このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
たこ焼きをホットプレートで作ろう!楽しむためのおすすめギア

たこ焼きをホットプレートで作ろう!楽しむためのおすすめギア

投稿者:ライター 井澤佐知子(いざわさちこ)

監修者:管理栄養士 大谷琴羽(おおたにことは)

2021年4月28日

たこ焼きは買うものと思っている人にとっても、自家製のたこ焼きができるホットプレートが家にあれば食べる機会は断然増える。最近では、ホットプレートにたこ焼き用のプレートが付属品としてついている場合もあり、たこ焼き好きにはありがたい。本記事では、たこ焼きができるホットプレートや作り方について説明する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. たこ焼きができるホットプレートでおすすめの商品は?

家族や仲間とたこ焼きを作って食べるのは楽しいものである。その中心にあるのが、たこ焼きを作ることができるホットプレートである。自宅で美味しいたこ焼きパーティーを楽しむためのホットプレート、人気のいくつかを紹介する。

BRUNO「コンパクトホットプレート 」

インテリアのひとつとしてもさまになるスタイリッシュなホットプレートといえば、BRUNOの製品が筆頭に挙げられる。通常の平面プレートとともにたこ焼き用のプレートも付属についてくる。パーティーシーンでもかっこよくきまるのがうれしい。

タイガー「グリルなべ CQG-B300」

ホットプレートの機能だけではなく、煮物も楽しめるのがグリル鍋タイプである。タイガーのグリル鍋にはさらに、たこ焼きプレートが完備。ひとつのホットプレートであらゆる調理が楽しめる優れものである。

イワタニ「カセットガスたこ焼器 スーパー炎たこ(えんたこ)」

岩谷のスーパー炎たこは、たこ焼きに特化したホットプレートである。電機ではなく直火で調理するため、本格的なたこ焼きを楽しむことができるアイテムといえる。直火ながら扱いやすいたこ焼き器として人気がある。

2. ホットプレートでたこ焼きを作る時の温度や時間

たこ焼きの調理が可能なホットプレートの場合、作り方は付属の説明書を参考にするのが一番である。ここでは一般論を説明する。

ホットプレートで焼くたこ焼き

ホットプレートでたこ焼きを作る場合、場所によっては火が通りにくく焼きムラがでる可能性があることを覚えておこう。ホットプレートの機種にもよるものの、たこ焼きを焼く温度は200℃前後が適しているとされている。火が通りやすい中心部と通りにくい橋の部分のたこ焼きを入れ替えるなどして、美味しく焼く工夫をしよう。

最初は高温で

たこ焼きのプレートがついているBRUNOやタイガーのホットプレートの場合、最初はIHや250℃など高温に設定し、プレートを熱くしておくのが美味しく焼くコツである。調理時間も個々のホットプレートによるが、平均して15分前後である。いずれにしても、機種によって癖があるため経験を積んでホットプレートを使いこなす必要がある。

3. ホットプレートでのたこ焼きの作り方

ホットプレートを使ってたこ焼き作りを実践すれば、おのずと自分流の作り方が身につくだろう。たこ焼き初心者のために、ホットプレートを使った作り方の概略を紹介する。

たこ焼きの作り方

たこは適当な大きさに切っておき、まずは生地を作る。たこ焼き粉及び薄力粉を卵とともによく混ぜて、出汁を加える。ホットプレートがしっかりと温まったら油をひき、生地を流していく。生地は型に入れるというよりも、プレート全体を覆う感覚で流して問題ない。生地が固まらないうちに型の中にたこや天かすを入れていく。生地がある程度固まってきたら、それぞれの型を中心に区切り、返しを使って90度ひっくり返す。くるくると何度かひっくり返し、球体になってきたら表面に油をぬって再びひっくり返す。こうすることで表面が香ばしくなるのである。ほどよい焦げ目がつけば完成である。

4. ホットプレートにたこ焼きがくっつく原因と対処法

ホットプレートの専門プレートを使えば簡単にできそうなたこ焼きであるが、生地がくっついてうまく焼けないという失敗は少なくない。その理由は何だろうか。対処法とともに見てみよう。

プレートは適度に温める

たこ焼きの生地を入れる前に、専用のプレートは適度に温める必要がある。テフロン加工の場合は熱くなりすぎないことにも注意しよう。ホットプレートがしっかり温まっていないと、たこ焼きの表面が十分に焼けないという現象が発生してしまう。

油をしっかりとひく

油の量が少なくて生地がホットプレートにくっついてしまうのもアウトである。テフロン加工のプレートはもちろん、鉄製のプレートの場合はしっかりと油をひく必要がある。油も火力もケチらずに、キレイなたこ焼きを仕上げてほしい。

結論

ホットプレートにたこ焼き専用のプレートがある場合は、ぜひ自家製たこ焼きに挑戦したい。家族や友人たちとたこ焼きパーティーを楽しむためには、ホットプレートの火力や油の量に注意して経験を積むのがなによりの近道である。オーソドックスなたこ焼きだけではなく、さまざまな具材で楽しむたこ焼きも隆盛である。ぜひ、ホットプレートで作るたこ焼きをものにしてほしい。
この記事もcheck!
  • 公開日:

    2021年4月 8日

  • 更新日:

    2021年4月28日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ