このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
小豆粥はいつ食べる?地域ごとの違いや作り方なども紹介!

小豆粥はいつ食べる?地域ごとの違いや作り方なども紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2021年1月15日

七草粥を1月7日に食べる風習があるのは多くの人に周知されていると思うが、小正月に小豆粥を食べる習わしがあるのはご存知だろうか。この風習は歴史のある中国から伝えられたといわれている。具体的に小正月とはいつ頃を意味し、人々のどのような願いが込められているのだろうか。それでは小豆粥の食習や時期、地域の違い、作り方なども紹介していこう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 小豆粥の食習と時期はいつ?正月の呼び名や由来とは?

小豆粥とは無病息災を願い、禅寺に伝わっている精進料理のことだ。毎年小正月(1月15日)に柔らかく煮た小豆や餅をお粥のなかに入れて食べる風習がある。この風習は平安時代から代々伝えられており、1年間の邪気を払って万病を防ぐといわれている。小豆の中には神秘的な力があるといわれ、疫病を防ぐまじないとなっていた。現在でもお祝いごとに赤飯を食べる機会もあるが、同じ理由から生まれたと伝えられている。
小正月には食べものの豊作を願ったり、正月飾りをどんど焼きで焼いて年神様をお送りする行事をする地域もある。そして正月の呼び方にも違いがあり、大正月とは1月1日〜7日までの7日間、小正月とは1月15日の1日を意味する。これは月の満ち欠けが関与しているといわれている。
昔は月の満ち欠けを基準として1ヶ月が決められていたが、その1ヶ月のなかでも満月が見られる日にちが15日頃となり、満月は当時はめでたいものと考えられていた。1年で最初に満月が見られる時期を小正月と呼んでいたのである。

2. 小豆粥は地域によって違う?

米粉をこねてマユダマを作り、小豆粥で豊作を祈る農耕儀礼が全国でも行われている。しかし、地域によっても小豆粥の内容はさまざまだ。

北海道

米の粥にやわらかく煮た小豆を入れた小豆粥や小豆粥に餅を一緒に入れた餅の粥、汁粉のなかに米のだんごを入れたアズキカユなどがある。

淡路

米の粥にやわらかく煮た小豆を加えて、最後に塩で味を調えた小豆粥だ。「明年ござれ」と粥たたきを行い、神々を送り出す習わしがある地域もある。

山口県

小豆粥に正月のマユダマやオカガミの餅をプラスして作る餅の粥だ。小正月の夜、子どもたちが藁で作った縁起ものの馬を持って各戸を巡る「地福のトイトイ」といわれる行事もあるようだ。子どもも一緒に参加できて楽しめそうだ。

富山県

小豆に砂糖を加えて煮てぜんざいのような甘みを出す。鍬や俵などの農業にまつわる形に作った団子を入れ、アズキ粥を作り豊作を願った。粥を樹木に塗りつけて成木責めを行う豊作祈願の儀礼もあるようだ。

3. 小豆粥の作り方

小豆粥

ほんのりした甘さが特徴の身体が温まる定番の小豆粥だ。味付けはシンプルで、うすくち醤油のみで仕上げた優しい味が素材を引き立てている。
作り方は、小豆は洗ってから鍋に入れ、小豆がかぶるくらいの水を加えて20分くらい煮る。そのようにしたら火を止めて冷ましておく。小豆の茹で汁は使うので捨てないように気をつける。
そして次に、米をといだらザルにうつして水を切っておく。鍋に小豆の茹で汁と小豆、米、水を順番に加えたら中火〜強火にして火にかける。煮立ったら弱火にして20分ほど煮る。火を止めてから5〜6分蒸らしたら、うすくち醤油で味を調えてできあがりだ。

茹で小豆を使った簡単小豆粥 

無糖茹で小豆を使えば短時間で作ることができる。切り餅を加えているのでなめらかな食感で食べやすくなっている。
作り方は簡単で、切り餅を一口大に切る。鍋にごはん、塩、水を入れて強火で加熱し、沸騰したら弱火にしてゆ茹で豆や切り餅を加える。やわらかくなったらゴマ塩や三つ葉を加えてできあがりだ。鶏肉や梅干しなどを入れてアレンジするのもおすすめだ。

結論

小豆粥の食べ方は地域によっても多様だ。また、小豆粥の食習は人々の願いなども込められており、いまも昔も新年の特別な風習として受け継がれていることがよく分かる。小豆粥の作り方も簡単で、現代ではいろんなアレンジの仕方も楽しめそうだ。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2021年1月15日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ