このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
パセリを大量消費する方法を紹介!付け合わせだけじゃない!

パセリを大量消費する方法を紹介!付け合わせだけじゃない!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木 倫美(ささきともみ)

2021年3月 6日

今回はパセリを大量消費できる人気のレシピを紹介しよう。料理の仕上げに添えたり、上にトッピングしたりすることの多いパセリだが、唐揚げの衣に混ぜたり、クラムチャウダーに入れたり、カレーピラフにからめたりすると大量消費できる。ここではスープとパスタ、ソースで使う方法を紹介しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. パセリを大量消費する:スープ編

パセリを大量消費したいと思っても、どう調理すればいいのかわからないという人もいるのでは?ここではパセリを大量消費できるスープの人気レシピを紹介しよう。パセリをメインに使うことで、ほろ苦い風味が楽しめるスープに仕上がる。
まずパセリの葉を粗く刻み、ウインナーは5mm幅の斜め切りにする。鍋にオリーブオイルとにんにくを入れ、弱火で熱して香りが立ったらパセリとウインナーを加える。火を中火にしてパセリがしんなりするまで炒め、顆粒コンソメスープの素と水を加えて煮る。沸騰したら溶き卵をまわし入れ、火を止めて塩こしょうで味を調える。最後に器に盛り付け、好みで粉チーズをかければパセリを大量消費できるスープの完成だ。
炒め煮することで風味がアップするので、ぜひ炒めてから味付けしてもらいたい。いろいろな食感を楽しみたいなら、しめじやエリンギ、えのき、舞茸、しいたけなどのきのこ類を加えるのがおすすめだ。

2. パセリを大量消費する:パスタ編

次にパセリを大量消費できるパスタの作り方を紹介しよう。バジルの代わりにジェノベーゼ風やペペロンチーノなどにパセリを大量に混ぜて作ると美味しい。紹介するのはにんにくの香りとベーコンの旨みが食欲をそそる一品だ。パセリとにんにく、ベーコンはみじん切りにする。鍋にたっぷりの湯を沸かし塩を入れてスパゲティを加え、袋に記載されている表示時間どおりに茹でる。
フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、弱火にかけて炒める。香りが立ったらベーコン、パセリの順に入れて炒める。パセリが少ししんなりしてきたら火を止める。スパゲティが茹で上がったらザルに上げて水気をきり、熱いうちにフライパンに入れて手早く全体を混ぜる。粉チーズを加えて混ぜ合わせ、塩こしょうで味を調える。最後に器に盛り付ければ、パセリを大量消費できるジェノベーゼ風パスタの完成だ。
好みで薄くスライスしたにんにくを揚げ、トッピングして食べるのもおすすめ。ボリュームを増したいときは砂抜きをして蒸したあさりを加えるとよい。彩りを華やかにしたいなら、輪切りにした鷹の爪を散らすと見栄えがよくなる。

3. パセリを大量消費する:ソース編

最後にパセリを大量消費できるパセリソースの使い方を紹介しよう。パセリソースはパセリとくるみ、にんにくを適当な大きさに切り、オリーブオイル・塩・黒こしょうと一緒にフードプロセッサーに入れ、なめらかになるまで撹拌すれば完成だ。パセリを大量消費するのにぴったりの一品でパンに塗ったり、野菜スティックに付けたり、パスタやソテーに使ったりと、さまざまな料理に使える。
たとえばフライパンで両面にパリッと焼き目を付けた鮭にパセリソースをかけて食べる方法だ。さわやかな香りのソースと鮭の相性がぴったりで、鮭は油をまわしかけながらじっくり焼くと、表面はパリッと中はふわふわに仕上がる。パセリを大量消費できるパセリソースの使い方のひとつが、まぐろのたたきにのせて食べる方法だ。
献立の主菜はもちろん、アルコールのおともにもおすすめ。パセリソースは冷蔵庫で1週間ほど保存できるので、彩りのよい一品を作りたいときに重宝する。加えて忙しい朝や、弁当のおかず作りにも大活躍するだろう。

結論

大量消費できるパセリは付け合わせはもちろん、パスタのようなメイン料理にもサラダのような副菜にもぴったりの食材だ。とくに紹介したパセリソースは、肉や魚、野菜とさまざまな料理と相性がいい。ぜひ常備していろいろな組み合わせで味わってみてはいかがだろうか。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2021年3月 6日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ