このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ホタテとほうれん草で得意レシピを増やそう!万能コンビ食材発見!

ホタテとほうれん草で得意レシピを増やそう!万能コンビ食材発見!

投稿者:ライター 上野圭代(うえのたまよ)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2021年1月 5日

ホタテは旨みがあるので料理に使いやすい。それだけだと物足りないという人は、ほうれん草を合わせるのがおすすめだ。白と緑色のコントラストがキレイで、食欲もそそる。とはいってもどうやって味付けをして作ればよいのだろう。簡単そうに見えるが、実はどのくらい難しいのかを詳しく知りたいところ。そこでここでは、ホタテとほうれん草で作るレシピを紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ササッと一品!ホタテとほうれん草のバター醤油

ホタテ料理を作るなら、できるだけ簡単で手間がかからないのが理想だ。忙しいときでも作れて、酒のつまみにもなりやすいものを作りたい。そこでホタテとほうれん草をうまく使っていこう。ホタテとほうれん草を使ったバター醤油のソテーの作り方を紹介したい。

簡単すぎるのが魅力

ホタテは厚さを3等分ほどにしておくとよい。ただ、もちろんそのときのホタテの大きさで考えるのがベストだ。同じくほうれん草も一口サイズにカットしておく。フライパンにオリーブオイルをひいて、細かくしたにんにくを香りが出るまで炒める。そこにバターを入れ、溶けたらホタテとほうれん草を炒めよう。火が通ったら醤油を回し入れて、味を調整して完成だ。冷めても美味しいおかずなので、お弁当にもぴったりだ。彩りで悩んだらコーンを入れると鮮やかになるだろう。

2. お弁当のおかずにも!ホタテとほうれん草とベーコンのマヨソテー

ホタテは炒めて食べるのが美味しいが、さらに食材をプラスするとより食感を楽しめるだろう。おすすめは、ベーコンとほうれん草を一緒に合わせる料理方法だ。調味料は子どもでも食べやすい、マヨネーズを使うと喜ばれるだろう。ここではまずは定番の作り方を紹介し、アレンジする方法もまとめていく。

王道のホタテとベーコンのマヨネーズ炒め

まずほうれん草を一口大にカットし、フライパンにバターをひいて熱していこう。そこにまずはホタテを入れて少し焼き、次にベーコンとほうれん草を合わせて炒める。味付けのソースにはマヨネーズを使う。事前に砂糖と牛乳、マヨネーズ、味噌を合わせておき、それを絡めると味がしっかり出てくる。

ベーコンを巻いた作り方

ほかにもホタテとほうれん草、ベーコンを使ったマヨネーズ炒めもある。ベーコンをホタテに巻きつけてようじで止めたら、フライパンで焼き、ようじをはずそう。味付けは砂糖やワインなどを使ったソースで。マヨネーズやレモン汁を合わせてコクを出すのがポイントである。付け合わせにほうれん草を炒めて合わせるのもおすすめだ。

3. オイスターソースで味付け簡単!ホタテとほうれん草の中華炒め

ホタテはどんな味付けでも美味しく食べられるので、子どもからお年寄りまで楽しめるのが嬉しい。パスタなどの洋食や炒め物、和食の食材としても使いやすいのがポイント。ここではホタテとほうれん草を使った中華風レシピを紹介しよう。中華料理で食卓を豪華にしたいときなどにも統一感を出すことができる。

きのこを入れるとボリュームUP!

ホタテとほうれん草を中華風炒めにするのなら、好みできのこを入れるとボリュームが出るのでおすすめだ。なかでもえのきだけを合わせると相性がよい。まずホタテを一口サイズにカットしたら、酒、塩、コショウ、そして片栗粉で下味をつけておく。ほうれん草はあらかじめ茹でてカットしておこう。最初にフライパンで軽くホタテを炒め、取り出す。ほうれん草はショウガを入れたフライパンで炒め、そこにホタテとえのきだけを入れる。オイスターソースと醤油、塩などで味付けをして炒め、火を止めよう。そこに刻んだネギとごま油を入れれば完成だ。

結論

ここではホタテとほうれん草のレシピを紹介してきた。バター醤油やマヨネーズ、オイスターソースでの味付けとも相性がよく、いろいろなバリエーションを楽しめる。そのとき出す献立や、ゲストが来るかどうかなどで料理や味付けを変えるのもよいだろう。ぜひホタテとほうれん草の美味しさを堪能してほしい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ