このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
サバ缶とキャベツをストックしておけば困らない!万能アレンジ12選

サバ缶とキャベツをストックしておけば困らない!万能アレンジ12選

投稿者:ライター 佐々木美紀(ささきみき)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

鉛筆アイコン 2021年6月 3日

サバ缶は食料品店で手軽に購入できる身近な食材だ。酒のつまみやおかずとして日常的にストックしている、という家も多いのではないだろうか。サバ缶はそのまま食べても旨いが、ひと手間加えるとサラダから丼ものまで幅広いメニューにアレンジができることをご存知だろうか。今回は同じく手に入りやすく日持ちする野菜、キャベツと組み合わせた万能メニューを紹介していく。

  

1. サバ缶とキャベツでサラダ!

まずはサバ缶とキャベツをサラダにアレンジする方法を紹介する。サバ缶のサバはあらかじめ加熱してあるので調理の手間がいらない。調味されているタイプを野菜にトッピングするだけでも美味しく食べられる。

サバ缶と野菜のサラダ

キャベツやレタス、トマトなど好みの野菜を皿に盛り、サバ缶のサバを食べやすい大きさにほぐしながらトッピングする。好みのドレッシングをかけたら完成だ。
サバ缶は、煮付けや味噌煮など好みの味のものを用意しよう。ドレッシングの風味を楽しみたい場合は水煮缶を選ぶのがおすすめだ。

サバ缶と和風ディップサラダ

サバ缶は水煮缶をセレクトし、マヨネーズ、味噌、おろしにんにくを加えて調味しながらディップにしよう。食べやすい大きさにちぎったキャベツにのせて、ごま油を適量たらして口に運ぶと最高に旨い。
サラダとしても、つまみとしても楽しめる一品だ。好みでおろしにんにくをおろししょうがにアレンジしても旨い。

2. サバ缶とキャベツは味噌と相性バツグン

味噌はサバ缶とキャベツ、どちらの食材とも相性がよい。味噌を合わせたメニューを紹介しよう。

サバの味噌煮とキャベツの鍋

鍋に鶏ガラスープを準備し、味噌と練りごまを加えて調味し、もやし、人参、しいたけなどの野菜を入れて火にかける。食べやすい大きさに切ったキャベツとサバの味噌煮缶を加えてひと煮立ちさせ、トッピングに刻んだ長ネギを入れれば完成だ。肌寒い日に身体を温めてくれる、ホッとする味わいとなっている。

サバ缶の野菜蒸し

キャベツ、ブロッコリーを食べやすい大きさに切り分け、アルミホイルにのせる。そこにサバの身をのせ、味噌と砂糖を混ぜて作った味噌ダレをトッピング。アルミホイルを閉じて、適量の水を入れたフライパンに入れ、ふたをして中火で蒸したら完成だ。食べる直前にバターをひとかけのせるとコクが増して美味しくなる。

サバ缶とキャベツの味噌汁

鍋に水とサバ缶を入れて煮立たせる。ザク切りにしたキャベツを加え、火が通ったら味噌を溶いてできあがりだ。サバ缶は水煮缶を使おう。サバ缶があれば、出汁いらずで味わい深い味噌汁を作れる。

3. サバ缶とキャベツを洋風に変身

サバ缶とキャベツは洋風にアレンジしても楽しめる。チーズとの相性もバツグンなので、オーブン料理にもおすすめだ。

サバ缶とキャベツ&トマトのチーズ焼き

耐熱皿に薄切りにしたトマト、食べやすい大きさに切ったキャベツを並べる。そこにサバ缶のサバをのせ、ピザ用チーズとドライパセリをトッピングしてオーブンで焼けば完成だ。オーブンは200℃に設定しておこう。チーズがとろければ食べごろだ。

サバ缶とキャベツでアクアパッツァ

キャベツは食べやすい大きさに切る。サバ缶は水煮タイプを用意し、缶の汁と身を分け、汁に水を足して1カップの分量にして鍋に入れよう。そこに塩、にんにくの薄切り、コショウを加えて煮立たせ、サバ缶の身、キャベツ、ミニトマトを入れ、5分煮てオリーブオイルをひとまわししたら完成だ。オリーブオイルを加えたら火を入れすぎないのがコツである。

サバ缶アクアパッツァのペペロンチーノ風

サバ缶とキャベツで作ったアクアパッツァの身をほぐし、茹でたパスタにからめるとペペロンチーノ風パスタにアレンジができる。コツは塩を少し足すこと。一品で満腹になるおすすめアレンジだ。

4. サバ缶とキャベツをレンジでさっと一品

電子レンジを使えば洗い物が少なく簡単に調理ができる。電子レンジでできるキャベツとサバ缶の絶品メニューはこれだ。

サバ缶とキャベツのレモン蒸し

キャベツをザク切りにして耐熱皿に敷き、サバ缶のサバをのせレモン汁を適量まわしかける。600Wの電子レンジで3分加熱し、仕上げに醤油とコショウで味を調えたら完成だ。キャベツは包丁を使ってももちろんよいが、手でちぎると洗い物が少なく済むのでおすすめだ。

サバ缶とキャベツでレンジトマト煮

耐熱皿に食べやすい大きさに切ったキャベツ、サバ缶、カットトマト缶、コンソメを入れ、ラップをふんわりかけて600Wの電子レンジで2分加熱する。粉チーズ、コショウ、ドライパセリをトッピングして食べよう。サバは水煮缶を使おう。材料さえあれば手早く作れる。

5. サバ缶とキャベツで簡単丼

サバ缶とごはんの相性がよいのはいうまでもないだろう。そこにキャベツを加えた絶品丼を紹介する。手軽なのに本格的な味わいを楽しめるので、一品で満足したいときにぜひ挑戦してほしい。

サバ缶とキャベツのホイコーロー丼

キャベツとパプリカを食べやすい大きさに切り、ごま油を熱したフライパンでキャベツを軽く炒める。キャベツに軽く火が通ったらサバの味噌煮缶とパプリカを加えてさらに炒めよう。仕上げにラー油を少量かけてアクセントに。熱々のごはんにのせれば完成だ。
サバ缶もキャベツもさっと火を通すだけでOK。サバの味噌煮缶の味だけで調味できるので手軽だ。忙しい日の夕食や、休日ランチにもおすすめの一品である。

サバ缶とキャベツの温玉丼

耐熱容器に食べやすい大きさに切ったキャベツを入れ、鶏ガラスープの素をかけ、ラップをして600Wの電子レンジで3分加熱する。器にごはんをよそい、キャベツ、ほぐしたサバ缶の身、温泉卵をのせたら完成だ。
サバ缶は好みに合わせて味噌煮缶や醤油煮缶を選ぼう。鶏ガラスープの優しい味わいのキャベツはどんな味のサバ缶も合う。温玉を崩しながら食べれば食がすすむこと必至だ。

結論

買い物に行けず冷蔵庫の中が寂しい日でも、サバ缶とキャベツさえあれば舌もお腹も大満足の料理が簡単に作れる。サバ缶とキャベツは日ごろからストックしておくのがおすすめだ。ぜひいろいろなメニューにチャレンジしてほしい。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2021年6月 2日

  • 更新日:

    2021年6月 3日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング