このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

意外に難しいラップの収納!おすすめの収納方法を知ろう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月28日

キッチン周りの収納は、作業の効率をあげるためにもこだわりたい。食器や鍋などの収納に悩むこともあるが、ラップも例外ではない。では、多くの人はどのようにラップを収納しているのか。そこで今回は、100均のアイテムを活用した収納方法や、おすすめの収納場所を紹介する。

1. 引き出しにラップを収納!扉の裏も活用!

購入するサイズにもよるが、ラップ本体は長さもあることから引き出しに入りきらないこともあり、キッチン周りのなかでも最適な収納場所はどこか頭を悩ませるアイテムだ。参考にすべきは、多くの人がどのようにラップをうまく収納しているかである。代表的な収納場所を見ていこう。

引き出しや戸棚に収納する

多くの人がラップの収納場所に引き出しや戸棚を選ぶ。キッチンにはシンクやコンロの下をはじめ数多くの引き出しや戸棚が存在するが、使用用途から冷蔵庫や電子レンジ付近が選ばれやすい。動線や使い勝手のよさを考慮して、収納する場所が決定される。

几帳面な性格の人であれば、ラップのサイズに応じて収納場所を変えるほどだ。また、縦にするか横にするかは引き出しや戸棚の広さにもよるが、ラップは使う頻度が高いアイテムでもあるため、できるだけ取り出しやすい位置に収納することがポイントだ。あまり奥に入れると不便である。

扉の裏側にしまう

キッチン内の収納スペースに応用できる場所は、扉の裏側だ。ほとんどの家庭で扉は単なる「扉」のままである。おすすめの収納方法にも頻出するが、扉の裏側にフックなどを貼り付けることで新たな収納スペースが誕生し、ラップを含めたさまざまなものを収納できる。無駄になっている空間を見つけ、いかに有効活用するかが収納上手への近道だ。

マグネットを使い冷蔵庫に貼る

マグネットを使いラップを冷蔵庫に貼ることも王道の収納方法である。残り物を冷蔵庫に片付ける際などでも、必要なときにラップをすぐ取れるため、おすすめの収納場所といえる。しかし、ラップをそのまま冷蔵庫に貼ると見ばえが悪いことから、ラップ本体が入る磁気付きの専用ケースを購入する人も少なくない。

2. 100均のアイテムを使ったラップの収納方法

ラップは100均のアイテムを使うと綺麗に収納できる。うまく活用すれば、コスト以上のパフォーマンスも発揮してくれるため、多くの人におすすめだ。ここからは、ぜひ活用してもらいたい100均アイテムを使ったラップ収納術を紹介しよう。

ラップホルダー

100均で購入できるラップホルダーは、冷蔵庫やキッチン周りの活用しきれていない空間を収納スペースに変換することができ、置き場所に悩んでいる人を助けてくれるアイテムだ。ラップを横向きに設置することが可能で使い勝手もよく、2本収納できるものも存在する。

ラップだけでなくティッシュを取り付けることもできるデザインとなっているため、必要な道具が料理中に手の届く範囲に揃うことも魅力的だ。

フック

ほとんどの100均で取り扱われているフックもおすすめだ。ラップの箱に2つ穴を空け、それぞれにフックを引っかけることで余分なスペースも取らず綺麗に収納でき、横掛けとなることから巻き取るのもたやすい。簡単にできるうえ、扉や引き出しの内側に装着すれば外からも見えなくなり、スマートなキッチンを演出することが可能だ。

3. おしゃれにdiyもラップ収納におすすめ

流行りのdiyで、おしゃれな収納アイテムを作る人も増加している。ラップを収納するためのホルダーは簡単にdiy(自作)でき、デザインにこだわることでおしゃれな空間を創造することも可能だ。

必要な道具は100均で十分に揃えられ、木の板を加工することで海外の雰囲気を漂わせることもできる。気に入る商品が見つからない場合は、気分転換も兼ねてdiyをして自分好みのおしゃれな一品を制作することもおすすめ。

結論

コンパクトなわけでも見た目がおしゃれでもないため、ラップの収納方法・場所は難しく、どこにどう片付ければよいか悩む。しかし、100均の商品やdiyを駆使すれば、うまく収納することもできる。日常生活で使う頻度が多いだけに使いやすさを維持しつつも、綺麗な収納を目指すことが重要なポイントだ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ