このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
あさりの旨みはうどん料理にも最適!あさりの処理からアレンジまで

あさりの旨みはうどん料理にも最適!あさりの処理からアレンジまで

投稿者:ライター 井澤佐知子(いざわさちこ)

監修者:管理栄養士 鈴木亜子(すずきあこ)

2021年4月 9日

あさりといえば味噌汁やスパゲッティと組み合わせることが多いが、うどんと合わせてもその旨みは際立つ。つゆで食べるうどんにとどまらず、にんにくやバターとマッチさせて洋風に食べても美味しいのである。本記事では、常識にとらわれずに、うどんとあさりの組み合わせを楽しむためのアイデアを紹介しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. あさりのうどんを作るときの下準備

あさりとうどんで料理を作るために、まずはあさりの下準備から行おう。あさりを食べたときに、じゃりっとした砂の歯ざわりを感じてしまうのは不快である。これを予防し美味しいうどんを食べるために、しっかりと準備をしよう。

あさりの砂抜き

あさりはまず、殻についている汚れを落とすためにこすり合わせるようにして洗う。とくに、潮干狩りなどで採ってきたあさりはしっかりと洗う必要がある。
砂抜きのためには、3%濃度の塩水が必要だ。水500mlに対し塩を15g加えてあさりを浸けるのだが、水は多すぎず、ひたひたくらいが適宜である。また、あさりが出した砂を再び吸わないように、ボウルとざるを重ねて使うのがコツだ。
ボウルにアルミホイルや新聞紙をかぶせて1時間待機し、その後30分は水からあげて塩分を落ち着かせる。これで、美味しいうどんのためのあさりの砂抜きは完了だ。

2. 出汁が最高なあさりのさっぱりうどん

まずは一般的なうどんにあさりを加えるレシピを見てみよう。うどんのつゆは、醤油ベースや白だしベース、いずれも美味しくできる。その日の気分や好みでつゆを選んでみよう。

だしとみりんが効いたつゆで

醤油ベースのうどんを作る場合には、みりんや酒、砂糖も加えて自分の好みの味で作ることができる。昆布などを加えてつゆを作り、コクを出してもよいだろう。時短で作る場合には、市販のつゆの素を薄めて作ることも可能である。
あさりは、つゆとともに鍋に入れて火にかけよう。あさりは口が開けば食べることが可能だ。茹でたうどんを加えれば、あさりの旨みが堪能できるうどんができあがる。

白だしであっさり

うどんのつゆは白だしであっさりと仕上げても美味である。市販の白だしを好みの濃さにして火にかけ、あさりを投入する。あさりが開いたら、うどんを加えて完成だ。細ねぎなどを散らし、香味を効せて食べても美味しいだろう。

3. パンチがきいてる!あさりとにんにくのボンゴレ風うどん

うどんといえば和の食材というイメージがあるが、イタリアにはピーチといううどんそっくりの食感を持つパスタが存在する。つまり、うどんもパスタ感覚で楽しみことができるのである。あさりとうどんの料理は、洋風の味付けにしても違和感なく堪能できる。

あさりを使ってパスタ風に

うどんは食べられる状態に準備し、あさりは砂抜きをしておく。フライパンにオリーブオイルを入れ、にんにくと鷹の爪を香りが出るまでよく炒める。あさりと白ワインを入れて蓋をし、しばらく蒸す。あさりが開いたらうどんを入れ、よく混ぜて味を絡めよう。仕上げにイタリアンパセリを加えると香りもよく、より美味しそうに見えるだろう。

にんにく風味のつゆも

にんにく風味のつゆでうどんを楽しむ、スープパスタのような料理はいかがだろうか。この場合は、深めのフライパンや鍋を使ってにんにくを炒めてあさりを調理し、スープを作る。塩や胡椒で味を調え、うどんと合わせれば完成だ。わかめなどのトッピングも合うだろう。

4. 相性よし!あさりとバターのうどん

泣く子も黙る人気テイスト、ガーリックバター風味でうどんとあさりを楽しむレシピもある。この場合はつゆあり、つゆなしの選択が可能だ。それぞれのレシピを見てみよう。

ガリバタ味、つゆなし

つゆなしバージョンは、焼うどんの感覚で食べることができる。フライパンににんにくとバターを落とし、砂抜きしたあさりを入れて貝が開くまで炒める。用意しておいたうどんを投入し、最後にバターをのせて完成する。

ガリバタ味、つゆあり

つゆありのガリバタ味うどんは、市販の冷凍うどんを活用すると便利である。あらかじめあさりをはじめとする具材をにんにくとバターで炒めておき、別に作った市販のうどんにこれらをのせる。できあがりにバターをのせ、アクセントに黒胡椒をかけるとより洗練された味になる。

結論

うどんとあさりの組み合わせは、つゆで食べるだけではなく、パスタ風やガリバタ風などさまざまなバリエーションに生まれ変わる。いずれのメニューも、あさりの旨みがしみわたる、満足度の高い一品となるだろう。うどんのメニューがマンネリ化したら、ぜひトライしてみてほしい。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2021年4月 9日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ