このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
白きくらげと台湾スイーツの密な関係とは?美肌効果もある?

白きくらげと台湾スイーツの密な関係とは?美肌効果もある?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2021年3月21日

かの楊貴妃も愛したという白きくらげは、美肌効果が高く、カラダを中から潤す食材として知られる存在。そんな白きくらげがよく使われているのが台湾スイーツだ。定番から今年トレンド入りしそうなドリンクまで、白きくらげを使ったスイーツについて調べていこう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 白きくらげとは

漢方や薬膳の世界では、きくらげはおなじみの存在。秋には渇きを癒す白きくらげ、冬には血液の巡りをよくする黒きくらげを食べるといいとされている。なかでも楊貴妃や西太后に愛されてきたのが、白きくらげだ。古くから美肌に効果があるとされてきた。これは植物性多糖体、シロキクラゲ多糖体が含まれていることが大きなポイント。昔の人たちは科学的に真相を突き止めていなくても、身体にいいと信じて食べていたのだから、いまよりも感覚が優れていたといえるかもしれない。

ここがすごい!白きくらげ

白きくらげは、とにかく低カロリー。乾物100gあたり、162kcalほどしかないので、たくさん食べても罪悪感が非常に少ない。そのうえビタミンB2や食物繊維が多く含まれている。

白きくらげの味

白きくらげがスイーツにも料理にも使われるのは、白きくらげ自体が非常に淡白な味わいだから。どんな料理にも合わせやすいのだ。美味しさのキモになるのは、コリコリとした独特の食感。歯ごたえを感じることができる。

2. 白きくらげと台湾スイーツ

台湾スイーツは、全体的にみて健康によい食材が多く使われている印象だ。さらに豆類や漢方に使われるクコの実や蓮の実、きくらげなどを使うものも多く、より健康的な暮らしを送りたいといういまのムードにぴったり。今後も人気が継続すると考えられている。

銀耳蓮子湯

白きくらげは台湾スイーツに非常によく使われている。とくによく知られているのが「銀耳蓮子湯」。蓮の実とクコの実、そして白きくらげをシロップ煮にしたもので、台湾屋台の定番。冷やしても温めても美味しいので、季節を問わず食べられている。

豆花

豆乳をにがりなどで固めた豆腐のようなものにシロップをかけて食べる豆花も、台湾の定番的なスイーツ。豆花は、ふるふるとした絶妙な食感がクセになるもので、こちらも冷やしても温かくしても美味しいスイーツだ。豆やタロイモ団子、さつまいも、白玉などをトッピングして食べるのだが、白きくらげもその一員。甘く煮たものが定番だ。

台湾かき氷

台湾はかき氷も有名。マンゴーかき氷は、日本でも大ブームになった。ちなみに台湾でかき氷店を訪れると豆花と同じようにトッピングがずらり。このなかにもしばしばきくらげが登場する。

3. 2021年イチオシの白きくらげスイーツ

台湾でブームになっているのがきくらげジュース。そもそも薬膳ドリンクとして存在していたが、よりオシャレなパッケージになって登場している。中身は銀耳蓮子湯とほぼ同じ。白きくらげのシロップ煮だ。美容にもよく、見た目もオシャレなきくらげジュースショップは、確かにトレンドになりそうな予感。ネクストタピオカの呼び声も高い。

DAYLILY

日本人と台湾人の女性2人が始めた台湾発のライフスタイルブランド。台湾では薬としてはもちろん、お守りとしても人々に愛されている漢方を取り入れた商品がずらり。昨年、このショップで白木耳ジュースが発売され、非常に注目を集めた。

4. 自家製白きくらげスイーツ

自宅でも白きくらげスイーツを作ることができる。おすすめは、甘いシロップ煮。フルーツポンチに入れたり、ゼリーの具材にしたり、アレンジ自在に楽しむことができる。白きくらげは、国産の乾燥タイプをチョイスすると便利。しっかりと水で戻して、隅々まで洗ってから一度茹でるといい。

結論

白きくらげは、栄養豊富、そして美容効果の高いきのこだ。健康を気遣う人が増えた昨今、注目されている食材でもある。とくに台湾スイーツとの相性がよく、日本でもトレンドの兆し。台湾料理専門店で食べてみるもよし、簡単なのでスイーツ作りにトライしてみるもよし。ぜひ、コリコリの食感を体感してみてはいかがだろう。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2021年3月21日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ