このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ホタテをアヒージョの具材にする!スペインのバルの味を自宅で堪能

ホタテをアヒージョの具材にする!スペインのバルの味を自宅で堪能

投稿者:ライター 井澤佐知子(いざわさちこ)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年12月10日

ホタテは刺身やソテーにして食べることが多い。いつもとは違う雰囲気でホタテを食べたいと思ったら、スペイン風にアヒージョにしてみてはどうだろうか?名前だけ聞くとレベルの高そうなアヒージョは、実は簡単にできる料理である。冷えた白ワインやロゼのお供にすれば気分はすっかり地中海。本記事ではホタテを使ったアヒージョについて紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 旨みがすごい!ホタテと3種きのこのアヒージョ

ホタテを使用するのだから海鮮のアヒージョでもよいのだが、ここはあえてスーパーでも入手可能なきのこ類を使って大人の味のアヒージョを作ってみたい。ほかの海鮮類とダブることなく、ホタテの旨みを引き出せるアヒージョが味わえるのである。

使用するきのこは3種

ニンニクの香りが食欲をそそるアヒージョには、低カロリーでミネラル豊富なきのこをたっぷりと使用したい(※1)。スペイン風のアヒージョに使用するきのこはマッシュルーム、エリンギ、舞茸が向いている。これらの3種がそろわない場合にはしめじで代用してもよいだろう。

ホタテときのこのアヒージョの作り方

アヒージョの作り方を見てみよう。小さめの鍋にオリーブオイルをたっぷりと入れ、ニンニクと唐辛子を好みの量加える。適量の塩も加えて、弱火でゆっくりとニンニクの香りをオイルに移す。ここで焦って強火にするとニンニクが焦げてしまうので根気が必要である。そのあとにホタテときのこ類を小鍋に投入する。食材に火が通ればできあがりだ。パセリなども散らして見た目も整えるとよいだろう。ホタテときのこを食べてしまったら、バゲットにオイルをつけて食べると食材のコクを堪能できる。

2. レンジで簡単!ホタテとアスパラのアヒージョ

ホタテとアスパラの組み合わせはさまざまな料理で目にするが、アヒージョにも応用できる。そしてアヒージョはなんとレンジを使用して簡単に作ることができるのである。その作り方を見てみよう。

耐熱容器を使用

アヒージョをレンジで作る場合には耐熱容器を使用する。容器に食べやすい大きさに切ったアスパラとホタテを入れ、たっぷりのオリーブオイルとニンニク、好みの量の唐辛子を入れてよく混ぜる。適量の塩もふって味を調えよう。電子レンジで5分ほど加熱し、具材に火が通っていればできあがりである。電子レンジで作る場合には、オリーブオイルの量が鍋で作るときと比べると少々で済む利点がある。オイリーな感じが苦手な人には食べやすい食感となる。オリーブオイルと食材を入れて電子レンジで温めるだけだから、時短で一品必要な場合にも役に立つレシピである。フランスパンなどを添えれば見た目も粋で、急な来客にも対応可能な料理といえるだろう。

そのほかの食材も加えて

ホタテとアスパラで美味しくできるアヒージョは、さらにタコやイカなどの魚介類を加えてもよいし、ブロッコリーなどの野菜を加える手もある。また、ホタテとアスパラにジャガイモを加えるとボリュームが増し、食べ盛りがいる家庭にもマッチするおかずとなるだろう。

3. ホタテの缶詰でお手軽アヒージョ!おつまみに最適

これまで紹介したホタテのアヒージョは、生のホタテを使用したレシピである。一方、ホタテ缶を使用してもアヒージョは作ることができる。食べやすいうえに酒のおつまみとしても最高のレシピである。

唐辛子をきかせて

おつまみを目的にホタテ缶でアヒージョを作る場合には、エビやマッシュルームなどオリーブオイルにコクを与える食材も加えてみよう。また、唐辛子を多めにすればビールもワインもさらに美味しくなること請け合いである。カリカリに焼いたフランスパンがあれば、味のしみたオリーブオイルの美味も堪能できる。また、残ったオイルはパスタに活用してもアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ風に楽しむことができる。

結論

近年注目を浴びるオリーブオイルをふんだんに使ったホタテのアヒージョは、いつもとは違うホタテ料理を食べたいときにぜひ作ってみたいレシピである。ホタテとさまざまな食材を使用すれば彩りも美しい一品ができる。またホタテのエキスがしみ込んだオリーブオイルも、パンとともに美味しく食べきってほしい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ