このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
いつものサラダにくるみで変化を!シンプルからデリ風まで自由自在

いつものサラダにくるみで変化を!シンプルからデリ風まで自由自在

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2021年1月13日

野菜がたっぷりと摂れるサラダは野菜不足のときにはありがたい。しかし、サラダはワンパターンになりがちなので工夫をしないと飽きてしまう。ここでは、くるみを使ってサラダにひと工夫する。くるみの香ばしさと食感が加わることで、いつものサラダとはガラリと雰囲気を変えることができる。

  

1. 栄養と食感がアップ!くるみのグリーンサラダ

いろいろなサラダがあるが、定番はグリーンサラダだろう。レタスやルッコラなど緑色の野菜をたっぷりと使ったサラダは、彩りも鮮やかで食卓を一気に華やかにしてくれる。しかし、使う野菜がいつも同じだと見た目も味も変化がなくなってしまう。そこでおすすめしたいのがくるみだ。いつもと同じ野菜で作ったグリーンサラダでも、くるみを加えることで印象を大きく変えることができる。

くるみはどうやって使う?

くるみはローストしてからサラダに加えるのがおすすめだ。ローストすることで香ばしさが加わるとともにカリッとした食感を楽しめるようになり、グリーンサラダに入れたときに存在感が増す。そのままでは少し大きいため、フライパンで軽く炒ったあとは包丁で粗く刻もう。

くるみのグリーンサラダの作り方

レタスやルッコラは冷水にさらしてパリッとさせ、適当な大きさにちぎろう。葉物だけでは寂しい場合はキュウリやトマトを入れてもよいだろう。キュウリは斜め薄切りに、トマトはくし切りにすると見栄えもよい。切った野菜を皿に盛り付けたら最後にローストして刻んだくるみをパラパラとトッピングする。好みのドレッシングをかけて味わおう。

2. さっぱり美味しいくるみと豆腐の白和えサラダ

野菜ばかりのサラダでは飽きてしまうため、たまには目先を変えたサラダを楽しんでみよう。肉や魚などを入れるサラダもあるが、くるみともサラダとも相性がよい食材を挙げるならばやはり豆腐だろう。ここでは、くるみと豆腐の白和えサラダを紹介する。

豆腐は木綿と絹、どちらを選ぶ?

白和えサラダで使う豆腐に厳密な決まりはない。しかし、買ってきた豆腐をそのままサラダに使ってしまうと水っぽくなってしまうため、水切りという作業が必要になる。水切りはキッチンペーパーで豆腐を包んで行うのだが、柔らかい絹豆腐だとキッチンペーパーで包むときやキッチンペーパーを外すときに崩れてしまう可能性がある。そのため、初めて作る場合は木綿豆腐がおすすめだ。

くるみと豆腐の白和えサラダの作り方

ここではくるみと豆腐、水菜の3つの食材を使って作る。まず、豆腐はキッチンペーパーに包んで水切りしておく。だいたい5分ほど置けば十分だ。水菜は適当な大きさにざく切りにする。くるみはすり鉢を使ってすり潰す。水切りした豆腐とくるみ、砂糖や醤油などの調味料をフードプロセッサーに入れてしっかりと混ぜ合わせる。フードプロセッサーがない場合は豆腐を潰しながら混ぜ合わせよう。白和えの衣と水菜を和えればくるみと豆腐の白和えサラダの完成だ。

3. デパ地下風!オシャレなかぼちゃとくるみのサラダ

サラダはパーティーには欠かせない料理だが、いつもと同じでは味気ない。ここでは簡単にオシャレ感を演出できるかぼちゃとくるみのサラダを紹介する。

電子レンジを使えばかぼちゃの加熱も簡単

かぼちゃはそのままでは硬くて食べられないため、サラダに使う場合でも加熱が必須だ。そのため、グリーンサラダに比べると手間がかかるイメージがある。しかし、面倒な加熱も電子レンジを使えば簡単に済ませることができる。かぼちゃを薄切りにすれば600Wで2~3分加熱するだけで十分に柔らかくなる。ちなみに、電子レンジに入れる際は必ずラップをかけるようにしよう。

かぼちゃとくるみのサラダの作り方

かぼちゃは電子レンジで加熱して柔らかくする。くるみはそのまま使って構わないが、大きい場合は少し砕いておこう。かぼちゃはそのままでもよいし、フォークを使って潰してもよい。当然ながら形を変えれば食感も変わるため、その時々で変えて楽しむのもおすすめだ。くるみとドレッシング(マヨネーズに牛乳と塩、こしょうを加えたもの)を加え、よく混ぜ合わせたら完成だ。

4. いつものサラダを味変!くるみはドレッシングにも使える

くるみはサラダのトッピングだけではなく、ドレッシングの材料としても使える。あらかじめくるみドレッシングを作っておけばどんなサラダでも簡単に味変できるので重宝する。

くるみドレッシングに必要な材料は?

くるみドレッシングは混ぜ合わせる材料を変えることでさまざまな風味を楽しむことができる。たとえば、シンプルかつ和風テイストにしたいならばくるみとオリーブオイル、酢、醤油を使う。フルーティーな味わいも加えたいならくるみとオリーブオイル、バルサミコ酢などのフルーツ系の酢、メープルシロップを使う。さらに本格的な味わいにしたいならくるみのほかに玉ねぎや人参、生の果物(りんごなど)を使う。このように理想とするテイストによって使う材料は異なるため、自分好みの味わいになるよう研究するのも面白い。

くるみドレッシングの作り方

くるみドレッシングを作るにはフードプロセッサーやミキサーが必要だ。まず、くるみはオーブンなどを使ってローストしておく。フードプロセッサーまたはミキサーにローストしたくるみとドレッシングの材料をすべて入れる。全体がしっかりと混ざったら完成だ。

結論

くるみの香ばしさとカリッとした食感はさまざまなサラダのアクセントになり、いつものサラダの雰囲気を変えてくれる。レタスやルッコラなどを使ったシンプルなグリーンサラダもくるみを入れるだけで風味が変わるため、サラダに飽きてきたときにおすすめだ。また、くるみのほかに豆腐を加えて白和えサラダにしたり、かぼちゃを使ってデリ風サラダにしたりといろいろな楽しみ方ができるのも嬉しい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年1月13日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ