このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
サザエの肝の美味しい食べ方とは?生食からソースまで幅広い使い道!

サザエの肝の美味しい食べ方とは?生食からソースまで幅広い使い道!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2021年2月27日

「サザエの美味しさは肝なしには語れない」という人は多いが、肝の食べ方にバリエーションがあることは、あまり知られていない。サザエをさばいたら、ぜひ肝を使ったさまざまな料理に挑戦してみてほしい。そこで本記事では、サザエの肝の特徴や美味しい食べ方について、徹底紹介していく。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. サザエの肝は刺身で食べられる?

新鮮なサザエは、刺身にして食べると美味しい。しかし、肝を生のままで食べてよいのか悩む人もいるだろう。そもそも、サザエの肝とはどのような部位なのだろうか。

サザエの肝は内臓器官と生殖腺

サザエのふたを開けると身がついており、その奥に肝が入っている。一般的にサザエの肝と呼ばれている部分は、内臓器官と生殖腺を指す。肝の中央あたりにある渦巻き模様の部分は砂袋と呼ばれる。砂が溜まるため、下処理で除去する。先端にかけてとぐろを巻いている部分が生殖腺だ。雄がクリーム色、雌が緑色となっている。

生食も可能!サッと茹でれば安心

サザエの肝は、身と同様に新鮮なものであれば生食できる。牡蠣のような貝毒のリスクも低いが、気になる場合は、サッと茹でて食べてもよいだろう(※1)。

2. サザエの肝は苦い?美味しい?

ほかの食材の肝と同様に、やや苦みがあるのがサザエの肝の味の特徴だ。しかし、苦いだけでなく、磯の香りや濃厚さも同時に楽しむことができる。肝特有のほろ苦さを好む人も多く、お酒のつまみや料理のアクセントにふさわしい風味といえるだろう。
ちなみに、クリーム色の雄の肝のほうがマイルドで、緑色の雌の肝はより苦みが強い。好みに合わせて選んでもよいし、食べ比べてみるのも楽しそうだ。
サザエは肝も含めていただくのが本来の楽しみ方である。そのまま食べると苦みに抵抗を感じるという場合でも、これから紹介する食べ方なら、サザエの肝の風味を無理なく味わえるのではないだろうか。

3. 肝も美味しく食べられる!サザエのバター醤油炒め

簡単で美味しいおすすめの食べ方は、バター醤油炒めだ。サザエの肝だけを使ってもよいし、身を一緒に炒めても美味しい。シンプルな食べ方で、サザエの美味しさをまるごと楽しもう。ここでは、肝と身を一緒に炒める作り方を紹介する。

作り方

茹でたサザエを殻から取り出し、身と肝の部分を食べやすい大きさに切る。フライパンに、バターとみじん切りにしたにんにくを入れて火にかけ、サザエの身と肝を加えて1分ほど炒める。醤油をたらして火を止め、皿に盛り付けたら完成。好みで小ねぎを散らしていただこう。また、にんにくと一緒に鷹の爪を炒めると辛みが加わり、一層大人の味わいを楽しめる。

4. お酒のアテにも!サザエの肝で肝醤油

肝好きな人にぜひ試してほしいのが、サザエの肝醤油だ。肝醤油といえばカワハギが有名だが、生食できる新鮮なものならサザエの肝でも作ることができる。生の肝特有の濃厚な風味がたまらない。サザエを刺身にするなら、ぜひ肝醤油も併せて用意しよう。

作り方

サザエの肝を包丁で細かく刻みながら、ペースト状にする。小皿に移し、醤油と和えれば完成。生の肝だけでなく、ボイルしたもので作ることもできる。

使い方

サザエの刺身をつけて食べるのが定番。また、お酒のアテとして楽しむほか、ごはんに卵黄をのせて肝醤油をかけるという食べ方もおすすめだ。

5. サザエの肝で作る絶品肝ソース

サザエの肝は、ソースの材料に使うこともできる。ペースト状にして調味料を加えれば、濃厚な肝ソースを簡単に作れるため、ぜひ試してほしい。

作り方

サザエの肝を湯引きし、すり鉢を使ってペースト状にすり潰す。塩、こしょう、砂糖、オリーブオイル、レモン汁、おろしにんにくを加えてよく混ぜ合わせれば完成。

肝ソースは淡泊な料理にぴったり

濃厚な味わいの肝ソースは、白身魚のムニエルのようにあっさりとした味の料理に添えるのがおすすめだ。淡泊な味の食材と組み合わせることで、サザエの肝の濃厚な旨みが引き立つ。

ペーストとしても楽しめる

肝ソースを作る際に、レモン汁を加えずペースト状に仕上げれば、サザエの肝ペーストとして楽しむこともできる。バゲットに塗って食べよう。

結論

サザエは海藻のみを食べて生息しているため、肝にも毒がなく美味しく食べることができる。新鮮なサザエが手に入ったら、身だけでなく肝も一緒に楽しんでほしい。そのまま食べるのもおすすめだが、ソテーや肝醤油、肝ソースも簡単で絶品だ。
(参考文献)
※1出典:徳島県ホームページ「貝毒による食中毒に注意しましょう」
https://www.pref.tokushima.lg.jp/ippannokata/kurashi/shokunoanzen/2015070300194/
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2021年2月27日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ