このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ビニール製テーブルクロスは洗濯できる?お手入れや汚れ落としの方法

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 出口美輪子(でぐちみわこ)

2019年1月10日

食卓を飾るテーブルクロスは、食べこぼしや飲みこぼしなどで何かと汚れてしまいがち。気に入っていたテーブルクロスが汚れてしまうと、食事の時に気分があがらないこともあるだろう。しかしビニール製のテーブルクロスなら、布製のものと比べて汚れがつきにくくお手入れも簡単だ。ビニール製テーブルクロスの特徴と、お手入れ方法をご紹介しよう。

1. ビニール製のテーブルクロスの特徴

中世ヨーロッパに起源をもつ、テーブルクロス。もともとは、綿で作られているものが主であった。綿は洗濯などのお手入れがしやすい反面、飲み物などの液体をこぼすと汚れがつきやすいという欠点がある。そこで重宝するのが、ビニール製のテーブルクロスだ。ビニール製のテーブルクロスは、一般的に塩化ビニールで作られていることが多い。塩化ビニール樹脂に可塑剤を含ませて作る軟質塩ビ製品のひとつで、薄く柔軟な仕上がりが特徴である。
食卓を美しく見せる透明性や、テーブルにフィットする柔らかさがあるため、テーブルコーディネートに取り入れやすい素材といえる。水分だけでなく、薬品や油にも強く、ダイニングテーブルを様々な汚れから守ってくれる存在だ。厚みのあるビニール製のテーブルクロスを選べば、カトラリーを誤ってテーブルに落下させても衝撃を吸収してくれる。ただのコーディネートのアイテムとしてだけでなく、テーブルを汚れや傷から守る役割も果たしてくれる点も人気の理由と言えるだろう。
ビニール製のテーブルクロスの中には、燃えにくい加工や、時間が経過しても色褪せを起こしにくい加工がされているものもある。使用するダイニングの状況にあわせて機能を選べるのも、ビニール製のテーブルクロスの特徴のひとつといえるだろう。

2. ビニール製のテーブルクロスのお手入れ方法

優れた機能性を持つビニール製のテーブルクロスだが、汚れた際に洗濯することは可能なのだろうか。日々食品に触れるテーブルクロスなのでこまめに洗濯したい気もするが、結論から述べるとビニール製のテーブルクロスは洗濯には不向きである。その理由は、ビニールは水をはじくため、洗濯機で洗ったとしても汚れまで水や洗剤が浸透しにくいと考えられるからだ。
ビニール製のテーブルクロスの基本のお手入れ方法は、汚してしまったらすぐに水拭きすることだ。汚れがついてからすぐであれば、水拭きだけで簡単にきれいになるのがビニール製のテーブルクロスの強み。普段は、食事の後に軽く水拭きするだけできれいに保つことができる。裏を返せば、汚れがついてから時間が経過すると、水拭きだけでは落ちなくなってしまうということだ。
定着した汚れを落とす場合に使われるベンジンや除光液などは、ビニール製のテーブルクロスと相性が悪い場合があるので注意したい。最適な方法は、中性洗剤を汚れた部分に垂らして、柔らかいスポンジで擦って汚れを落とすことだ。スポンジで擦った後は、しっかりと水拭きをして洗剤の臭いや成分が残らないようにしよう。塩化ビニールの耐熱温度は60℃と言われているので、お手入れの際には熱湯などの使用も避けたい。ゴム類が塩化ビニールに触れると、ゴムに含まれる老化防止剤等の影響でテーブルクロスが変色する危険性もある。お手入れの際には、ゴム手袋の使用も避けたほうが無難といえるだろう。

3. ビニール製のテーブルクロスを長くきれいに使う方法

汚れや衝撃に強く、簡単なお手入れで汚れ落としができるビニール製のテーブルクロス。お気に入りのビニール製のテーブルクロスを、長く愛用できるように気をつけておきたいポイントをいくつか紹介しておこう。

・耐熱温度は60℃

お手入れ方法でも触れたが、塩化ビニール製のテーブルクロスは熱に弱い。ソースやコーヒーなど、色が濃いものと同じく、熱いものもこぼさないように注意しておきたい。鍋ややかんをテーブルに置く場合には、鍋敷きを使おう。

・テーブルの素材も要注意

塗装に染料が使われているテーブルにビニール製のテーブルクロスをかける場合、染料の影響でテーブルクロスが変色してしまう場合があるので注意が必要だ。色移りを防ぐには、テーブルとクロスの間に布を挟むと良いだろう。

・週に1度はテーブルから取り外す

ビニールの性質上、同じ場所にずっと置き続けているとクロスがテーブルに貼りついてしまう危険性がある。1週間に1回程度はテーブルからクロスをはがし、テーブルとクロスの両方を乾拭きすると貼りつきや汚れを防ぐことにつながる。長時間敷きっぱなしにしていた場合、既にクロスがテーブルに貼りついてしまっている可能性もあるので、端からゆっくり、少しずつはがすようにすると良いだろう。

結論

つい汚れがちな食卓を、簡単なお手入れだけできれいに保てるビニール製のテーブルクロス。多様なデザインから、お気に入りのものをチョイスするもの楽しいだろう。ビニール製品ならではの特徴をおさえて、快適で機能的なダイニングライフを楽しんでもらいたい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ