このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
豆苗を使った味噌汁の作り方を紹介!いろいろな食材と相性がいい

豆苗を使った味噌汁の作り方を紹介!いろいろな食材と相性がいい

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2021年2月 9日

今回紹介するのは、豆苗を使った味噌汁の作り方だ。さまざまなレシピサイトでも多くのレシピが紹介されている豆苗の味噌汁。シャキシャキとした食感が美味しく、ごま油を加えたり豆腐や舞茸と合わせたり、卵と豆腐を入れて作ったり、いろいろな食材と相性がいい味噌汁だ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ごま油香る!豆苗の味噌汁

流水でさっと洗うだけで簡単に調理ができ、便利な豆苗。今回は豆苗を使った味噌汁のレシピを紹介しよう。まずはじめに、ごま油が香る豆苗の味噌汁の作り方だ。えぐみや青臭さはほとんどない豆苗。しかし中には青臭いと感じる人もいるようだ。ごま油を入れることで豆苗の青臭さが軽減されるので、気になる人は加えるとよいだろう。
まず豆苗は根元を落として流水で洗い、ザルにあげて水気をきったら3等分にカットする。フライパンにごま油を入れて熱し、豆苗ともやしを入れて強火で30秒くらい炒める。鍋に水と粉末出汁、油揚げを入れ、火にかけて煮立ったら味噌を加える。汁椀に豆苗ともやしを入れ、味噌汁を注げば完成だ。
さっと炒めてから、汁と合わせることでシャキシャキとした食感を楽しめる。豆苗は細かく刻み、薬味のように味噌汁にトッピングしても美味しい。ごま油の香りが食欲をそそる、リッチなおかず味噌汁だ。

2. ふんわり卵と豆腐が美味しい!豆苗の味噌汁

次にふんわり卵と豆腐が美味しい、豆苗の味噌汁の作り方を紹介しよう。豆苗は根元を落として流水で洗い、ザルにあげて水気をきり2cm幅にカットし飾り用に少しとっておく。豆腐は1.5cm角に切る。鍋に出汁と水を入れ、中火で熱して豆腐を加えて煮立たせる。豆苗を加えてさっと煮たら、弱火にして味噌を溶き入れる。溶き卵をまわし入れ、ふわっと浮きあがってきたら汁椀に盛り付け、飾り用にとっておいた豆苗をのせれば、味噌汁の完成だ。
豆苗は火が通りやすいので、サッと味噌汁を作りたいときにおすすめ。野菜を足したいときは好みでキャベツやにんじん、長ねぎを加えて作ってもよい。豆腐の代わりに厚揚げ豆腐や油揚げを使用するのもおすすめだ。

3. バターが香る!豆苗と舞茸の味噌汁

次に日本テレビの青空レストランで紹介された、豆苗と舞茸の味噌汁の作り方を紹介しよう。豆苗は根元を落として流水で洗い、ザルにあげて水気をきり3等分にカットする。舞茸は石づきが付いていないものが多く、根元は切らずに手で適当な大きさにほぐす。
鍋にバターを入れて熱し、舞茸を炒める。火が通ったら豆苗を加えて、さらに炒める。水と出汁を加え、ひと煮立ちしたら火を止めて味噌を溶き入れる。最後に汁椀に盛り付ければ豆苗と舞茸の味噌汁の完成だ。バターを入れて食材を炒めることで、濃厚でまろやかな風味の味噌汁に仕上がる。

4. シャキシャキ食感が美味しい!豆苗と大根の味噌汁

最後に豆苗と大根を使った味噌汁の作り方を紹介しよう。シンプルな味わいの味噌汁だが、ほっこりと温まる美味しさだ。まず豆苗は根元を落として流水で洗い、ザルにあげて水気をきり3等分にカットする。大根は皮をむき短冊切りにする。鍋に水を入れて中火にかけ、沸いたら大根を入れる。
大根に火が通ったら豆苗を加えてひと煮立ちさせ、粉末出汁を加えて弱火にし、火を止めて味噌を溶く。汁椀に盛り付ければ、豆苗と大根の味噌汁の完成だ。大根は葉に近いほうが甘くてみずみずしく、根に近づくにつれて辛い。よって生で食べる場合は葉に近い部分を使うのがおすすめだ。
中央部はやわらかで甘みと辛みのバランスがよく、おでんのように大根そのものの食感と味を楽しめる料理にぴったり。根に近い部分は水分量が少なく味がしみ込みやすいので、照り煮や漬物に向いている。味噌汁に使うなら中央部分から下を使うのがおすすめだ。

結論

豆苗を使った味噌汁の作り方を紹介した。味噌汁は味噌自体の栄養に加え、具材としていろいろな食材を合わせることで栄養価をアップすることができる。野菜ひとつ例に挙げても、豆苗はもちろん、ブロッコリー・トマト・アスパラなどの洋風野菜とも相性がいい。いろいろな組み合わせで豆苗と一緒に味噌汁で味わってもらいたい。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2021年2月 9日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ