このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
アンチョビとオイルサーディンの違いを解説!似て非なるもの!

アンチョビとオイルサーディンの違いを解説!似て非なるもの!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年12月 5日

イワシの加工品としてよく知られるアンチョビとオイルサーディン。「同じものだと思っていた…」というオリひと世代もいるかもしれない。しかし、両者は似て非なるもの。異なる食べ物である。今回はそれぞれがどんな加工品なのかをまずは解説。そしてアンチョビとオイルサーディンの違い、おすすめの食べ方までリサーチしていこう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. アンチョビとは

アンチョビとは、カタクチイワシ科の小魚を塩漬けし、発酵させたのち、オイルに漬けた加工品。アンチョビとは、そもそもこの小魚を指す言葉である。いまではこの加工品を指す言葉として一般的に知られている。旨味が強く、塩気もしっかりとあるので、そのまま食べるというよりは、料理の味付けや隠し味に使うのが一般的だ。バーニャカウダやパスタソース、ピザなどには欠かすことができない存在である。

作り方

アンチョビ製造には非常に時間がかかる。アンチョビの美味しさを左右するのは、原材料となる魚の鮮度。水揚げ後、下処理を行った魚を1年ほど塩漬けにする。この期間で魚は旨味をぎゅっと閉じ込め、熟成する。この工程を経たのち、魚を一度洗い、骨を取り除き、フィレにして、オイル漬けにする。これが我々がよく目にするアンチョビだ。ペースト状になっているものは、この後ペーストにされるというわけだ。

生まれ故郷

魚を塩蔵する歴史は古く、ローマ帝国時代にはすでに始まっていたとされている。それがアンチョビだと断定することはできないもののルーツのひとつであると考えられそうだ。いまでもアンチョビはイタリア料理には欠かすことのできない存在。古くからの繋がりがあってこそだ。イタリアで生産地として有名なのは、シチリア島。そのほか、スペインでも広く食べられている。

2. オイルサーディンとは

サーディンとは、小型のイワシを指す言葉。このイワシの頭と内臓を取り除き、香辛料などとともにオイルで煮たものを総称してオイルサーディンと呼ぶ。オイルには、オリーブオイル、大豆油、コメ油など、さまざまなものが使われる。これはお国柄によるところも大きい。オイルサーディンは、世界各国で作られている。

作り方

オイルサーディンの美味しさも魚の鮮度によるところが大きい。水揚げ後、頭と内臓を取り除いたり塩水に浸したりなどの下処理を行ったイワシを、オイルで煮ていく。ローリエや唐辛子など、香辛料やハーブが入っているものも多い。そのほか、燻製にしたものなども存在する。

オイルサーディンと日本

オイルサーディンの故郷はヨーロッパだが、実は日本とも非常に関わりが深い。というのも、日本で初めての缶詰がオイルサーディンだったのだ。缶詰を作ることに成功したのは、松田雅典氏。長崎で外国語や外国の文化を学ぶための学校で司長をしていた人物だ。この学校にいたフランス人が牛肉の缶詰を食べているのを見たことから、開発に乗り出したそうだ。

3. アンチョビとオイルサーディンの違い

魚の違い

アンチョビとオイルサーディン、そもそも使われている魚に違いがある。アンチョビに使われるのはニシン目カタクチイワシ科に属する小魚である。対してサーディンには、マイワシやウルメイワシなどが使用されることが多い。

加熱、非加熱

作り方にも違いがある。大きく異なるのはアンチョビが非加熱であるのに対し、オイルサーディンが加熱処理した加工品であること。アンチョビは、塩を効かせることで長期保存を可能にしたものであるが、オイルサーディンは加熱したり缶詰の技術を活用したりして、長期保存を可能にしている。このことからもわかるように、出自はアンチョビのほうが古いと考えられる。

味と食べ方

アンチョビは塩気が強く、旨味が強く、調味料として使うのが正解。すなわちそのままで食すものではない。対してオイルサーディンはそのままで食すことができる。フランスなどでは、バゲットやカンパーニュにオイルサーディンとバターをのせて食べるのが一般的だ。缶詰を開け、オーブンなどでそのまま温めただけでも旨い。オイルサーディンはツナ缶や鯖缶と近いイメージだ。

4. アンチョビとオイルサーディンの活用術

炒めもの

アンチョビの旨味は、料理をランクアップさせてくれること間違いなし。ニンニクとともにオリーブオイルで炒めて、野菜を合わせれば、簡単で美味しいおかず&おつまみのできあがり。ジャガイモ、きのこ、青菜、レンコン、枝豆など、合わせる素材はなんでもあり。肉や魚ももちろん美味しくなる。

炊き込みごはん

オイルサーディンをそのまま米にのせて、炊き込みごはんにするのがおすすめ。醤油で調味して和風味にしてもよし、ハーブやトマトを一緒に炊き込んで洋風にするのもおすすめだ。骨ごと食べることができるので栄養価的にも嬉しい。缶詰のなかのオイルも少し入れて一緒に炊き込むといい。

結論

アンチョビは、カタクチイワシ科の小魚を使用した塩蔵加工品。オイルサーディンはマイワシやウルメイワシを油で煮た加工品。一見、似た者同士だが、使われている魚も作り方も、使い方もすべて異なるので、注意が必要だ。それぞれ長期保存ができるので、家に常備しておくと便利。しっかりと使い分けて美味しくいただこう。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2020年12月 5日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ