このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
えんどう豆は煮物がおすすめ!見ためも楽しめるのが嬉しい!

えんどう豆は煮物がおすすめ!見ためも楽しめるのが嬉しい!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木 倫美(ささきともみ)

2020年8月16日

えんどう豆は独特の風味が魅力的だ。その分、どう食べれば美味しいか迷うかもしれない。ごはんに混ぜるのも定番だが、煮物にしてみるのもおすすめだ。難しい工程なしで美味しく仕上げられるので、ぜひ試していただきたい。本記事では、えんどう豆を使った煮物のおすすめポイントや、美味しい作り方について紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 栄養豊富なえんどう豆、味わうなら煮物もおすすめ

えんどう豆は、実はグリーンピースと同じものだ。ミックスベジタブルのイメージがあるかもしれないが、生のえんどう豆にはしっかりとした風味があり、食感もまったく違う。せっかくなら少し丁寧に調理して、じっくり味わいたい。少し好みがわかれるかもしれないが、豆好きの人にはおすすめできる。また、えんどう豆は栄養も豊富だ。たんぱく質やビタミンB群、食物繊維などが含まれており、嬉しい食材だといえる。食べ方はいろいろあるが、ヘルシーに食べるなら煮物にするのがおすすめだ。油を使わなくてよいので、カロリーを抑えられる。また、薄味を基本としつつ、好みの味付けで食べられるのもメリットだ。えんどう豆の食べ方に困ったら、まずは煮物を作ってみてはどうだろうか。

2. えんどう豆の煮物の定番は、翡翠煮!

えんどう豆を使った煮物の中でも、翡翠煮はぜひおさえておきたいメニューのひとつだ。翡翠煮とは、えんどう豆などをシンプルに煮込み、宝石の翡翠のようにきれいな緑色に仕上げる料理を指す。作り方は簡単なので、まずはえんどう豆の翡翠煮を美味しく、かつきれいに作れるようにしたい。
  • 材料
使う具材はえんどう豆だけでよい。あとは出汁と調味料があれば十分だ。定番の調味料は酒、みりん、しょう油あたりだ。えんどう豆の色を極力変えたくないため、しょう油は薄口を使うとなおよい。ほかに好みで調味料を加えてもよいが、えんどう豆自体の味や色を崩さないようシンプルに留めておきたい。
  • 作り方
さやから出したえんどう豆を塩水に浸してさっとアクを取ったあと、出汁や調味料と一緒に煮込む。いったん煮立ったら、あとは弱火でじっくり煮込めばよい。仕上がったら瓶やボウルなどに移して手早く冷やし、空気に触れさせないようにして置き、味をしみ込ませれば完成だ。空気に触れるのを防ぐには、落としぶたを使えば簡単だろう。瓶詰めにすれば数日ほど保存もできるので、多めに作っても問題ない。うまく作れていれば、えんどう豆のシンプルな味わいを楽しめるはずだ。

3. えんどう豆と、さまざまな食材や味付けを組み合わせて楽しみたい!

えんどう豆には、翡翠煮以外にも美味しい煮方がいろいろある。美味しいアレンジの例をいくつか見ていこう。
  • 卵とじ
えんどう豆を使った料理の中でも、卵とじは定番のひとつだといえる。作り方は基本的には煮物と一緒で、ちょうどよい煮込み具合になったら溶き卵でとじればよい。煮汁を吸った卵の味を楽しめるほか、たんぱく質をはじめとした栄養を補うのにもうってつけだ。好みでほかの野菜などを追加すれば、さらに栄養豊富になる。調理の手軽さからいっても、とくにおすすめしたい料理だ。
  • スープ
えんどう豆はスープにしてもよい。単純に煮汁を薄味にするだけで、スープとして成立する。えんどう豆は和洋中どれにでもよく合うため、好きな味付けを試せる。塩分控えめのえんどう豆スープを献立に添えれば、栄養面でも申し分ないだろう。
  • ほかの煮物のサブ具材として使う
えんどう豆を煮物の主役にしなければならない、という決まりはない。実際のところ、えんどう豆はほかの具材の引き立て役としても美味しいのだ。たとえば鶏肉やかぼちゃなどをメインとして、えんどう豆を少々使ってみよう。煮汁にしみ出す香りや味を楽しめるほか、見ための彩りも豊かになる。栄養もあるため、えんどう豆を使うメリットは多い。

結論

えんどう豆は栄養が豊富で、煮物にすれば食べやすくなる。普段豆を食べない人でも、積極的に試していただきたい。定番の煮物といえば翡翠煮で、見ためも楽しめるほか、多少は保存も可能だ。ほかにも美味しいアレンジ煮物は幅広く、味付けや具材の組み合わせなど研究の余地は数多い。えんどう豆が手に入ったら、新鮮なうちにいろいろな料理に使ってみてはどうだろう。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ