このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
卯の花を冷凍して美味しさを保つ方法!保存期間や冷凍のコツを伝授!

卯の花を冷凍して美味しさを保つ方法!保存期間や冷凍のコツを伝授!

投稿者:ライター 井澤佐知子(いざわさちこ)

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年10月 5日

「卯の花」という風流な名前をもつ食材は、じつは「おから」である。おからは昔から足がはやいといわれ、保存性については著しいデメリットがあることで知られている。おからは、おかずとしてだけではなくお菓子に使用されるなど近年は注目度が高い。本記事では、卯の花の冷凍法について説明する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 卯の花って冷凍保存できるの?

古くから日本の食卓に浸透してきた卯の花。昨今はとくに、健康に敏感な女性たちから脚光を浴びている食材である。食べやすさが魅力の卯の花であるが、問題は保存性が低い点である。というわけで、本記事では卯の花の冷凍保存について説明したい。

卯の花とおからの関係

おからと聞くと一昔前の貧しい食事を想起させるかもしれないが、卯の花となると優美である。おからが卯の花と呼ばれるのは、空に通じるその名を厭い、わざと優雅な別名をつけたためといわれている。おからの白さと卯の花の白さをかけた、いかにも日本らしい言葉の美しさである。

卯の花の美味を保つためには冷凍保存!

足がはやい食材の代表である卯の花、その美味しさを保つため冷凍保存が可能なのである。卯の花は、冷蔵では2日ほどしか保存が効かない。コスパがよい卯の花は、できるだけ無駄にしないで効率よく消費したい。そのためには、冷凍保存が最も理に適っているといえるだろう。購入した卯の花は、加熱処理をしてから冷凍保存をすると食べるときに便利である。ジッパー付きの保存袋などを活用して、卯の花を無駄なく美味しく消費しよう。ただし、卯の花を冷凍する場合にはいくつかの注意点もあるので留意しておこう。

2. 卯の花の冷凍保存。保存期間ってどのくらい?

コスパもよく栄養面でも大いに注目される卯の花。唯一のデメリットである保存性をカバーするためには、冷凍保存が強い味方となる。実際に卯の花を冷凍保存する場合には、どのくらい日持ちするのかをみてみよう。
卯の花は豆腐と異なり、冷凍保存が可能な便利な食材である。とはいえ、卯の花は1回の食事でそれほど大量消費することはまれである。さらに、生の卯の花を購入しても冷蔵でせいぜいが2日ほどしか保たない。用心深い人ならば、購入したその日に食べきってしまいたいというのが本心であろう。
一方、冷凍ならば1週間ほど保存が可能となる。さらに、乾煎りして水分を飛ばしたあとに冷凍すると、保存期間も1ヶ月ほどに延びるのである。冷凍前のひと手間が、卯の花を長持ちさせる条件となる。乾煎りは、本来はフライパンで行うのだが、面倒な場合は電子レンジを活用することもできる。
調理済みの卯の花を冷凍しておけば、そのままお弁当に活用することもできる。使いやすいように小分けにするなどの工夫をすれば、卯の花の活用度はかなり高くなるのである。ただし、冷凍した卯の花は電子レンジで解凍すると味わいが損なわれる可能性もある。自然解凍の時間も考慮して、冷凍庫から取り出す必要がある。

3. 【冷凍保存方法】卯の花を美味しく冷凍するコツ

実際に卯の花を冷凍する場合には、いくつかの注意事項がある。解凍後に美味しく食べるためのコツも含めて紹介する。

こんにゃくは除くべし!

卯の花を食べるときには、こんにゃくは必須という人も多いはずだ。しかし残念ながら、こんにゃくは冷凍保存に向かない食材である。そのため、冷凍保存をする意図があるときは、こんにゃくは入れないようにしよう。

水分を考慮する

卯の花を冷凍保存する場合に考慮が必要なのは、水分である。水分が多い卯の花は、冷凍するとかちかちになり小分けが難しくなる。そのため、消費する量に小分けして冷凍保存をすると便利である。また、具材から出る水分をできるだけ飛ばす工夫も有効である。

冷凍する場合の形状は

卯の花を冷凍する場合には、できるだけ平らにすると早めに固まる。保存用ラップや冷凍用のパックを活用しよう。また、お弁当用に冷凍するときにはそれ専用のカップに卯の花を入れて冷凍すれば、そのまま取り出してお弁当箱に入れるだけで済む。

再冷凍は避ける!

卯の花はとにかくデリケートな食材であるため、腐敗しやすい性質を有している。そのため、一度解凍した卯の花を、再冷凍することは厳禁である。解凍した卯の花は食べきるようにしよう。

4. 作り置きOK!卯の花のおすすめ冷凍レシピ3選

調理した卯の花は、レシピによって冷凍保存の向き不向きがある。冷凍保存が向く卯の花の料理を3つ紹介する。

ハンバーグ

冷凍保存が向く料理としては、まず子どもも喜ぶ卯の花のハンバーグが挙げられる。体重を気にしている女性も喜ぶ卯の花のハンバーグ、あっさりと和風で楽しんでもよいし、ケチャップやソースで濃厚にも堪能できる。形状を変えて、ミートボールでもよいだろう。

カップケーキ

昨今は卯の花を使用したお菓子もさまざまなレシピが出回っているが、おやつ用に作った卯の花のカップケーキも冷凍可能である。ホットケーキミックスを活用すれば、卯の花を使用したカップケーキやマフィンも気軽に作ることができる。

煮物

卯の花の王道である煮物も、もちろん冷凍に向いている。上述したように、こんにゃくは入れずに調理して冷凍すれば、お弁当にも活躍してくれる。小分けにして解凍しやすくしておけば、夕飯にもう一品というときのも役に立つのである。

結論

近年とみに注目されている卯の花であるが、保存が効かないところが泣き所である。多めに卯の花を購入してしまった場合には、冷凍保存をして無駄なく使う方法をおすすめする。冷凍した卯の花は、工夫によってはおかずやおやつ、お弁当などさまざまなシチュエーションで活躍してくれる。ぜひ、コツを取得して卯の花を無駄なく食べてみてほしい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ