このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ほうれん草とちくわは相性バツグン!おすすめレシピを紹介!

ほうれん草とちくわは相性バツグン!おすすめレシピを紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年10月12日

鮮やかな濃いグリーンが特徴のほうれん草は、おひたしやサラダ、ソテーなどさまざまな料理に使える万能野菜。いろいろな食材と相性バツグンだが、なかでも相性がいいのがちくわだ。そこでこの記事では、ほうれん草とちくわを使った簡単で美味しい料理をいくつかピックアップして紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. さっと作れる!ほうれん草とちくわのおつまみレシピ

時間をかけて手の込んだ料理を作って、それを肴に一杯やるのもオツなもの。しかし、お酒は飲みたいけれど料理を作るのは面倒、という日もあるだろう。かといって、スーパーやコンビニの総菜を買ってきて...というのは味気ない。そんなときに頼りになるのがほうれん草とちくわを使ったおつまみ。手軽に作れておまけに美味しい、とくれば文句なしだろう。たとえばほうれん草をさっと茹でて、斜め切りにしたちくわ、砂糖、醤油、かつお節と混ぜ合わせれば、ほうれん草のおかか和えのできあがり。ほうれん草を小松菜に変えたり、ちくわをかまぼこに変えたりとアレンジも可能だ。ビールやワインにおすすめなのが、ほうれん草とちくわのペペロンチーノ。ほうれん草はさっと茹で、ちくわは縦に細く切る。フライパンにオリーブオイルを熱し、みじん切りにしたにんにくと唐辛子を炒め、にんにくから香りが出たらほうれん草とちくわを投入、塩とワインで味付けしたら完成だ。

2. ほうれん草とちくわを使った弁当に映えるレシピ

ほうれん草とちくわを使ったおかずは彩りもいいので、弁当の一品にもおすすめ。ここでは、手軽に作れる弁当にぴったりなレシピをいくつか紹介していこう。
まずは、ほうれん草とちくわのマヨネーズ和え。ちくわは斜め薄切りにし、ほうれん草は茹でて水気をしぼって、食べやすい長さに切っておく。このふたつをマヨネーズで和えるだけで完成だ。調理時間はわずか10分程度という超スピードメニュー。忙しい朝でもすぐに作れるのでおすすめである。
続いてはほうれん草とちくわの卵とじ。かために茹でたほうれん草を水にさらし、水をきったら3cmの長さに切る。ちくわは小口切りにしておこう。鍋に白出汁と水を入れて煮立てたら、ほうれん草とちくわを投入。そこへ溶き卵を回しかけてふたをして、弱火で1~2分煮ればできあがりだ。こちらもわずか10分ほどでできあがる手軽な料理。弁当にあと一品...というときに重宝するだろう。

3. まだまだある!ほうれん草とちくわのアレンジレシピ

ほうれん草とちくわのコンビは、さまざまな料理のアレンジにも使える。
たとえばかき揚げ。ほうれん草とちくわを入れたかき揚げは絶品だということをご存じだろうか。ほうれん草はさっと茹でたあとに水にとって冷まし、水気をしぼる。ちくわは薄い輪切りにしておこう。ほかには石づきを切り落としたしめじ、5cm長さに切ったみつば、薄切りにした玉ねぎを用意する。材料をボウルに入れて軽く小麦粉をまぶしたら、溶き卵、水、小麦粉で作った衣に加えて混ぜ合わせよう。適量をフライ返しの上にのせたら、高温に熱した油の中にすべらせ、形を整えながらカラッと揚げたら完成だ。さまざまな食感が楽しめるかき揚げができあがる。
また、ほうれん草とちくわのコンビは、パスタとも相性バツグンだ。斜め切りにしたちくわと3cm長さに切ったほうれん草、ほぐしたしめじ、包丁の腹でつぶしたにんにくを用意しよう。たっぷりのお湯でパスタを茹で、茹であがる直前にほうれん草を加え、一緒にざるにあげる。にんにくを炒め、香りが出たらしめじ、みりん、しょうゆ、パスタの茹で汁、ちくわを投入して炒めよう。最後にパスタとほうれん草を加えて火を止め、さっと和えたらできあがり。和風テイストの美味しいパスタの完成だ。

結論

ほうれん草とちくわのゴールデンコンビは、調味料で和えるだけで立派な一品になる。しかも調味料を変えればアレンジの幅は無限大、というなんとも頼もしい食材だ。この機会にぜひ、ほうれん草とちくわのコンビに着目し、オリジナルのレシピを開発してみよう。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ