このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
牡蠣と卵を使った絶品料理を紹介!意外な組み合わせながら好相性!

牡蠣と卵を使った絶品料理を紹介!意外な組み合わせながら好相性!

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2021年1月12日

牡蠣と卵を合わせれば、手軽に本格的な料理が楽しめる。牡蠣の旨みとふんわりとした卵はまさにベストパートナーだ。メイン料理にもサイドメニューにもなる牡蠣と卵を使ったおすすめ料理をいくつか紹介しよう。台湾で人気の絶品料理もあるので、必見だ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 簡単で美味しいふっくら牡蠣の卵とじ

牡蠣を卵とじにすれば、ごはんのおかずやつまみにピッタリな一品が完成する。牡蠣のプリプリ食感と卵のふんわり感が口の中で合わさって、まさに最強の組み合わせだ。

牡蠣の卵とじの作り方

シンプルな牡蠣の卵とじを作るのなら、材料は牡蠣と長ねぎ、卵を用意するといいだろう。フライパンに水とめんつゆを入れて煮立たせたら、そこに加熱用の牡蠣と斜め切りにした長ねぎを入れて裏返しながら煮る。そこに溶き卵を流し入れて、半熟状になるまで煮たら完成だ。

丼にしても美味しい

牡蠣の卵とじはそのままごはんの上にのせて丼にするのもおすすめだ。ボリューム満点でごはんとの相性もいいので、手軽に作れる丼レシピでもあるのだ。

2. 牡蠣と卵はオイスターソースと好相性

牡蠣と卵はオイスターソースとの相性バツグンだ。もともとオイスターソースは、牡蠣の煮汁を煮詰めたものに砂糖や小麦粉を加えて作られているので、牡蠣の旨みをより存分に感じさせてくれるのが魅力だ。そんなオイスターソースを使った牡蠣の卵の料理を見てみよう。

牡蠣と卵のオイスターソース炒め

牡蠣と卵の組み合わせにオイスターソースを加えることで、手軽に中華風の味わいが楽しめる。まず、牡蠣は流水で洗って水気を拭き取ったら、塩と片栗粉をまぶしておく。フライパンにごま油を熱したら、牡蠣を入れて両面を焼きふたをして酒を加えて蒸し焼きにする。牡蠣がふっくらしたら、溶き卵を加えて半熟状になるまで火を通す。最後に器に盛り付けてからオイスターソースをかけて小ねぎを散らしたら完成だ。

野菜を加えるのもおすすめ

牡蠣と卵のオイスターソース炒めには、ニラや小松菜、キャベツなどの野菜を加えるのもおすすめだ。野菜を加えることで、ボリュームと栄養バランスがよくなるので、夕食にもピッタリの一品になる。

3. 台湾の牡蠣の卵焼きも絶品!

台湾で人気の牡蠣の卵焼きを作ってみるのもおすすめだ。オアジェンという料理で、台湾風の牡蠣オムレツだ。

作り方

牡蠣を流水で洗い、水気を切ったら塩こしょうと片栗粉をまぶしておく。フライパンにサラダ油を熱したら、牡蠣をひっくり返しながら両面を焼いていく。そこに溶き卵を加えて丸く形を整えながら焼いたら完成だ。

ソース作り

台湾の牡蠣の卵焼きはソースも重要だ。ソースはケチャップと水、醤油、豆板醤を合わせたもので、甘辛い味付けが食欲をそそってくれる。このソースを卵焼きにかけてからいただく。

4. 牡蠣と卵はスープの具にもおすすめ

牡蠣と卵の組み合わせはスープの具材としても使うことができる。おすすめの味付けを紹介しょう。

牡蠣と卵のワカメスープ

鶏がらベースのスープに牡蠣を加えることで、牡蠣の旨みが広がって海鮮風味のスープが味わえる。作り方は、鍋に水と白ワイン、鶏がらスープの素を入れて火にかけて沸騰したら、水洗いした牡蠣とワカメを入れて塩こしょうで味を調える。あとは、沸騰してから溶き卵を回し入れて完成だ。

牡蠣と卵の味噌汁

牡蠣と卵の組み合わせは味噌汁の具材としても使うことができる。牡蠣の旨みが味噌汁の中に広がって、旨みのきいた仕上がりになる。作り方は、鍋に牡蠣を入れて煮込んでから溶き卵を加えて、最後に味噌を溶いたら完成だ。

結論

牡蠣と卵を組み合わせれば、栄養満点でボリュームのある料理を作ることができる。味付けも和風から中華風までいろいろ楽しめるので、牡蠣と卵さえあればさまざまな料理に挑戦することができるのだ。牡蠣の旨みが卵と合わさることで、優しい味わいになりおかずからつまみまで幅広く楽しめる一品になるだろう。また、スープにすることで牡蠣の旨みを余すことなく楽しめるので普段のスープがワンランク上の美味しさになる。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ