このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
鮭のちゃんちゃん焼きで手軽に食卓を豪華に!味変アレンジも紹介

鮭のちゃんちゃん焼きで手軽に食卓を豪華に!味変アレンジも紹介

投稿者:ライター 上野圭代(うえのたまよ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年8月18日

旬の魚介を使った料理は美味しい。その中の1つに「鮭のちゃんちゃん焼き」がある。どこかで名前を聞いたことがある人も多いはず。とはいっても鮭のちゃんちゃん焼きとは一体どの地方の料理で、正確な作り方はどのようなものなのか知っている人はどれだけいるだろうか。ここでは鮭のちゃんちゃん焼きの基本的な情報、作り方やアレンジレシピまでを紹介していきたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 鮭のちゃんちゃん焼きってどこの料理?

鮭のちゃんちゃん焼きの名前は知っているが、詳しく知らない人のためにここで紹介したい。鮭のちゃんちゃん焼きの発祥の地は北海道の石狩地方だ。北海道は全体的に鮭の収穫量が多いことで知られている。そのため郷土料理の中にも鮭を使ったものが多いのだ。石狩は漁師町としても知られ、昭和時代の初期に漁師たちが釣った鮭をその場で焼いて食べたのが最初だとされている。名前の由来には諸説ある。「ちゃっちゃ」と作れることから、または作るときに鳴るへらの音が「ちゃんちゃん」と聞こえるから、「お父ちゃん」が作るからなどがそれにあたる。
鮭のちゃんちゃん焼きを食べる季節は、現在は通年といってもよいだろう。ひと昔前までは秋から冬が一般的である。作り方が簡単なのに、いろいろな食材を一度に食べることができるので、日本全国で人気がある料理である。

2. 鮭のちゃんちゃん焼きの作り方を紹介

鮭のちゃんちゃん焼きは郷土料理店などでも食べられる。しかし実は材料もスーパーなどで手軽に手に入るため、自宅でも気軽に作れるのだ。北海道の料理を食卓で食べられるのは嬉しい。そこでここでは定番の鮭のちゃんちゃん焼きの作り方を紹介していこう。

鉄板で焼くのが基本的な作り方

鮭のちゃんちゃん焼きは本来鉄板で焼くものだ。本格的な郷土料理を楽しみたい人は、ぜひ鉄板で作ってみよう。塩胡椒をした鮭を旬の野菜とともに蒸し焼きにする。おすすめはしめじやえのきなどのキノコ類と玉ねぎ。その上にバターとソースをのせて蒸し焼きにすることで、食べやすく旨みが出る。ちゃんちゃん焼きのソースの一般的な味は味噌ベースだ。みりんと合わせておこう。また好みで人参やピーマンなどを入れても、できあがりの彩りがキレイである。夏にはアスパラ、秋前後はじゃがいもやかぼちゃなどもよい。

3. 鮭のちゃんちゃん焼きの今風な作り方

鮭のちゃんちゃん焼きは北海道の郷土料理であり、本格的な作り方は鉄板であることから手作りが難しいと思われている。しかし実は今風の簡単な作り方がいろいろとある。そこで気軽に手作りできるような方法を紹介したい。

アルミホイルを活用するのがコツ

鮭のちゃんちゃん焼きはアルミホイルで作ると簡単だ。鮭の切り身と野菜などをすべてくるめるようなサイズでカット。中にすべて入れて口を閉め、蒸すだけである。人数が少ないときにはフライパンで作ることもできる。ゲストが多いときはホットプレートもおすすめだ。ふたをしたら、できあがるまで酒を飲みながら談笑できるのも嬉しい。電子レンジでも簡単に調理ができるので忙しい人には試してほしいところだ。

4. 鮭のちゃんちゃん焼きのアレンジレシピ

鮭のちゃんちゃん焼きは味噌ベースの味付けが定番だが、さらにアレンジすることでいろいろな楽しみ方ができる。おすすめのアレンジレシピをいくつかまとめていこう。

お茶の味をプラス

茶葉をそのまま鮭にふりかけるアレンジ。火を通す前に緑茶の茶葉などをかけ、風味を楽しもう。

チーズをプラス

鮭と野菜の上にチーズをトッピングするのもおすすめ。少し洋風の雰囲気を楽しめるのがよい。

鮭のちゃんちゃん焼きをチャーハンに!

鮭のちゃんちゃん焼きを作ったら、ごはんを入れて一緒に炒めていく。好みでネギなどを入れていくと彩りもキレイだ。

結論

ここでは北海殿郷土料理である鮭のちゃんちゃん焼きについて、名前の由来や基本的な作り方、さらには今風に作るコツ、アレンジレシピなどを紹介してきた。鮭のちゃんちゃん焼きは思っているよりもハードルが高い料理ではないので、旬の野菜などを楽しむためにもぜひ試してもらいたい。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ