このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
甘夏のむき方を紹介!鍋でまるごと茹でると簡単にむける?

甘夏のむき方を紹介!鍋でまるごと茹でると簡単にむける?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木 倫美(ささきともみ)

鉛筆アイコン 2021年3月20日

今回紹介するのは甘夏のむき方だ。外皮がかたく厚いので、手では簡単にむけない甘夏。包丁や皮むき器、缶切りを使ってむくのがおすすめだ。種が多く内袋も厚いため、内袋をむき種を取り除いて食べると美味しい。いままで手でむこうとしていた人も、今回紹介する方法を参考にしてもらいたい。

  

1. 甘夏のむき方:厚い皮は包丁を使う

比較的傷みにくく日持ちする甘夏だが、あまり長く保存するとパサパサになる可能性があるため、なるべく早めに食べるのがおすすめだ。ここでは、みかんのように手でむくことがむずかしい外側の皮のむき方を紹介しよう。ひとつは包丁で切れ目を入れてむく方法だ。
具体的なむき方を解説すると、まず甘夏の上と下の皮を切り落とす。次に側面に6~8ヶ所くらい、縦切りで切り込みを入れる。最後に側面の皮をむき房を分ければよい。次に紹介するむき方は、りんごのように包丁で皮をむく方法だ。具体的には、りんごの皮のように白いわたの部分をくるくると包丁でむく。芯を残すようにそぎ切りにし、種をよけるようにカットする。最後に房を分ければよい。
次に紹介する甘夏のむき方は缶切りを使う方法だ。具体的な方法は缶切りの刃の部分を甘夏の皮の真ん中にあて、ぐるっと1周する。あとは上と下の皮をぱかっとはずせばよい。あまりにも簡単にむけるので、これまで苦労してむいていたのが何だったのかと思えるはずだ。ただし手をケガしないよう、ゆっくりと作業すること。

2. 甘夏のむき方:薄皮をむく

果実は直径9~10cm程度と大きめで、食べごたえがある甘夏。先述したように外皮はかたくてむきにくく、内袋もむく必要があり種もある。また歯ごたえもあり、果肉がみずみずしいところも特徴のひとつだ。さらにスッキリとした甘みとほのかな苦味、酸味のある味わいを楽しめるのも特徴といえるだろう。
ここでは甘夏の薄皮のむき方を紹介する。外皮は先述したように包丁で切れ目を入れたり、りんごのように包丁で皮をむいたり、缶切りを使ってむけばよい。外皮がむけたら白い筋を取るが、すべて取ると実がくずれやすくなる。薄皮をむくときは包丁で切り込みを入れ、調整しながらむくこと。
丁寧にむくなら手で房に分けてから、内袋の種のほうを包丁で切り落として開き、実を取り出して種を取り除く。少し時間のかかる作業だが、食べてくれる人のことを思いながらむくと苦にならないだろう。実を取り出したら皿に盛り付ければよい。皮をむきながら食べるのもよいが、時間に余裕があるときは、丁寧にむいて味わうのもありだ。

3. もっと簡単な甘夏のむき方

最後に先述した方法より、もっと簡単な甘夏のむき方を紹介しよう。より簡単に甘夏をむきたいときは、沸騰したお湯の中に甘夏をまるごと4分ほど茹でてからむくとよい。熱いうちにやけどしないよう注意してトングで取り出し冷水で冷ます。
冷めたら甘夏の上の皮を切り落とす。あとは切った部分から手で簡単に皮をむくことができる。この方法でむくと内皮・白い綿(内果皮)・筋(維管束)が取りやすくなる。簡単なうえにキレイにむけるので、ぜひ試してもらいたい。
大分県の園地で夏みかんの枝変わり種で発見された甘夏。正式には川野夏橙(かわのなつだいだい)という品種名だ。1950年に品種登録されており、1955年頃から愛媛などで集団栽培がスタート。温州みかんに次ぐほどの柑橘だったが、1965年にグレープフルーツの輸入自由化にともない大きな打撃を受けたため、生産も消費も減少傾向にあるという。

結論

甘夏の簡単なむき方を紹介した。皮がやや厚いため包丁や缶切りで切れ目を入れてむく必要がある甘夏。これまで手で無理矢理むこうとしていた人も、これからは包丁や缶切りを使うか、まるごと茹でてから手でむくとよいだろう。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2021年3月20日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング