このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
しらすを使ったおつまみを作ろう!酒の種類に合わせて自由自在!

しらすを使ったおつまみを作ろう!酒の種類に合わせて自由自在!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2021年2月25日

しらすは、調理も簡単で旨みが凝縮されており、酒のおつまみとしても最高だ。しらすはアレンジもしやすいので、飲む酒に合わせておつまみの作り方を変えてみるのもおすすめだ。今回は、酒の種類別にしらすを使ったおすすめおつまみの作り方を紹介しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ビールに合う:食べごたえのあるしらすのおつまみ

ビールを飲む際に、おすすめしたいのがしらすを使ったおつまみだ。しらすだけではあまり食べごたえがないが、ほかの食材と合わせることで食べごたえのある絶品おつまみに変身させることができる。

キャベツとしらすのナムル

簡単なおつまみの定番といえば、やみつきキャベツを思い浮かべる人もいるだろう。そんなやみつきキャベツにしらすを加えることで、より風味をプラスして食べごたえのあるおつまみにすることができるのだ。作り方は簡単で、ざく切りにしたキャベツを耐熱容器に入れ、ラップをしてレンジで加熱したら水気を絞っておく。あとは、袋にキャベツに入れ、しらすとごま油、昆布茶を入れてよく和えたら完成だ。おつまみだけではなく、食事の際の箸休めとしても活躍してくれるレシピだ。

しらすとねぎのチーズせんべい

とろけるチーズをフライパンで焼くとチーズせんべいになるが、そこにしらすとねぎをトッピングすることで、食べごたえのある絶品おつまみが完成する。作り方は、フライパンにクッキングシートを敷き、その上にとろけるチーズを敷き詰めてじっくりと焼く。チーズが溶けてきたらしらすとねぎをトッピングしてカリカリになるまで焼いたら完成だ。

2. ワインに合う:しらすを使ったオシャレなおつまみ

ワインを楽しむ際は、オシャレなおつまみがほしくなるものだ。そんな時もしらすを使っていろいろなおつまみを楽しんでみよう。

きのことしらすのアヒージョ

魚介をたっぷり使うイメージのあるアヒージョも、しらすを使うことで、手軽に作ることができる。作り方は、フライパンにオリーブオイル、にんにく、赤唐辛子を入れて火にかけて香りが出てきたところで、好みのきのことしらす、塩を加えて混ぜ合わせ、ふたをして蒸し焼きにする。きのこに火が通れば完成だ。薄切りにしたバゲットを用意して具材をのせて食べるとより美味しい。

しらすのブルスケッタ

ブルスケッタとは、パンに具材をのせて楽しむおつまみだ。そんなブルスケッタの具材としてしらすを使ってみるのもおすすめだ。ボウルにしらすとしそ、レモン汁、オリーブオイル、塩こしょうを入れて和えておく。バゲットを用意し、にんにくをこすりつけてオリーブオイルを回しかけてからトースターで焼き、上にしらすをのせたら完成だ。火を使わずに作れるので、簡単にオシャレなおつまみを作りたい時にピッタリだ。

3. 日本酒に合う:さっぱりとした口当たりのしらすのおつまみ

日本酒に合わせるおつまみは、やはりさっぱりと口当たりのよいものがいい。そんな期待に応えるしらすを使ったおつまみを見てみよう。

しらすのポン酢和え

しらすをさっぱりと味わうのならポン酢と和えてみるのがおすすめだ。ボウルにしらすと大葉のみじん切り、白いりごま、小ねぎを合わせてポン酢をかけたら完成だ。好みで大根おろしを加えてもさっぱりとして美味しい。

しらすとわかめのピリ辛炒め

ヘルシーで美味しいと評判のおつまみが、しらすとわかめのピリ辛炒めだ。フライパンにオリーブオイルとにんにくのみじん切りを入れて火にかけたら、赤唐辛子を加え、さらにしらすを加えて炒める。しらすがカリカリしてきたらわかめを加えてさらに炒めて塩で味を調えたら完成だ。

結論

しらすはそのままではおつまみとして味気ないが、アレンジを加えることで華やかでボリュームのあるおつまみに変身させることができる。さまざまな味付けに合うので、飲む酒の種類に合わせて味付けを変えれば、大満足のおつまみを手軽に楽しむことができるだろう。しらすは火を通さなくてもそのまま味わえるので、おつまみとしてアレンジするのに向いている。ぜひしらすを使って自宅でいろいろなおつまみを楽しんでみてもらいたい。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2021年2月25日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ