このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
鮭とキャベツを使用した料理を紹介!時間がないときの料理に便利!

鮭とキャベツを使用した料理を紹介!時間がないときの料理に便利!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年9月12日

鮭とキャベツを使用した料理はサーモンロールキャベツ・酒蒸し・ペペロンチーノ・味噌炒め・ブルスケッタ・チゲ鍋・サンドイッチなど、和洋中を問わずさまざまなジャンルで活用できる組み合わせの食材だ。どちらも火が通りやすく時間がないときの食事作りにも重宝する。今回は鮭とキャベツを使用したおすすめの料理を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 鮭とキャベツを使用した料理【白味噌コロッケ】

最初に紹介する鮭とキャベツを使用した料理は白味噌コロッケだ。まず鮭は焼いて皮と骨を取り除き粗くほぐしておく。キャベツと玉ねぎはみじん切りにし、バターを溶かしたフライパンに入れて炒め、こしょうで味を調える。じゃがいもは皮付きのまま茹で、火が通ったら皮をむき粗く裏ごしをする。

炒めたキャベツと玉ねぎ・じゃがいも・鮭・すり胡麻・白味噌を混ぜて小さな丸型に成形し、小麦粉、溶き卵、パン粉の順でくぐらせ180℃に温めた油でキツネ色になるまで揚げる。あとは器に盛り付け、青ねぎを散らせば白味噌コロッケの完成だ。肉を鮭に変えるだけで定番のコロッケが新たなレシピに。

より簡単に作りたいときは鮭フレークや鮭缶を使用してもOK。油で揚げるのが面倒なときはパン粉をフライパンでキツネ色になるまで空炒りし、小麦粉と溶き卵にくぐらせたもののまわりにつけ、オーブンかオーブントースターで焼いてもよい。ただし丸型だと火が通りにくいため、平らに成形しておくこと。できあがったコロッケは野菜の甘みたっぷりで、ごはんにもアルコールのおともにもおすすめだ。

2. 鮭とキャベツを使用した料理【ロールキャベツ】

次に紹介する鮭とキャベツを使用した料理は主菜になるロールキャベツだ。まず玉ねぎを薄切りにする。ポリ袋に鮭とコンソメを入れてもむ。追加のコンソメと玉ねぎ、こしょうを加えてさらにもみ、鮭と玉ねぎのコンソメ漬けを作る。キャベツをラップで包み、電子レンジで約1分加熱したら芯の部分をそぎ落とす。

ポリ袋の中の鮭と玉ねぎのコンソメ漬けの適量をキャベツ1枚にのせ端から巻き、巻き終わりを爪楊枝で留める。これをキャベツの枚数分繰り返す。鍋に巻いたものを並べて入れ、玉ねぎ・コンソメ・水を加えて火にかけ15~20分ほど煮込めばロールキャベツの完成だ。好みでブロッコリーやにんじんと一緒に煮込むと器に盛り付けたときに彩りが鮮やかになる。

あっさりとやさしい味わいなので、食欲のないときでも美味しく味わえるだろう。コッテリとした味を好む人は、牛乳・固形スープの素(洋風)・バター・小麦粉でクリームソース風に仕上げるとよい。ちなみにコンソメを2回に分けてもむのは味を均一になじませるためだ。

3. 鮭とキャベツを使用した料理【スープ煮】

次に紹介する鮭とキャベツを使用した料理は生鮭で作るスープ煮だ。まず鮭の下ごしらえからレクチャーしよう。鮭にはあらかじめ塩をふっておく。次はうろこ取りだ。皮にうろこが残っていることがあるが、口当たりを悪くし臭みのもとになりやすい。包丁の先でこそげとり、水気をペーパータオルで拭き取る。鮭の表面の水気も生臭さの原因のひとつだ。水気を取ったら食べやすい大きさに切っておく。

下ごしらえを終えたらスープを作っていく。キャベツと玉ねぎはくし形に、ベーコンは5cm幅にカット。フライパンに水と鮭を入れて火にかけ、煮立ったらザルにあげ湯を切る。ちなみに鮭を水から茹でるとアクと適度な脂が抜け上品な味のスープに仕上がる。

次にフライパンを洗い水気をきったら油を熱しベーコンを炒め、色が変わったら玉ねぎ・キャベツ・鮭・ブイヨン・ローリエを入れ、少しずらしてふたをし、煮立ったら弱火で15~20分ほど、キャベツがやわらかくなるまで煮ればOK。ベーコンを使用するのはコクを出すためだ。食感を楽しみたいときはキノコ類をプラスするとよい。

結論

鮭とキャベツを使用した料理を紹介した。ほかにもサラダや甘辛煮、レンジ蒸し、ミルフィーユ、チーズ焼き、グラタン、オムレツなど、鮭とキャベツを同時に味わえる料理はある。紹介したレシピを参考に料理のレパートリーを増やしてみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ