このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
白菜と豚肉のうま煮の作り方!相性バツグンなプラス一品も紹介!

白菜と豚肉のうま煮の作り方!相性バツグンなプラス一品も紹介!

投稿者:管理栄養士 戸田綾子(とだあやこ)

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年11月12日

白菜と豚肉のうま煮の作り方を紹介していく。めんつゆを使った和風うま煮と、オイスターソースを使った中華風うま煮に分けて、詳しく解説する。手軽に作れて、バッチリメイン料理になることが目指すべきポイントである。あわせて、白菜と豚肉のうま煮によく合う一品も提案していくので参考にしてもらいたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. めんつゆですぐできる!白菜と豚肉の和風うま煮

めんつゆを使った「白菜と豚肉の和風のうま煮」の作り方を紹介していく。さらに、プラスしたら美味しく食べられる食材も提案していこう。

「白菜と豚肉の和風のうま煮」の作り方

<材料>

白菜、豚肉、めんつゆ、和風出汁の素

<作り方>

白菜の葉の部分はざく切りにして、芯の硬い部分はそぎ切りにしておく。鍋に湯を沸かして、めんつゆと和風出汁の素で味を調える。白菜と豚肉を加えて煮たら完成。

プラスアルファ食材

<にんじん>

にんじんは代表的な有色野菜の1つであり、β-カロテンを豊富に含んでいて、野菜の中でもトップクラスである。旬の時期は秋から冬にかけてであるが、基本的には通年で出回っていて購入しやすい食材といえる。また、比較的長持ちする野菜のため、保存方法などに悩まされることがないのも魅力である。

「白菜と豚肉の和風うま煮」に入れる際には、小さめの乱切りがおすすめである。また、湯を沸かす段階で鍋に入れて柔らかく茹でる必要がある。

<しいたけ>

しいたけにはビタミンB1、ビタミンB2、食物繊維を豊富に含んでいて、血中コレステロールを下げる働きがある。また、通年で市場に出回っているイメージがあるが、春と秋が旬の時期になる。

<里芋>

里芋の主成分はデンプンのため、とても腹持ちがよいという利点がある。食物繊維が豊富なことも嬉しい点であり、さらにいも類の中ではカロリーが低いという特徴も魅力的である。
里芋を使用する場合は、拭きこぼし防止のために下茹でするとよいだろう。

<コンニャク>

コンニャクは食物繊維を豊富に含んでいることから、腸内環境を整えてくれて便秘解消に効果的である。また、100gあたり5~7kcalでとても低カロリーなので、減量をしている人に向いている食材といえる。
少しアクがあるので調理前にアク抜きをする必要があるが、「アク抜き済み」と表記されているものを購入すれば、手間が省けるのでおすすめである。

2. オイスターソースでコク旨!白菜と豚肉の中華風うま煮

オイスターソースと豚肉を使ったコクのある「白菜と豚肉の中華風うま煮」の作り方を紹介していく。さらに、プラスしたら美味しく食べられる食材も提案していこう。

「白菜と豚肉の中華風うま煮」の作り方

<材料>

白菜、豚肉、ゴマ油、鶏ガラスープの素、オイスターソース、塩コショウ

<作り方>

白菜の葉の部分はざく切りにして、芯の硬い部分はそぎ切りにしておく。鍋にゴマ油をひいて、白菜と豚肉を軽く炒める。水、鶏ガラスープの素、オイスターソースを加えて、煮ていく。最後に、塩コショウで味を調えたら完成である。

プラスアルファ食材

<きくらげ>

きくらげは基本的には乾物として売られている。コリコリっとした食感が魅力的で、中華料理には欠かせない食材といえるだろう。乾物なので調理する際は、最初に水につけて戻す必要がある。
袋を開封したら、湿気を避けるために密閉容器に入れて保存しておくとよいだろう。

<たけのこ>

たけのこの旬の時期は、種類によりさまざまである。含まれている栄養素は食物繊維、カリウム、ビタミンB2などである。
たけのこにはえぐ味があり時間とともに増えてしまうので、保存する場合には下茹でした状態で保存しておくとよいだろう。下茹でしたたけのこはキレイな水と一緒に密閉容器に入れて、冷蔵庫で保存する。なるべく早く食べきることをおすすめしたい。

3. 白菜と豚肉のうま煮に合う献立は?

うま煮に合う副菜メニューを紹介していく。和風と中華風、それぞれについて紹介していこうと思う。

・「白菜と豚肉の和風のうま煮」に合う副菜

<卵焼き>

材料・・・卵、和風出汁の素、醤油、みりん、サラダ油
作り方・・・卵を割りほぐし、和風出汁の素、醤油、みりんを加えてよく混ぜておく。卵焼き器にサラダ油を熱して、卵を注ぎ入れて巻いていく。

<ほうれん草のおひたし>

材料・・・ほうれん草、醤油、かつお節
作り方・・・ほうれん草を茹でて、水分を絞ってから3cm幅程度に切る。皿に盛り、醤油をかけてかつお節を散らしたら完成。

<にんじんのしりしり>

材料・・・にんじん、まいたけ、ゴマ油、和風出汁の素、醤油、卵、かつお節
作り方・・・にんじんは細切りにして、まいたけは手で割いておく。卵は、割りほぐしておく。フライパンにゴマ油をひいて、にんじんとまいたけを炒める。和風出汁の素と醤油で味を調えて、卵を入れて切るように混ぜる。かつお節を加えたら、完成である。

・「白菜と豚肉の中華風うま煮」に合う副菜

<春雨サラダ>

材料・・・春雨、ハム、キュウリ、トマト、ドレッシング
作り方・・・春雨は茹でておく。ハムは短冊切り、キュウリは細切り、トマトは乱切りにする。すべてを混ぜ合わせて、ドレッシングの味がなじんだら完成。

<ナムル>

材料・・・小松菜、にんじん、もやし、鶏ガラスープの素、塩昆布、ゴマ油
作り方・・・小松菜は3cm幅程度に、にんじんは細切りに切っておく。小松菜、にんじん、もやしを茹でる。すべてを混ぜ合わせたら、完成である。

結論

「白菜と豚肉のうま煮」について紹介してきた。和風と中華風、どちらが好みであろうか?ぜひ両方とも試してみてもらい、自分の好みを見つけてもらいたい。副菜もいくつか紹介したので、献立を考える際には参考にしてみてもらいたい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ