このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ブラインドの掃除方法。湿度が高いと掃除が楽?ポイントは加湿器だった?

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年2月28日

さまざまな場所の掃除をするうえで、それぞれに応じた適切な道具と使用方法を把握しなければ綺麗にすることはできない。そして、いくつかある掃除箇所のなかでも、ブラインドの掃除方法に悩む人も少なくない。そこで今回は100均の商品や重曹などを使い、ブラインドを簡単に掃除できる方法や、綺麗に保つコツを解説する。

1. ブラインド掃除に必要な道具と頻度とは

さっそくブラインド掃除に必要な道具を見ていこう。ブラインドの汚れには油汚れやホコリ、タバコのヤニなどいくつか種類がある。ブラインドを設置する場所によっても汚れは異なるため、それぞれに適した道具を準備することが大事だ。

必要な道具

・重曹
・軍手
・ブラインドクリーナー
・雑巾
・霧吹き

ブラインド掃除に必要な道具は簡単に入手できる。全て100均でも手に入るため、掃除をするうえでコストもあまりかからない。上記には挙げていないが、ブラインドが高い位置にある場合は、椅子や脚立を用意する必要もある。

掃除の頻度

ブラインドを掃除する頻度には目安がある。ブラインドはホコリが溜まりやすいため、1週間が適正な頻度となり、適正な頻度を守れなければ、ブラインドの汚れは頑固なものに変化する。しかし、忙しくて掃除する時間が取れない人もいる。その場合、季節の変わり目を一つの目安とし、念入りに掃除をすることを推奨する。

2. 重曹を使ったブラインドの掃除方法

ブラインドに付着する汚れのなかで、面倒なものが油汚れだ。キッチンに設置している場合は特に汚れが付きやすく、これを放置すると汚れは何重にも溜まっていく。そこで活躍するのが重曹だ。油汚れに効果的な重曹を使用した掃除方法の手順を紹介する。

重曹を使ったブラインド掃除の手順

  • 500mlの水と大さじ1の重曹を混ぜ重曹水を作る
  • 霧吹きで重曹水をブラインドに吹きかける
  • 軍手を使いブラインドを拭く
  • 雑巾で乾拭きをする
油汚れに効果を発揮する重曹の正式名称は炭酸水素ナトリウムである。重曹がアルカリ性で、いっぽう油汚れは酸性であるため、混ざり合うことで中和し、汚れが落ちるのだ。このことから、重曹は油汚れを除去することに適していると言える。

霧吹きを使い重曹と水を混ぜた重曹水を吹きかけ、軍手をタオル代わりとして使いブラインドを拭いていく。軍手はタオルの代わりになるだけでなく、ブラインドによる手の負傷から保護してくれる役割もあるおすすめの道具だ。

ブラインドの汚れが落ちたら、すぐに雑巾を使い乾拭きをする。ブラインドの素材が木の場合の注意点は、水に濡らすと変形をする可能性があることだ。木を使ったブラインドを掃除する際は、重曹は使用せず乾拭きのみを行う。

3. 100均の商品を使ったブラインドの掃除方法

100均にはブラインド掃除に特化した商品で、ブラインドクリーナーが売っている。100均のブラインドクリーナーはブラインドに付着したホコリを取る際に活用することができる。クリーナーでブラインドを挟むようにして掃除を行うため、両面のホコリを一度で除去することが可能だ。

ホコリ掃除に適している理由は、ブラインドクリーナーがホコリを吸着する性能を持つマイクロファイバーを素材に使用していることだ。ブラインドに油汚れがない場合、ブラインドクリーナーを使いホコリ掃除を行うことで、十分綺麗にできる。100均のブラインドクリーナーは水洗いも可能なため、掃除後の管理も簡単だ。

4. ブラインド掃除とはおさらば!綺麗を保つコツ

ブラインドを綺麗に保つ方法は掃除だけでなくもコツもある。面倒な掃除を避けるためのコツは、部屋の湿度を意識することだ。ブラインドは、湿度が低い部屋に設置されている場合、静電気を発しホコリを吸着しやすくなる。掃除を行ってからも湿度を高めに保つことで、ブラインドにホコリを付きにくくし掃除の手間を省くことが可能だ。簡単に行うことができるコツなため、ぜひ実行してもらいたい。

結論

オシャレとして取り入れたブラインドを綺麗に保つことで、部屋の印象は一層よいものにできる。掃除も簡単にできるため、頻度を守り適切な方法で行いたい。便利な掃除道具を使い、ブラインドはこまめに手入れをしておこう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ