このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
さつまいもの賞味期限と保存方法を紹介!土付きがおすすめ!

さつまいもの賞味期限と保存方法を紹介!土付きがおすすめ!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

鉛筆アイコン 2021年10月 7日

さつまいもは土付きのもの、洗浄後のもの、カット後のもので適切な保存方法が異なる。賞味期限もさつまいもの状態や保存方法によって左右されるため、実際に保存する前に知っておくことが大切だ。そこで本記事では、さつまいもの状態に合わせた保存方法と賞味期限について解説していく。調理済みのものの保存方法や、賞味期限の見分け方についても併せて紹介する。

  

1. 土付きのさつまいもの保存方法と賞味期限は?

採れたてのさつまいも
収穫したてのさつまいもは、土付きのまま常温保存しよう。適切な方法で保存することにより、賞味期限はかなり長くなる。

土付きのさつまいもの保存方法

  • さつまいもに付いた土を軽く払い、表面が乾くまで天日干しする。
  • 1本ずつ新聞紙で包む。
  • カゴや数ヶ所穴を開けたダンボール箱に入れる。
  • 10~15℃の涼しい場所で常温保存する。
さつまいもの表面に水分が残っていると傷んでしまうため、土は洗い流さず乾かして風通しのよい場所で保存するのがポイントだ。ただし、傷の付いたさつまいもは日持ちしないため、この方法で長期保存することができない。土付きでも傷がある場合は早めに食べきろう。

土付きのさつまいもの賞味期限

1~3ヶ月が目安となる。ただし湿度など環境によっても左右されるため、1ヶ月程度で食べきるとよいだろう。

2. 土が付いていないさつまいもの保存方法と賞味期限は?

さつまいも
スーパーなどで購入した土が付いていないさつまいもは、洗浄により土が落とされている。そのため、土付きのものより賞味期限が短く、保存方法も異なる。

土が付いていないさつまいもの保存方法

  • さつまいもを1本ずつ新聞紙で包む。
  • 冷蔵庫の野菜室で保存する。
洗浄済みのさつまいもは常温保存には向かないため、冷蔵保存が最適な方法だ。ただし、冷蔵室では温度が低すぎる。野菜室も低温障害が起きないギリギリの温度のため、長持ちさせることは難しいのだ。
ポリ袋などに入れて販売されていたさつまいもは、必ず取り出してから保存しよう。ポリ袋やラップなどで包んだままにしておくと、湿気で傷みやすくなるからだ。さらに新聞紙でさつまいもを包むことで、冷気から守ることができる。

土が付いていないさつまいもの賞味期限

1週間ほどが賞味期限の目安である。土付きのものと比べてかなり短くなるため注意が必要だ。

3. カット後のさつまいもの保存方法と賞味期限は?

さつまいも
これまでは、さつまいもをまるごと1本保存する場合の方法と賞味期限について解説してきた。カットされた使いかけのさつまいもを保存したい場合についても見ていこう。

カット後のさつまいもの保存方法

  • さつまいもの断面をラップで覆う。
  • 冷蔵庫の野菜室で保存する。
1/2など大きくカットされたさつまいもは、全体をラップで覆うと湿気で傷みやすくなるため、切り口のみを覆うのがポイントだ。輪切りなど細かくカットしてある場合は、全体を包んでよい。
また、アク抜きなどで水に浸したさつまいもの場合は、水分を含んだ状態のため保存方法が異なる。密閉できる保存容器に切ったさつまいもとかぶるくらいの量の水を入れ、冷蔵庫で保存しよう。

カット後のさつまいもの賞味期限

上記の方法で保存した場合、賞味期限の目安はそれぞれ次のように異なる。
  • 野菜室で保存したもの:1週間程度
  • 水に浸して冷蔵庫で保存したもの:2~3日程度(水を毎日交換する必要がある)

4. さつまいもの冷凍保存方法と賞味期限は?

冷蔵庫
さつまいもを長期保存したい場合は、冷凍する方法もある。生のまま冷凍することも可能だが、低温障害を受けやすく食感も変わってしまう。そのため、加熱調理してから冷凍する方法がおすすめだ。カットして加熱した場合、さらにペースト状にした場合、焼きいもの場合の3パターンに分けて、保存方法と賞味期限の目安を紹介する。

さつまいもの加熱冷凍保存方法

  • さつまいもを食べやすい大きさに切り、水にさらしてアク抜きする。
  • 蒸す、焼く、茹でる、電子レンジ加熱など、好みの方法で火が通るまで加熱する。
  • 冷ましてから冷凍用保存袋に入れ、空気を抜き密閉し冷凍保存する。
茹でたさつまいもなど、表面に水分が付着している場合は、水気をふき取ってから保存袋に入れよう。

加熱冷凍保存のさつまいもの賞味期限

2~3週間が目安となる。

さつまいものペーストの冷凍保存方法

  • アク抜き後、さつまいもをやわらかくなるまで加熱する。
  • マッシャーで潰してペースト状にする。
  • 冷ましてから冷凍用保存袋に入れ、空気を抜き密閉し冷凍保存する。
ペースト状にしたさつまいもは、離乳食やポタージュスープ、お菓子作りなどに使いやすい。そのまま保存袋に入れてもよいが、小分けにしてラップで包んでから入れる方法が使いやすくおすすめだ。

さつまいものペーストの賞味期限

2~3週間が目安となる。

焼きいもの冷凍保存方法

焼きいもをまるごと冷凍保存することもできる。冷ました焼きいもをそのまま冷凍用保存袋に入れ、空気を抜き密閉したら冷凍庫に入れればOKだ。もちろん、食べやすい大きさに切ってから冷凍する方法でもよい。

冷凍焼きいもの賞味期限

2~3週間が目安となる。

5. 調理後のさつまいも料理の保存方法と賞味期限は?

スイートポテト
さつまいもはさまざまな料理に使える食材のため、調理したものを保存しておいても便利だ。基本的に常温保存はできないため、数日以内に食べきるなら冷蔵保存、長期保存したい場合は冷凍保存するとよい。冷凍保存方法を中心に、さつまいもを使った揚げ物、煮物、スープ、スイーツの4パターンの保存方法と賞味期限の目安を紹介する。

さつまいもの揚げ物の保存方法

さつまいものコロッケやフライは冷蔵保存しても日持ちしないため、冷凍保存がおすすめだ。揚げてから冷凍したほうが便利だが、揚げる前に冷凍すると揚げたてを食べられるメリットがある。揚げる前と揚げたあとで、次のように方法(手順)が異なる。

【揚げる前の場合】

  • 金属製トレーなどに重ならないように並べる
  • 冷凍庫に入れ、固まるまで冷凍する
  • 1個ずつラップで包み、冷凍用保存袋に入れて空気を抜き密閉する
  • 冷凍庫に入れる

【揚げたあとの場合】

  • 冷ましてから1個ずつラップで包む
  • 冷凍用保存袋に入れて空気を抜き密閉し、冷凍保存する
(金属トレーにのせると早く冷凍できる)

さつまいもの揚げ物の賞味期限

  • 冷蔵保存:3日程度(味が落ちるため速やかに食べきることが望ましい)
  • 冷凍保存:2週間程度

さつまいもの煮物の保存方法

さつまいもをレモン煮やバター煮にしたものは、冷ましてから保存容器に入れて冷蔵保存しよう。冷凍する場合は、小分けにしてラップで包んでから保存袋に入れるとよい。いずれの方法でも、汁気をよくきってから保存しよう。

さつまいもの煮物の賞味期限

  • 冷蔵保存:3~4日程度
  • 冷凍保存:2~3週間程度

さつまいものスープの保存方法

さつまいもで作るスープは、乳製品を使ったポタージュスープが一般的だ。牛乳や豆乳でのばす前に冷凍保存する方法がおすすめである。冷凍用保存袋か保存容器に入れて密閉し、冷凍庫で保存しよう。冷蔵保存する場合は完成したものを密閉できる容器に移し、冷蔵庫に入れて早めに食べきろう。

さつまいものスープの賞味期限

  • 冷蔵保存:1~2日程度
  • 冷凍保存:2~3週間程度

さつまいものスイーツの保存方法

スイートポテトなどのスイーツは、一つずつラップで包み、保存用袋に入れて冷蔵保存、あるいは冷凍保存しよう。

さつまいものスイーツの賞味期限

  • 冷蔵保存:2~3日程度(生クリームなどを多く使用している場合は1日以内)
  • 冷凍保存:1週間程度(成形前の生地などは、1ヶ月程度保存できる場合もある)

6. さつまいもの賞味期限の見分け方は?

かごに入ったさつまいも
さつまいもは保存状態などにより、目安となる賞味期限内であっても傷んで食べられなくなるケースがある。そのため、さつまいもの状態をよく見て食べられるか判断することも大切だ。見た目、におい、触感の3つの観点から見分けるポイントを紹介する。

さつまいもの見た目での賞味期限の見分け方

見た目をチェックする方法で次のような異変が見られたら、食べずに処分しよう。

【カビが多い、白カビ以外のカビが生えている】

さつまいもの表面に白カビが少し生えている程度なら、その部分を洗浄し取り除けば食べることができる。しかし、カビの範囲が広い場合や白カビ以外のカビが生えている場合は処分しよう。

【大きな黒ずみがある】

さつまいもの表面に大きな黒ずみが見られる場合は、腐敗が進んでいるため処分しよう。断面に黒い斑点が見られる程度なら、軽度の低温障害のため食べられないわけではない。しかし広範囲にわたり黒くなっている場合は、低温障害が進んでしまっているため食べないほうがよい。また、カットしてしばらく経ってから酸化により斑点ができることもあり、この場合は食べても差し支えない。

さつまいものにおいでの賞味期限の見分け方

カビや黒ずみなどは、程度による見極めが難しい。そこで、においをチェックする方法を併用するとよいだろう。さつまいもが傷むと、次第に酸っぱいにおいや腐敗臭、カビ臭さなどが感じられるようになる。さつまいもから異臭がする場合は、見た目の劣化が軽い場合でも食べずに処分しよう。

さつまいもの触感での賞味期限の見分け方

傷んださつまいもは、持ってみてやわらかいか確かめる方法でも見分けられる。生のさつまいもは本来硬くハリがある。しかし中まで腐るとぶよぶよとやわらかくなり、腐敗が進むとぬめりも出てくる。表面の皮がシワシワになっている程度なら食べられるが、味が落ちているためおすすめはできない。

結論

さつまいもを常温で長期保存できるのは、土付きの状態に限られる。洗って土が落ちたものやカットしたものは賞味期限が短くなり、冷蔵か冷凍で保存するのが原則だ。さつまいもは低温が苦手なため、冷蔵保存でも温度管理が難しい。加熱してから冷凍する保存方法が、賞味期限も延ばせるうえ使いやすくおすすめだ。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年10月 7日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング