このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ポタージュの保存方法を紹介!製氷皿でポタージュの素にも!

ポタージュの保存方法を紹介!製氷皿でポタージュの素にも!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

鉛筆アイコン 2021年1月31日

今回紹介するのはポタージュの冷凍方法だ。サンドイッチやフランスパン、洋食と相性のいいポタージュ。牛乳を使用して、手軽に作ることができるスープレシピのひとつだ。人によっては美味しいからと大量に作り過ぎ、余ってしまうこともあるだろう。ポタージュを日持ちさせるには冷凍保存するのがおすすめだ。

  

1. ポタージュスープは冷凍できる?

じゃがいも・玉ねぎ・水・牛乳・コンソメ・塩・こしょうのようなシンプルな材料で作ることができるポタージュ。材料さえストックしておけば、思い立って作れるのが嬉しいポイントだ。なかには飲むたびに作るのが面倒だという人もいるだろう。そんな人におすすめなのが、ポタージュを多めに作り冷凍保存しておくことだ。
ポタージュは冷凍可能で、冷凍しておくことで日持ちする。ストックしておくと食べたいときに解凍して温めるだけで、手間なくすぐに味わえるというメリットがある。ポタージュを一から作ろうとすると、材料を用意したり食材を切ったり茹でたり、いろいろと面倒だ。その点、小分けして冷凍保存しておくと、ほしい分だけ使えて重宝する。
茹でて潰してペースト状になったポタージュは濃縮したまま冷凍保存してもいいし、牛乳や水、コンソメを加えてポタージュスープにし、ストレートタイプで冷凍するのもありだ。次にポタージュの上手な冷凍方法や保存期間、解凍方法について紹介しよう。

2. 知りたい!ポタージュスープの冷凍保存方法

次にポタージュの正しい冷凍保存方法を紹介する。ポタージュを濃縮の状態で冷凍保存するときは、いったん製氷皿に入れてキューブ状に凍らせる。凍ったら製氷皿から取り出しジッパー付きの密閉袋に入れて、なるべく空気を抜き密閉して冷凍室へ。キューブ状で冷凍しておくと、ほしいときにほしい分だけ使えて便利だ。
牛乳・水・コンソメを加えてポタージュスープにして冷凍保存するときは、ジッパー付きの密閉袋に入れて、なるべく空気を抜き密閉してアルミトレーにのせ、平らにして冷凍保存する。凍ると膨張しやすいので、密閉袋に入れたときの厚みが1cmくらいまでになるように調整すること。
ふた付きの密閉容器を使用してポタージュを冷凍保存するときは、容器の7~8分目まで入れ、ふたを閉めて冷凍室へ。密閉袋と同じように凍ると膨張しやすいので、入れる分量は少なめにしておこう。

3. 冷凍ポタージュスープの解凍方法とは?

最後に冷凍保存したポタージュの保存期間の目安や解凍方法を紹介しよう。冷凍保存したポタージュの保存期間の目安は3~4週間くらいで、1ヶ月以内に使い切ること。とはいえ食品なので日が経つごとに風味が落ちやすい。冷凍したらなるべく早いうちに使い切るように。いつ保存したかわかるように、袋に保存日を書いておくとよいだろう。
冷凍保存したポタージュの解凍方法のひとつが、冷蔵室で自然解凍する方法だ。冷蔵室で解凍するのを待てない人は流水解凍がおすすめ。ボウルに水を張り袋ごと入れ、水を流せばよい。冷蔵室で自然解凍するより、早く解凍できるだろう。袋から取り出し、鍋や電子レンジで加熱して食べよう。
ちなみにポタージュのようなスープに牛乳を入れて作ると分離することがあるが、これは牛乳に含まれるたんぱく質が、酵素・ミネラル・酸などの存在下で加熱により凝固するからだ。分離した牛乳はザラザラして美味しくないため、加えたらふたはせず、長時間加熱することを避け、煮立てないこと。ポタージュに小麦粉でとろみを付けて牛乳を加えると、分離しにくいようだ。

結論

ポタージュを冷凍保存する方法や保存期間の目安、正しい解凍方法を紹介した。とくに作り立ての熱々を食べると美味しいポタージュ。暑い季節は冷やして食べても美味しい。時間のあるときに多めに作り、冷凍保存して食べたいときに解凍して味わってみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年1月31日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ