このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【ベトナム料理】は自宅でも簡単に!定番から変わり種まで紹介!

【ベトナム料理】は自宅でも簡単に!定番から変わり種まで紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年8月 1日

日本人の口に合うベトナム料理。ベトナム料理はバリエーションも多彩で野菜もたくさん摂れるのが魅力だ。食材は日本で手に入るのも多く、自宅でも簡単に作れる。今回は、代表的なベトナム料理の栄養やカロリー、レシピについて紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 【ベトナム料理】バインセオのカロリー

バインセオとは、ベトナム南部で親しまれる、ベトナム風のお好み焼き。ここでは、バインセオのカロリーについて紹介しよう。バインセオは、米粉の生地にもやしや豚肉、エビ、玉ねぎ、キノコなどの具材を混ぜて焼いたものだ。葉物野菜や香草と一緒に、スイートチリソースやヌクチャムを絡めて食べるのが基本である。1人前のカロリーは日本のお好み焼きより低くヘルシーだ。
この記事もCheck!

2. 【ベトナム料理】生春巻きの栄養

ベトナム料理で有名な生春巻き。ここでは、生春巻きの栄養について紹介しよう。生春巻きのライスペーパーは、米やでんぷんが原料となっており、主な栄養素は炭水化物だ。具材には、エビや蒸し鶏、野菜などが使われ、たんぱく質やビタミン、食物繊維などを摂取できる。具材を工夫することで、生春巻きだけでも十分な栄養が摂取できそうだ。
この記事もCheck!

3. 【ベトナム料理】バインセオの食べ方

日本のお好み焼きに似たベトナム料理、バインセオ。実はこのバインセオ、食べ方はお好み焼きとは全く異なる。ここでは、バインセオの食べ方について紹介しよう。バインセオは盛りつけの段階では、フライパンサイズの生地を半分に折った状態だ。そこで、バインセオは、洋食のようにフォークで生地を押さえて、ナイフで一口大に切って食べる。
この記事もCheck!

4. 【ベトナム料理】バインセオの作り方

バインセオは日本でも作れるベトナム料理だ。ここではバインセオのレシピについて紹介しよう。下ごしらえとして生地を混ぜ、具材に火を通しておこう。バインセオの生地は、米粉、ターメリック、水、ココナッツミルクを混ぜて作る。具材は、エビや豚肉、玉ねぎ、もやしなどだ。もやしの食感を楽しみたいときは、生地を焼くときに加えよう。下ごしらえが終わったら、フライパンに生地を入れ薄く焼き、固まる前に生地の半分に具材ともやしをのせて蒸し焼きにする。生地に焼き色がついたら、半分に折って完成だ。
この記事もCheck!

5. 【ベトナム料理】生春巻きの皮を上手に使うコツ

ベトナム料理である生春巻きを作る際に使うライスペーパー。本場ベトナムでは、バインダーやバインチャンと呼ばれている。米粉を原料としたライスペーパーは、水につけて戻してから使う。ライスペーパーを水で上手に戻すコツは、長時間水に浸さないこと、まだ少し硬いかもというタイミングで引きあげることだ。また、ライスペーパーは生春巻き以外にも使える。ぜひアレンジメニューにも挑戦してほしい。
この記事もCheck!

6. 【ベトナム料理】ブン・ティット・ヌンとは?

ベトナム料理の汁なし麺「ブン・ティット・ヌン」。「ブン」はベトナム南部の米麺、「ティット」は肉、「ヌン」は焼くという意味。ベトナムでは、豚肉を焼いたものやチャーシュー、パクチー、ニラ、レタス、ナッツなどの具材をのせて食べる。ヌクマムベースのタレをかけ、混ぜながら食べるのが基本。生野菜を増やし、サラダ感覚で食べるのもおすすめだ。
この記事もCheck!

7. 【ベトナム料理】バインミーの歴史と魅力

ベトナム生まれのサンドウィッチ、バインミーはフランスパンになますや肉などを挟んだベトナム料理。ここでは、バインミーの歴史と魅力を紹介しよう。ベトナムはかつてフランスの植民地であったため、フランスパンがよく食べられる。また、中国の支配下にもあったベトナムは中華料理の影響も受けている。さまざまな文化が融合してできたのがベトナム独特の食文化だ。バインミーもその一つで、ベトナムでは朝食で食べられることが多い。たくさんの野菜を挟んで食べられるのも魅力だ。
この記事もCheck!

8. 【ベトナム料理】生春巻きに合う副菜

ベトナム料理の生春巻きに合う副菜について紹介しよう。ここでポイントとなるのが、生春巻きの具材と異なる食材を使うことだ。あっさりした料理が食べたいときは冷奴がよいだろう。トッピングにショウガやネギ、練り梅などを合わせるのもよい。また、生春巻きの具材として使わないキャベツを副菜に加えるのもおすすめだ。牛肉や豚肉と炒めれば、栄養のバランスもとれる。
この記事もCheck!

結論

さまざまなベトナム料理の栄養や作り方などを紹介した。もともと野菜を多く摂れるベトナム料理は、工夫次第でさらに栄養価アップが期待できる。食材もそろえやすいベトナム料理をぜひ、自宅で作ってみてほしい。旅行気分も味わえることまちがいなしだ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >