このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
かぶサラダの作り方を4選を紹介!切って和えるだけの簡単な副菜!

かぶサラダの作り方を4選を紹介!切って和えるだけの簡単な副菜!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年11月 4日

春と秋に旬を迎える「かぶ」。炒めても煮てもなんにでもあう食材だが、甘みとみずみずしい食感を味わえるサラダは定番人気だ。かぶサラダは、切って和えるだけのシンプルな調理法だが、調味料や合わせる食材によっていろいろな味が楽しめる。この記事では、美味しいかぶサラダの作り方を4つのジャンルに分けて紹介する。ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. レモンや梅でさっぱりかぶサラダ

かぶサラダといえば、レモンや梅などと合わせたさっぱり系のサラダを思い浮かべるだろう。食欲の減退する夏や、箸休めにぴったりなかぶサラダの作り方を紹介する。

さっぱりとした味のレモンのかぶサラダ

スライスしたかぶと、レモン汁やオリーブオイル、塩を合わせたレモンのかぶサラダ。シンプルな材料で誰もが失敗することなくできるだろう。少しアレンジを加えたいなら、レモンの皮をおろし金ですりおろしたものを入れると、よりレモンの香りを感じられるサラダになる。

パパッと簡単に作る梅のかぶサラダ

和食の料理と合わせるなら梅と醤油で和えた梅のかぶサラダがおすすめだ。鰹節を足すとより和風になる。鰹節はかぶととても相性がよいので、ぜひ、試してほしい。

つまみにピリ辛柚子胡椒のかぶサラダ

和え物のサラダは酒のつまみにもなる。ピリ辛の香ばしい柚子胡椒に、塩やオリーブオイルを加えることで、それぞれの味が交わりとても美味しい。さっぱりとしたつまみが食べたいときにいいだろう。

2. ツナやハムで男子にも人気のかぶサラダ

ツナやハムなどタンパク質系をプラスしたかぶサラダの作り方を紹介する。
塩味が効いたハムやそのまま食べても美味しいツナ缶は、食材としても人気が高い。ヘルシーにいただきたい場合は、油漬けではなく水煮のツナ缶を選ぶとよいだろう。

混ぜるだけでOK!ツナ缶のかぶサラダ

スライスして塩もみしたかぶに、ツナを缶汁ごと入れて混ぜるだけの簡単かぶサラダ。味に物足りなさを感じたら、塩コショウやマヨネーズで調整するとよい。

マリネ風ハムのかぶサラダ

酢とオリーブオイル、ブラックペッパー、塩を合わせたマリネ液に20分ほど漬け込むだけで、シャキシャキとした歯ごたえが楽しめるマリネ風ハムのかぶサラダが完成。洋食に合う副菜メニューとしておすすめだ。

3. ごま油でナムル風のかぶサラダ

ごまを煎りあげて搾ったごま油は、香ばしい香りが特徴だ。中華料理はもちろん、和食にも欠かせない。いまや多くの家庭に常備されているごま油を使って、ナムル風のかぶサラダを作ってみてはどうだろうか。

かぶの葉も使ったナムル風かぶサラダ

細かく切った葉と半月切りのかぶを、ごま油と鶏がらスープの素で和えるとナムル風のかぶサラダが完成。ポイントは最後にコショウをたっぷりかけ、スパイシーに仕上げること。味が薄いと感じた場合は、塩を加え調整しよう。また、酢を入れるとよりさっぱりとした味付けになる。

にんにくと生姜でつまみにもなるナムル風かぶサラダ

すりおろしたにんにくと生姜、ごま油で和えたナムル風かぶサラダ。コチュジャンを加えると酒のつまみにもなる。さらに、さっと茹でて細かく切ったかぶの葉を彩りとして足すと、居酒屋で出てくるような一品に。

4. 女性受けよし!オシャレな洋風かぶサラダ

女性受けがよい、オシャレな洋風かぶサラダを紹介する。味はもちろん、見ためにもこだわる人にピッタリな一品に。切って和えるだけのシンプルな作り方だが、食材や調味料を変えるだけでかぶサラダがぐっとオシャレな料理になる。

生ハムとかぶのカルパッチョ

かぶは葉を1cmほど残して皮をむき薄切りにする。オリーブオイルとレモン汁、酢、すりおろしのニンニク、ブラックペッパーをよく混ぜ合わせ、カルパッチョソースを作る。
薄くスライスした生ハムとかぶにソースを回しかけ、最後にピンクペッパーを散らせばオシャレな洋風カルパッチョのかぶサラダが完成。薄くスライスした玉ねぎを加えるとさらに美味しい。

ワインにも合うマスタードのかぶサラダ

マスタードとオリーブオイル、酢、塩コショウを合わせドレッシングを作り、薄くスライスしたかぶと和える。マスタードの酸味と辛みがワインとよく合う一品だ。このかぶサラダを作るときも、かぶは葉を1cmほど残して切るのがポイント。薄緑の茎が見ためも美味しく仕上がる。茎には土が付いていることがあるので、茎を残して調理する際はしっかり中まで洗うことを忘れずに。

結論

かぶサラダについて紹介した。かぶサラダは調味料や合わせる食材を変えるだけで、和食、洋食、中華料理の副菜として活用できる。みずみずしい真っ白なかぶは見ためにもほっこりするだろう。常備菜やあと一品ほしいときに参考にしてみてはどうだろうか。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ