このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
セロリを大量消費できる料理を紹介!作り置きおかずに活用しよう!

セロリを大量消費できる料理を紹介!作り置きおかずに活用しよう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年12月 4日

セロリは意識しないと料理になかなか使わないかもしれない。しかし日持ちするわけでもないのが悩みどころだ。そこで本記事では、セロリを大量消費するための料理をいくつか紹介していく。セロリを美味しく残さず食べて、かつ栄養もしっかり摂ろう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. セロリの大量消費におすすめ!セロリのピクルス

セロリを大量消費するなら、まずはピクルスを作ることを検討しよう。おかずにも酒のつまみにもぴったりだ。

下処理

セロリの茎には筋があるので、手で取り除く。葉は茎から切り落とすか、手でちぎる。その後、茎をひと口サイズに切り、さっと茹でればよい。なお、葉もピクルスに使える。

調味液を作る

ピクルスの調味液を作る。配合はさまざまだが、ひとまず酢、砂糖、塩あたりを準備しておけばよい。好みでスパイスなどを使っても美味しい。

セロリを漬ける

下処理したセロリを、熱いうちに調味液に漬け込む。密閉容器に入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫で保存しよう。徐々に味がしみ込んで美味しくなる。

なるべく早く食べきろう

ピクルスは長く保存できそうなイメージがある。しかし、管理状態や調味液の配合によるものの、実は意外と劣化しやすいのだ。そのため、なるべく数日で食べきってしまいたい。料理の付け合わせなどにも積極的に使おう。

2. 大量消費にぴったり!セロリたっぷりのトマトスープ

セロリを使ったトマトスープは、栄養豊富なうえに食べやすい。セロリを大量消費しやすくなるので、ぜひ試していただきたい。

シンプルな材料でもOK

材料はシンプルでも構わない。具材はセロリとトマトのみでも美味しく仕上げられるのだ。

作り方もシンプル

セロリは筋を取り除き、食べやすい大きさに切る。トマトは、生のものを使ってもよいし、缶詰を使っても構わない。出汁と水、トマトを鍋に入れて加熱し、セロリを加えて煮込めばよい。出汁はコンソメでもよいが、かつおなどの和風出汁を使っても美味しい。

ほかの食材を追加しても美味しい

もちろん、ほかの食材を加えるのもアリだ。にんにくやベーコンを使えば風味がしっかり出る。また、玉ねぎなどの野菜を追加してもよい。一応セロリの大量消費が目的ではあるが、せっかくならほかの食材も一緒に美味しく食べたい。そのほうが栄養も幅広く摂れる。

3. どんどんなくなる!セロリの大量消費に無限セロリ

無限セロリとは、セロリをツナや調味料と合わせて加熱した料理だ。ごはんによく合い、どんどん食べられる。

食材や調味料を合わせる

セロリの筋を取って薄切りにし、ツナとよく混ぜる。そこに出汁や調味料を加える。味付けはさまざまだ。たとえばかつお出汁やしょうゆで和風に、あるいは鶏ガラスープなどで中華風に、などが可能だ。なお、加熱するとセロリのかさが減るので、思った以上に量を食べられる。セロリをしっかり使い、一気に消費したい。

加熱する

合わせた食材を加熱する。耐熱容器に入れ、レンジで加熱すれば簡単だ。様子を見ながら加熱していこう。
完成したら、好みでスパイスや薬味などを追加するのもよい。

4. 葉も一緒に大量消費!セロリのきんぴら

セロリを使ってきんぴらを作るのもおすすめだ。汁気が出にくく、弁当のおかずにも使える。そのため、大量消費に向いているといえる。葉も一緒に使えるため、無駄なく食べられるのも嬉しい。

下処理

セロリの筋を取り除き、細切りにする。加熱で柔らかくなるため、多少大きめでも構わない。なお、好みでにんじんなどほかの野菜を加えてもよい。そうすれば栄養面でもより嬉しい一品になる。

一般的なきんぴらと同じ手順で調理

下準備が終わったら、あとは油で炒め、調味料を加えて煮詰めればよい。定番の調味料はみりんとしょうゆで、ほかに好みで酒などを使ってもよい。しっかり煮詰めて、水分をなるべく減らそう。調味料を加える際、刻んだ唐辛子などを加えるのもよい。
きんぴらをたくさん作っておけば、忙しい朝でも朝食に手軽に一品を追加できる。セロリがたくさんある場合は、ぜひ作り置きしたい。

結論

セロリは意外と使い道が多く、うまく調理すれば大量消費しやすい。作り置きしやすいピクルスやきんぴらもよいし、同時におかずとして一気に食べるのもよい。味付けも幅広くでき、出汁やほかの野菜との相性もよいため、無理なく食べられるはずだ。焦らずどんどん消費しよう。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2020年12月 4日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ