  • ミートソースパスタ
芽キャベツはあっさりしており、こってりしたソースに加えるとよいアクセントになる。たとえば、軽く焼く、あるいは茹でたうえでミートソースに添えるのもよい。ひき肉の旨みと芽キャベツのほろ苦さが意外とよく合うのだ。
  • 野菜パスタ
春野菜、あるいは冬野菜に芽キャベツを加え、オイルなどと一緒に和えると美味しい。旬の味を楽しめるほか、栄養もしっかり摂れる。好みで粉チーズをかけるのもよいだろう。

結論

芽キャベツとパスタの組み合わせは、ヨーロッパなどで親しまれており、もちろん相性がよい。加熱の仕方によって味や食感が変わるが、いずれにしても美味しく食べられるのには変わらない。よく食べられる身近なパスタと芽キャベツの組み合わせも十分美味しい。興味次第で、ほかのパスタも試してみるとよいだろう。芽キャベツが手に入ったら、ぜひパスタに使ってみていただきたい。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ