このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
チンゲン菜を使ってスープ職人!いろいろなテイストを楽しもう!

チンゲン菜を使ってスープ職人!いろいろなテイストを楽しもう!

投稿者:ライター 上野圭代(うえのたまよ)

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

鉛筆アイコン 2021年2月 4日

チンゲン菜は料理に使うととても美味しく人気がある。シャキシャキした食感はクセになり、子どものレシピにもおすすめだ。いろいろなレシピがあるが、とくに作りたいのがスープである。副菜としても出しやすいスープは、どんな料理とも相性がよいのが特徴である。そこでここではチンゲン菜を使ったスープのレシピをまとめていこう。

  

1. チンゲン菜の中華スープ

中華風スープは、餃子や焼売などとの相性も絶妙である。何かもう一品を作りたいときには、中華風スープがおすすめ。コクがある中華風スープのレシピを、ここでは紹介していこう。

チンゲン菜のピリ辛スープ

少し辛さがほしい人用のスープで、食欲がないときにも食べやすい。最初に春雨を水で戻しておき、チンゲン菜やきのこなどを食べやすいサイズにしておこう。春雨、水、中華出汁の素、キムチなどを鍋に入れて煮ていく。煮立ったころに溶いた卵を入れるとマイルドになるだろう。

チンゲン菜の鶏ガラスープ

辛いのが苦手だという人は豆板醤やキムチなどを入れていない、鶏ガラスープと中華出汁の素で作るのがおすすめ。春雨と白ごまを入れれば食べごたえもあるのでおすすめだ。ハムと合わせても美味しいので、何かもう一品足したいという人は挑戦してみよう。

2. チンゲン菜の和風スープ

チンゲン菜を使ったスープと聞くと、食材のイメージから中華テイストを想像する人もいるだろう。実はチンゲン菜は和風料理に合わせても、相性がバツグンなのだ。そこでここではチンゲン菜を使った和風スープのレシピを紹介していこう。

豆腐と合わせてほっこり和風スープ

まずは鍋に水とかつお出汁のもと、そして塩や醤油などを入れておく。火をつけたら一口サイズにカットしたチンゲン菜と玉ねぎ、次に四角く切った豆腐を入れて煮込もう。火が通ったところで、器に移し黒コショウをかけたら完成である。

チンゲン菜とカニカマ生姜スープ

寒い時期や食欲のないときにおすすめなのが、生姜入り和風スープだ。チンゲン菜とシイタケ、豆腐を入れて煮込んでいこう。そこにカニカマを入れたら、水溶き片栗粉でトロミをつけ煮込む。沸騰したら溶いた卵を入れてできあがりだ。

レンジで簡単チンゲン菜和風スープ

耐熱用のカップに一口サイズにカットした豆腐とチンゲン菜、醤油、出汁のもと、水を入れ、そのまま温めるだけで簡単にスープができあがる。忙しいときにおすすめである。

3. チンゲン菜の洋風スープ

チンゲン菜を使ったスープレシピは、いろいろなテイストを楽しめるのが魅力。中華風、和風とくれば、次に紹介したいのが洋風スープである。パンとも一緒に食べられる洋風スープは、気軽にもてなせる料理でもある。来客時にもぜひ挑戦してほしい。

チンゲン菜の豆乳スープ

味わいもまろやかな豆乳スープは、朝食にもぴったりだ。鍋を用意したら一口サイズにしたベーコンとチンゲン菜を炒める。水と豆乳、コンソメなどを入れて煮込もう。塩、コショウで味を調えて器に盛り付けたら完成だ。

コンソメ定番スープ

チンゲン菜を使ったスープで一番オーソドックスな洋風スープは、コンソメだけのシンプルなもの。ベーコンとチンゲン菜を入れ、あとは塩、コショウで調整するだけだ。料理と合わせやすいので、どのシーンでも使えるのが魅力だ。ベーコンをソーセージに変えてもボリュームが出るので、好みで決めるのがよいだろう。

かきたまスープ

チンゲン菜を使ったスープで、子どもにもおすすめなのが洋風かきたまスープである。作る工程はほかのレシピと同じであり、最後に煮立った鍋の中に溶いた卵を入れるだけ。寒い時期などにも食べたくなるレシピである。

結論

ここではチンゲン菜を使い、美味しいスープを作りたい人向けのレシピをいくつか紹介してきた。中華風だけではなく、和風も洋風も作れるチンゲン菜は、どの料理とも相性がよいのでおすすめである。休みの日にぜひ、気になるスープを作ってみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年2月 4日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング