このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
牡蠣のソテーのコツを抑えよう!味付けのバリエーションや献立も紹介

牡蠣のソテーのコツを抑えよう!味付けのバリエーションや献立も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木 倫美(ささきともみ)

2021年1月 5日

牡蠣をサッとソテーしてワインのおつまみやメイン料理として楽しんでみてはいかがだろうか。急な来客の際にも簡単に作れる絶品おもてなし料理として大活躍してくれることだろう。今回は、そんな牡蠣のソテーを美味しく作るのコツやさまざまなバリエーションを紹介するので、自宅で牡蠣のソテーをオシャレに楽しもう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 牡蠣をオリーブオイルでソテー!コツや加熱時間

牡蠣のソテーのシンプルな味わい方は、オリーブオイルとにんにくで炒める方法だ。にんにくで炒めることで、牡蠣の旨みとにんにくの風味が食欲をそそってくれる味わいだ。ワインにもピッタリで、いくらでも食べられてしまう美味しさだ。

作り方

まず、下ごしらえとして牡蠣のむき身をボウルに入れて片栗粉をまぶしてやさしくもみ込む。そして流水で流すことで、牡蠣の汚れなどを落とすことができる。さらに水気を拭き取って片栗粉をまぶしておく。フライパンにオリーブオイルと薄切りにしたにんにくを入れて弱火で熱し香りが立ったら、牡蠣に塩こしょうをふって焼き色が付くまで焼き上げる。

牡蠣は焼き過ぎに注意

牡蠣のソテーを作る際は、牡蠣の焼き過ぎに注意する必要がある。焼き過ぎてしまうと牡蠣の身が硬くなってしまうので、ふっくら焼き上げるためにも中火で3分ほどが目安だ。

2. 牡蠣のソテーの美味しいバリエーション

牡蠣のソテーは味付けや具材でさまざまなバリエーションが楽しめる。味付けを変えるだけで牡蠣の風味も変わってくるので、気になるバリエーションを探してみよう。

牡蠣のバター醤油ソテー

ソテーといえば、バター醤油は外せない。もちろん牡蠣もバター醤油によく合う。下ごしらえした牡蠣に片栗粉をまぶしたら、フライパンにバターとにんにくを入れて牡蠣を炒めていく。牡蠣の両面を焼いたら、最後に醤油を加えて完成だ。

牡蠣のレモンバターソテー

牡蠣のソテーにレモンの酸味を加えることで、さっぱりとした味わいが楽しめる。牡蠣に下ごしらえをして塩こしょうと小麦粉をまぶしたら、オリーブオイルを入れたフライパンに牡蠣を並べて焼いていく。そこにバターとレモン汁を加えて味を絡めたら完成だ。

おすすめの具材

牡蠣のソテーはさまざまな野菜と合わせて作るのもおすすめだ。栄養バランスもよくなり、色合いもよくなるのが魅力だ。おすすめの具材は、ほうれん草だ。もともとほうれん草はソテーに適した野菜として人気だ。ほかにも長ねぎやブロッコリーと合わせるのもいいだろう。ボリュームもアップするので、食事の際のメイン料理としておすすめの組み合わせだ。

3. 牡蠣のソテーにおすすめの献立

牡蠣のソテーを作りたいけれど、ほかにどんな献立を考えたらいいのだろう。そんな時に役立つ献立アイデアをいくつか紹介しよう。

おすすめの副菜

牡蠣のソテーをメインにするのなら、野菜を使った副菜を合わせてみるのがおすすめだ。たとえば、大根とベーコンをコンソメで炒めた洋風の炒め物や蒸し鶏や豆腐を使ったボリュームのあるサラダを合わせるのもいいだろう。さらに和風の献立にするのなら、ほうれん草のごま和えなどを合わせるのもおすすめだ。

おすすめのスープ

牡蠣のソテーは洋風のスープにも和風のスープにもよく合うので、組み合わせによって和洋折衷の献立が楽しめる。野菜たっぷりのトマトスープやコンソメスープを作るのもいいだろう。和風なら、豚汁などボリュームのある味噌汁を合わせるのもおすすめだ。スープの味付けで洋風の献立や和風の献立など自分で選べるのも楽しい。

結論

牡蠣のソテーはサッと作れて、牡蠣の風味を存分に楽しめるのが魅力だ。味付けや具材によってアレンジも楽しめるので、その日の気分や雰囲気に合わせて牡蠣のソテーを作ってみるのもいいだろう。牡蠣のソテーを作る際は、火を通しすぎて牡蠣の身が硬くならないように注意して作るとプリプリの牡蠣の身が楽しめる。牡蠣のソテーはワインなどの酒にもよく合うので、酒を楽しみながら自宅でオシャレな食事を楽しむのもいいだろう。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ