このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ブロッコリーとウインナーを使った料理7選!レパートリーを増やそう

ブロッコリーとウインナーを使った料理7選!レパートリーを増やそう

投稿者:ライター 吉本梢(よしもとこずえ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美 くろぬまゆみ

2020年12月15日

ブロッコリーやウインナーは、家庭の冷蔵庫を開ければよく見られる食材ではないだろうか。ブロッコリーは野菜の中でも栄養価が高く、単品でも豊富な栄養が補える。しかも低カロリーでたくさん食べても太りにくい。食材としても使いやすいウインナーと合わせると、さまざまな料理のバリエーションが楽しめる。今回は短時間でできる、ブロッコリーとウインナーを使ったさまざまな料理を紹介しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. お弁当にもぴったり!ブロッコリーとウインナーの炒め物

まずは定番の炒め料理から。ブロッコリーは下茹でしておくと、調理時間も短くなり、使いやすくなる。また、お弁当用に作る際は、ブロッコリーやウインナーも一口大に切るなど、シーンに合わせて準備しておくとよいだろう。

ブロッコリーとウインナーと卵のマヨネーズ炒め

卵を溶いたボウルにマヨネーズを加えてよく混ぜておく。フライパンにマヨネーズを入れて火にかけ、ブロッコリーとウインナーを投入し、火が通ったらさらにマヨネーズを加え、さっと炒める。フライパンの端に具材を寄せ、溶き卵を投入し半熟状にしたら、具材と軽く合わせて完成だ。ふわふわの卵とウインナーの肉汁がよく合い、色鮮やかなブロッコリーの食感も楽しめるだろう。

ブロッコリーとウインナーとじゃがいものコク旨炒め

料理酒、醤油、砂糖、すりおろしにんにくをよく混ぜておく。皮をむいたじゃがいも、ブロッコリーとウインナーはあらかじめ食べやすいサイズに切っておこう。じゃがいもとブロッコリーをレンジで3分ほど加熱したら、油をひいたフライパンでじゃがいもを炒め、中火で焼きめがつくまで火を通していく。じゃがいもに火が通ったらウインナーを入れて、次にブロッコリーを入れよう。ほどよく炒め、先に合わせておいた調味料を投入し、食材となじませれば完成だ。好みでゴマ油を加えると、よりコクが出て旨みが増すだろう。味付けがしっかりしているので、お弁当用の作り置きにもおすすめだ。

2. ランチに簡単すぐできる!ブロッコリーとウインナーで作るパスタ

手早く美味しいものを食べたいときに、サッと作れるパスタは便利である。ブロッコリーとウインナーを使ったパスタはボリュームが出るうえに、シンプルな具材でバランスよく栄養を補えるのが嬉しいポイントだ。短時間で作れるレシピをいくつか見ていこう。

ブロッコリーごろごろナポリタン

まずはブロッコリーを下茹でしておこう。ウインナーは半分にカットして、玉ねぎは薄切りにする。油をひいたフライパンに玉ねぎ、ウインナー、ブロッコリーの順番に加えて炒め、茹でておいたパスタを加える際に塩胡椒、トマトケチャップで味を調整したら完成だ。好みで粉チーズをかけると美味しいので、ぜひ試してほしい。

ブロッコリーとウインナーの和風パスタ

フライパンにオリーブオイルをひき、みじん切りしたにんにくと赤唐辛子の輪切りを入れ、弱火で香りを出す。香りが立ってきたら、下茹でしたブロッコリーとウインナー、茹でたパスタを入れて軽く炒める。ブロッコリーがしんなりするのを目安に、醤油、昆布茶、塩、茹で汁で味付けをし、完成だ。

ブロッコリーとウインナーのクリームパスタ

玉ねぎは薄切りに、ウインナーは斜め半分に、ブロッコリーは細かく切って茹でておくとよいだろう。フライパンにオリーブオイルをひき、ウインナーと玉ねぎを焦がさないよう炒めていく。玉ねぎがしんなりしてきたら生クリームを加え、ふつふつと沸騰して色が少し変わるタイミングでブロッコリーをフライパンに投入する。ヘラなどでブロッコリーを粒状になるように細かくし、クリームとなじませたらソースの完成だ。パスタが茹であがったらソースと和える。好みに合わせて粉チーズや胡椒で味を調整してもよいだろう。

3. ブロッコリーとウインナーで栄養もしっかりとれる満足スープ

ブロッコリーやウインナーの食感を活かしたいときはスープもおすすめだ。具材を大きめに切ることで、材料がこの2つだけでも満足感の得られるスープが完成する。使う食材を増やして具だくさんにするのもよいだろう。煮込むことで具材がかさばらず、一度で多くの具材を摂取できるので栄養価も増す。ここではシンプルな具材でのスープから、たくさんの具材を使ったスープまで、それぞれのバリエーションに合わせて紹介しよう。

ブロッコリーとウインナーのスープ

ブロッコリーとウインナーを一口大に切る。鍋に水を入れ、コンソメと具材を投入し、食べやすい柔らかさになるまで煮込む。塩胡椒で好みの味に調節すれば完成だ。作る時間をさらに短くしたいときには、市販の冷凍ブロッコリーを使ってもよいだろう。トマトピューレを加えることにより、同じ具材でも味を変えて楽しめるのがスープのよいところでもある。

野菜たっぷりウインナーのミルクスープ

ウインナー、じゃがいも、人参、玉ねぎは食べやすい大きさに切っておく。ブロッコリーも一口サイズに切り下茹でし、コーン缶は水気を切っておくとよい。鍋にコンソメを入れ、ブロッコリー以外の具材を投入して15分ほど煮る。具材が柔らかくなったら牛乳を入れ、ひと煮立ちしたらブロッコリーを加えよう。好みでパセリや塩胡椒で味付けをすれば完成だ。

結論

ブロッコリーやウインナーは、食材としてもクセがないため食べやすく、調理にも使いやすい食材だ。それがゆえにレパートリーもつい偏ったものになりがちではないだろうか。今回はブロッコリーやウインナーを使った料理をいくつか紹介した。手軽に一品料理を作りたいときのレシピとして、ぜひ参考にしてほしい。ブロッコリーとウインナー料理を極めて、自慢の一品を家族へふるまってみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2020年12月15日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ