このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
白だしを使えば美味しいたけのこご飯が簡単に炊ける!作り方を紹介

白だしを使えば美味しいたけのこご飯が簡単に炊ける!作り方を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木 倫美(ささきともみ)

2020年12月10日

春の訪れを知らせるたけのこ。そんなたけのこの美味しい食べ方といえば、たけのこご飯だ。最近では、下処理をしたたけのこの水煮などがスーパーで季節を問わず購入できるので、食べたい時に食べられるだろう。そんなたけのこを使ったたけのこご飯は白だしを使って作るのがおすすめだ。今回は、白だしを使った美味しいたけのこご飯の作り方を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 白だしを使ったたけのこご飯の作り方

たけのこの食感や色合いを活かしたシンプルな炊き込みごはんを作るのなら、白だしで炊くのが一番だ。白だしを使うことで、色が付かないので、たけのこ本来の見た目を活かした上品なたけのこご飯が完成する。

作り方

米を研いでざるで水気を切っておき、たけのこは穂先は薄切りで根元はいちょう切りにしておく。油揚げは油抜きをして細切りにしておこう。炊飯器に米と白だしを加えて、目盛りまで水を加えたら、炊飯スイッチを押し炊き上がったら完成だ。全体をさっくり混ぜて器に盛りつけよう。

美味しく作るコツ

白だしの分量は米の分量や白だしの種類によって、量を調整する。好みで鶏肉を加えても美味しいたけのこご飯になるだろう。さらに仕上げに木の芽を粗く刻んでごはんに散らすことで、香りがよくなる。

2. 市販の人気白だしのたけのこご飯

市販の白だしの種類によって水と白だしの配合が変わってくる。いくつか市販の白だしの種類別の分量を紹介するので、作る際の参考にしてみてもらいたい。

ヤマキ「割烹白だし」

ヤマキの割烹白だしでたけのこご飯を作る場合は、3合で水カップ2と4/3と白だし大さじ5で作るのがおすすめだ。鰹一番出汁の上品な香りがたけのこご飯をより風味よくしてくれる。

キッコーマン「旨みひろがる香り白だし」

キッコーマンの旨みひろがる香り白だしの場合は、白だしを100ml炊飯器に入れたら、3合の目盛りまで水を入れるだけだ。鰹風味のまろやかな味わいが優しいたけのこご飯にピッタリだ。

ヒガシマル醤油「京風割烹白だし」

ヒガシマル醤油の京風割烹白だしで作るたけのこご飯は、3合で白だしを大さじ6加えて水は3合の目盛りまで加えると美味しく作ることができる。京都の料亭で使われる白だしを表現した上品な味わいはたけのことよく合う。

ミツカン「プロが使う味白だし」

ミツカンプロが使う味白だしは、昆布と鰹の合わせ出汁に鶏がらのコクをプラスしているのが特徴だ。そんなミツカンの白だしでたけのこご飯を作る場合は、3合で白だしを80mlで3合の目盛りまで水を入れるだけでプロのような味わいが楽しめる。

3. 白だしのアレンジたけのこご飯

白だしを使ったたけのこご飯をアレンジして楽しんでみるのもいいだろう。具合をプラスしたり、リメイクを楽しんでみたりしてたけのこご飯を楽しんでみよう。

桜えびのたけのこご飯

たけのこご飯に桜えびを加えることで、桜えびの香りと風味が加わるうえに彩りもよくなり華やかなたけのこご飯が完成する。作り方は、通常の白だしたけのこご飯の作り方と同じで炊き込む際に桜えびを加えてみよう。

鶏肉と枝豆のたけのこご飯

白だしのたけのこご飯に鶏肉と枝豆を加えてみるのもおすすめだ。鶏肉とたけのことを事前に白だしとみりんで煮て下味を付けてから、炊飯器に入れて炊く。その際に水と一緒に少量の酒を加えるといいだろう。さらに炊き上がったら茹でた枝豆を混ぜ込めば完成だ。

たけのこご飯のチーズ焼きおにぎり

余ったたけのこご飯はチーズを加えて焼きおにぎりにしてみるのもいいだろう。作り方は、たけのこご飯でおにぎりを作ったら、薄くオリーブオイルをひいたフライパンで焼いていく。表面がパリッとしてきたら粉チーズをふりかけて、焼き目が付いたら完成だ。粉チーズの濃厚さが加わって新感覚のたけのこご飯が楽しめる。

結論

たけのこご飯はシンプルながら、たけのこの風味や食感が楽しめる人気の炊き込みご飯だ。そんなたけのこご飯を作る際に白だしを使えば、薄い色合いの上品なたけのこご飯が完成する。使う白だしによって分量が異なるので、白だしの濃さを調整して作ってみてもらいたい。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ