このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
美味しいしじみの味噌汁を作りたい!コツやおすすめの具材を紹介

美味しいしじみの味噌汁を作りたい!コツやおすすめの具材を紹介

投稿者:管理栄養士 戸田綾子(とだあやこ)

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2021年1月22日

しじみの味噌汁はそれだけでも十分美味しいけれど、何かプラスするとしたらほかにどのような具材が合うだろうか?美味しいしじみの味噌汁を作るために、おすすめしたい具材を紹介していく。また、美味しく作るためのコツや、しじみの味噌汁の栄養や効果効能について解説し、インスタントの商品との比較もしていく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. しじみの味噌汁の作り方や砂抜きのコツ

まず、しじみの味噌汁の作り方やコツ、しじみの砂抜きの方法や、しじみの冷凍保存について紹介する。

しじみの味噌汁の作り方

材料はしじみ 、味噌、だし汁だ。しじみは事前に砂抜きをしてから、キレイに洗う。鍋にだし汁と一緒にしじみを入れて火にかけて、煮立ったらアクを取り除き、味噌を入れたら完成だ。
いくら美味しくしじみの味噌汁が作れても、食べた時にしじみからジャリっとした食感を感じたら美味しさが半減してしまうので、きちんと砂抜きをする必要がある。しじみの砂抜きには塩水を使う。大きめのボウルに1Lの水道水と食塩を約10g程度入れて塩水を作り、しじみを入れて砂出しをしていく。しじみはザルに入れて殻の上部を水面すれすれぐらいの高さにする。こうすることで、しじみは大気中から酸素を取り込むことができ酸欠防止になる。また、ザルをボウルの底から離しておくと、しじみから排出されたものを再び取り込む危険がなくなり、底に溜まった排出物による水質の悪化が予防できる。

冷凍しじみについて

しじみは冷凍保存をすることで、旨みが増すということが分かっている。しじみを上記の方法で砂抜きしたあとで、一度に使用する分ずつを小分けにしてビニール袋などに入れて、乾燥防止のために輪ゴムなどで密封して冷凍庫に保存しておく。とても美味しいので、ぜひ試してみてもらいたい。

2. しじみの味噌汁におすすめの具材

人それぞれ好みの味噌汁の具材があるだろう。しじみの味噌汁を作るときも、自分や家族の好みに合わせて好きな具材を使えばよい。ここでは、しじみの味噌汁に合う具材を紹介するので参考にしてほしい。

豆腐

低いカロリーで栄養も豊富。ボリュームアップにも効果的な具材といえるだろう。

カイワレ大根

鮮やかな緑色で彩りがよくなり、味わいも増す。大根に含まれる栄養素を含むので、彩りも栄養バランスも期待できる具になる。

ワカメ

味噌汁には欠かせないワカメだが、同じ海産物としてしじみとも相性バツグンだ。低カロリーなうえに食物繊維が豊富であり、積極的に使いたい具のひとつだろう。

フワフワとした食感で汁物にピッタリの麩だが、しじみの味噌汁に使えば、しじみの旨味が染みて奥深い味わいになる。

3. しじみの味噌汁の栄養や二日酔いへの効果

ここでは、しじみの味噌汁に含まれている栄養を挙げて、その効果効能について解説していく。

しじみの味噌汁に含まれる栄養

しじみは肝臓によい食材といわれている。しじみに含まれている注目の栄養素は以下のようになる(※1)。
カロリー・・・主成分はたんぱく質であり、低カロリーである。
オルニチン、タウリン・・・アミノ酸の一種である。
コハク酸・・・旨み成分の一種であり、貝類の中ではトップクラスの含有量である。
そのほか・・・ビタミンB12、鉄、銅などを含んでいる。

栄養の効果効能について

上記で挙げた栄養の中で、とくに注目したい効果効能について解説していく。
オルニチン(※1)・・・体内ではさまざまな代謝過程でアンモニアが産生される。毒性のあるアンモニアは肝臓で無毒の尿素に代謝されてから対外へと排出される。オルニチンはアンモニアを尿素へ変換する反応に利用される。また体内にはエネルギーの生産するクエン酸回路と呼ばれる反応がある。毒性のあるアンモニアはこのクエン酸回路を阻害することが知られている。オルニチンを摂取し肝臓でのアンモニアの無毒化が進めば、クエン酸回路の回転が阻害されるのを防ぐことができる。
タウリン(※2)・・・タウリンと深く関わっているものに胆汁酸がある。胆汁酸は肝臓でコレステロールから合成される物質で脂質の吸収などに関わっている。タウリンは胆汁酸とともに体内のコレステロールを消費することが知られている。

しじみの効果効能は二日酔いに効く

摂取したアルコールは肝臓で代謝されアセトアルデヒドとなる。アセトアルデヒドは後に酢酸へと代謝されるが、飲み過ぎによってアセトアルデヒドの代謝が間に合わずアセトアルデヒドが体内に蓄積すると二日酔い症状が現れる(※3)。しじみには肝機能の働きに関わる成分が含まれているので、肝臓でのアセトアルデヒドの代謝を助けてくれる。しじみが二日酔いに効果的といわれる理由はここにある。

4. しじみの味噌汁はインスタントでも効果はある?

しじみの味噌汁を手作りするのもよいが、最近では手軽なインスタント商品も多くある。しじみの味噌汁の栄養や効果について紹介したが、インスタントでも効果はあるのだろうか。

インスタントのしじみの味噌汁にも栄養たっぷり

インスタントと聞くと、栄養が少ないのでは?と思いがちであるが、実はそんなことはない。インスタントのしじみの味噌汁のパッケージを見てもわかるとおり、「1杯でしじみ〇〇個分のオルニチン配合」などと表記してある。インスタント商品でも、充分に栄養を摂れることがわかるだろう。

結論

本記事では、しじみの味噌汁についておすすめの具材や、しじみの味噌汁に多く含まれている栄養の効果効能にも触れてきた。しじみの砂抜きなど面倒な部分はあるが、インスタントも活用しながらこれを機に食卓を賑わせる一品となってもらいたい。
(参考文献)
※1 一般財団法人日本educe食育総合研究所「小さな「しじみ」が持つ体をいたわる力とは?」
https://www.educe-shokuiku.jp/news/food/shijimi-clam/
※2 厚生労働省 e-ヘルスネット「タウリン」
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-017.html
※3 一般社団法人茨城県メディカルセンター「頭痛や吐き気を軽減しよう!二日酔いの対処法(2019年5月)二日酔いの原因は?」
http://imc.or.jp/archives/mamechishiki/%e9%a0%ad%e7%97%9b%e3%82%84%e5%90%90%e3%81%8d%e6%b0%97%e3%82%92%e8%bb%bd%e6%b8%9b%e3%81%97%e3%82%88%e3%81%86%ef%bc%81%e4%ba%8c%e6%97%a5%e9%85%94%e3%81%84%e3%81%ae%e5%af%be%e5%87%a6%e6%b3%95%ef%bc%8820
  • 更新日:

    2021年1月22日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ