このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

扇風機を無料で処分するには?正しくお得に捨てる方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月17日

真夏の暑く辛い時期を乗り切るために扇風機を備えている家庭は多い。扇風機にはファンや首振りなど回転動作を繰り返す箇所があり、長年の使用で摩耗し、徐々に調子が落ちてくる。修理も可能だが、費用がかかり過ぎるようなら、買い替えや廃棄を考えた方がいいかもしれない。正しい処分方法は?処分費用を抑えるには?といった疑問について説明していこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 扇風機は不燃ゴミ?粗大ゴミ?

羽根の形状や大きさなどがさまざまで、最近は羽根なしのタイプもある扇風機。風量やデザインに個性があるものの、ファンを回転させる構造はどのタイプも同じである。回転部品をもつ扇風機には「設計上の標準使用期間」が設定されており、それを元に大半のメーカーでは耐用年数を6~8年としている。

ファンの異常音、不規則な回転、焦げ臭さなどを感じたら、耐用年数未満であっても修理や買い替えを検討しよう。保証期限が切れてしまっているときは、修理を頼むよりも買い替えたほうが安い場合もある。無料の引き取りサービスを行っている家電店があれば、ぜひ利用したい。ただし「○○円以上の商品購入で無料」といった条件がつくこともあるので、事前確認は必要だ。

処分を自分で行う場合は、地域のゴミ集積所に出すのが一般的だ。種類や大きさで不燃ゴミもしくは粗大ゴミなどに分別されるが、指定ゴミ袋に入らない大きさであれば、粗大ゴミになる可能性は高い。具体的な大きさは30cm以上や、50cm以上など自治体によって異なる。粗大ゴミかどうかの判断は自治体のルールに従い、メジャー等を使って正確に測ろう。

2. 扇風機の処分手数料がゼロになる場合

2013年より小型家電リサイクル法が施行され、家庭で出る不要な小型家電を再利用する試みが拡がっている。扇風機が小型家電のリサイクルの対象になっている自治体であれば、手数料なしで引き取ってもらえる。その場合、確認が必要となるのは集積場所である。

いつも可燃ゴミや不燃ゴミを出す地域の集積場所ではなく、役所や公共施設内にある回収ボックスや、資源ゴミステーションにある回収コンテナなどに出さなくてはならない。場所によって出せるゴミの大きさに制限があったり、回収日時が不定期であったりするので、事前に確認しておくことが大切だ。

粗大ゴミで出す場合の手数料は、自治体にもよるが200~500円程度だ。ただし、高さのあるタワー型扇風機はもう少し高い手数料になる可能性があるので必ず確認しよう。

自治体でのゴミ処分には、平日のみ対応している場合もあり、人によっては難しい場合もある。家電専用買い取り店を利用すれば、引き取りや発送での処分も可能になるので検討してみよう。「発売から間もない」「動作確認済み」「美品」であれば、買い取ってくれることが多いので、検討してみてはいかがだろうか。

元値が高くデザインもよし、しかも人気のメーカーであれば高値になる可能性は大だ。最近人気の羽根なしタイプは、保証書つきであれば高値での買い取りが期待でき、査定してもらう価値はある。

3. 粗大ごみ受付センターを利用して扇風機を処分するには

自治体に粗大ごみ受付センターがあり、利用する場合はどのような手順で粗大ごみを出せばいいのか、一般的な方法を確認してみよう。

1.粗大ごみ受付センターに申し込み

電話申し込みのほか、インターネットを使って直接粗大ごみ受付センターに申し込める場合もある。

2.粗大ごみ処理券を購入

粗大ごみ受付センターからゴミの種類・大きさに合った処理費の案内があるので、地域のコンビニやスーパー、郵便局などで処理券を購入しよう。

3.決められた日時に出す

粗大ごみ受付センターで案内された日時に、指定場所へ粗大ごみ処理券を貼りつけた扇風機を出そう。粗大ごみ処理券に、ごみ受付番号や連絡先の記入が義務付けられている場合は、忘れずに記入しよう。

結論

日本で初めて電気扇風機が誕生したのは1894年。それから約120年以上、暮らしとともにあった扇風機は、年々進化してきた。大掃除などで出てきたレトロな扇風機を部屋に飾り、観賞するのも味わい深いが、新しいものに買い替えるときは、適切な方法で無駄なく処分しよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ