このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
話題のプロテイン!【ピープロテイン】のメリットやデメリットを紹介

話題のプロテイン!【ピープロテイン】のメリットやデメリットを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2021年1月 9日

美容や健康のために、普段から意識してプロテインを摂取している人も多いだろう。ただ、ピープロテインといわれると、いまひとつ、ピンとこない人も少なくないかもしれない。今回は、従来のプロテインに代わる新しいプロテインとして、いま、最も注目されているピープロテインについて紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ピープロテインとは

ピープロテインとは、スプリットピーと呼ばれる、皮をむいて乾燥させたえんどう豆から作られている植物性のたんぱく質のこと。なお、スプリットピーは、黄色えんどう豆から作られたものと、緑色のえんどう豆から作られたものの2種類があるが、ピープロテインには、主に黄色のえんどう豆から作られたスプリットピーが使用されているようだ。
ピープロテインは、従来のプロテインと同様に、プロテインパウダーとして販売されている。また、ピープロテインは、代替肉や代替ミルクなど、プラントベース食品の原料にも使用されている。
プロテインは、これまで主に、ホエイプロテイン、カゼインプロテイン、大豆プロテインの3種類が流通していた。ホエイプロテインは、ヨーグルトの上澄み液であるホエイ(乳清)を原料としているたんぱく質。カゼインプロテインは、牛乳のたんぱく質の主成分であるカゼインを原料としているたんぱく質。大豆プロテインは、大豆を原料としているたんぱく質だ。
これらのプロテインに代わる新たなプロテインとして、いま、欧米を中心にピープロテインが注目されている。

2. ピープロテインが注目される理由

ピープロテインが注目される理由としては、主に以下のような点を挙げることができる。

特定のアレルゲンを含まない

ピープロテインには、アレルギー特定原材料28品目はすべて含まれていない。このことは、ピープロテインが、これまでのプロテインと違っている点でもある。
従来のプロテインは、牛乳アレルギーや大豆アレルギーの人は摂取できなかったが、ピープロテインは、それらのアレルゲンを含まないため、牛乳および大豆アレルギーの人でも摂取できると考えられる。このことは、これまでアレルギーを理由にプロテインの摂取をあきらめていた人にとって、とくに大きなメリットになるだろう。ただし、豆類のアレルギーのある人は、必ずしもアレルギー反応を起こさないとは言い切れないので、注意が必要だ。

特定のアミノ酸を多く含む

ピープロテインには、筋肉の健康維持に必要なロイシン、イソロイシン 、バリンの3種のアミノ酸が、ホエイプロテインと同じくらい豊富に含まれている。また、アルギニンやリジンも豊富だ。 筋肉を増やしたい場合は、ホエイプロテインが適しているとされているが、ホエイプロテインは、動物性のたんぱく質のため、これまで完全菜食主義者であるビーガンの人は使用できなかった。
このほか、鉄分やマグネシウムなどのミネラルが豊富な点、グルテンフリーである点、糖質0である点、環境に優しい点などもメリットとして注目されている理由になっているようだ。

3. ピープロテインにはデメリットも

数々のメリットにより従来のプロテインに代わる新しいプロテインとして、注目されているピープロテインだが、以下のようなデメリットについてもおさえておこう。

価格が高め

新しいプロテインであるため、アジアでは、まだ十分に普及していない。そのこともあって、従来のプロテインよりも価格が高めである。

不足するアミノ酸がある

従来のプロテインは、どれもアミノ酸スコアが高く、単体でも必要なアミノ酸はすべて補える場合が多い。しかし、ピープロテインは、単体で摂取するとメチオニンが不足することがある。アミノ酸のバランスを保つためには、玄米などのメチオニンが豊富に含まれる食品を一緒に摂取する必要が出てくるようだ。

結論

従来のプロテインに代わる新しいプロテインとして、注目されているピープロテインについて紹介した。ご理解いただけただろうか?日本では、まだそれほど普及されておらず、価格も高めで入手しづらいのが現状のようだ。今後、普及が進み、リーズナブルな価格で入手しやすくなることが期待されている。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ