このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

かさばる布団を何とかしたい!清潔な布団スッキリ収納法

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年4月19日

夏用冬用と季節ごとに取り替える布団。家族が多くなると布団の枚数も増えてくる。布団は、押し入れ、クローゼットの中を占めるものとして洋服と並んで収納場所を必要とするだろう。ここでは、かさばる布団をコンパクトに無駄なスペースなく、清潔に収納する方法について解説する。

1. 布団を圧縮するメリットと収納のコツ

かさばる布団の収納は圧縮するのがよい。日ごろ使わない布団や来客用の布団は圧縮して収納すると非常に効率がよい。ここでは、圧縮するメリットと収納のコツを解説する。

圧縮袋に入れるメリット

布団を圧縮袋に入れて収納するメリットは、コンパクトに収納できることだと考えがちだが、湿気によるダメージも受けにくいことも大きなメリットだろう。日ごろ使わない布団は、押し入れの下段や奥などの風通しの悪い場所に収納することが多い。梅雨の時期などは特にカビの発生が心配だ。

カビが発生する可能性がある場所に布団をそのまま収納しておくことは、できれば避けるべきだろう。もちろん、押し入れのカビ対策に除湿剤を置いたり、乾燥機で乾燥させたりという方法をとっている場合もあるかもしれないが、それとは別に布団については対策を立てるべきだ。

そこで最もおすすめの収納方法は、圧縮袋に入れて収納する方法である。圧縮袋に入れることで、カビやダニの心配をする必要は軽減される。

圧縮袋に入れて収納する方法

圧縮袋に入れてしまえば、当分の間、袋から出さないことになるので、入れる前には下記の手順をとることをおすすめする。

圧縮袋に入れる前の手順

  • 布団乾燥機・天日干しなどで乾燥させる
  • 掃除機でダニやほこりを吸い取る

圧縮袋に入れる際の手順

  • 収納袋の中に圧縮袋を入れてから圧縮する(収納袋に入れることで、圧縮した際の形を整える効果がある)
圧縮袋はビニール製のため、単に圧縮袋に入れただけでは収納場所に収納する際つるつる滑ってしまい、積み重ね収納が難しくなる。せっかく効率よく収納したつもりが、案外うまく棚に収まらなくなる可能性がある。その上一旦圧縮した袋は固くなり形状を変更することが難しくなるため扱いづらい。

そこで、重要な手順としては、圧縮袋に入れる際には、まず収納する場所のサイズに合わせた収納袋を用意し、収納袋の中で圧縮する。圧縮後、収納袋に空きがあるようなら、追加で圧縮袋を入れてもよいだろう。収納袋がいっぱいになったらファスナーで止めれば、収納場所に入れた際積み上げも簡単になる上、立てて収納することも可能となる。

圧縮する際のコツとして、市販の圧縮用吸入器を購入してもよいだろう。圧縮用吸入器があれば掃除機を持ち出す手間も省け、圧縮がうまくいかず掃除機を壊してしまう心配もなくなる。

布団だけでなく、衣替えの時期の洋服収納や、旅行の際のパッキングにも使えるので、1台あると便利である。安い物であれば3,000円弱、高くても5,000円程度で購入可能だ。

収納場所に収納する際にしておくこと

一旦収納袋に入れてしまうと、中に何が入っているのか分からなくなる。いざ使用したい時に無駄な時間を割かなくていいように、布団袋にラベルを付けて中に入っている布団の種類が分かるようにしておこう。

2. 布団収納袋に入れるメリットと収納のコツ

毎日使うわけではないが、比較的来客が多い、高価な布団なので圧縮したくないという場合には、圧縮しないで収納するとよいだろう。ここでは圧縮せずに布団袋に入れて収納するメリットと収納のコツについて解説する。

布団収納袋に入れて収納するメリット

圧縮袋に入れて収納することは、メリットがある反面、作業に手間を要する。半年に1回程度の作業ペースであれば圧縮袋での収納をおすすめするが、そうでない場合には布団収納袋での収納の方が効率がよい。

布団収納袋に入れて収納するメリット

布団収納袋に入れて収納するメリットとしては下記が挙げられる。
  • 収納がラク
  • 使用頻度が高い場合にはすぐに使える
  • 袋に取っ手がついている収納袋を使えば、布団をたたんでしまう場合に比べて、移動の際などの扱いがラク
  • 羽毛布団など大切な布団で圧縮したくない場合によい
  • 枕もセットで片づけられる

布団収納袋に入れて収納するコツ

布団収納袋に入れて収納する際は、ほこりや湿気の対策が必要である。そこで、収納する際のコツとしては下記が挙げられる。
  • 布団袋の下にすのこを敷く
  • キャスター付きの収納ラックを使う
  • パイプ製押し入れ用の整理棚を使う
  • 収納場所に除湿剤を置いて、こまめに取り換える
  • 梅雨の時期は除湿機で除湿する

3. 布団の収納場所にベッド下も活用できる

布団の収納場所を、クローゼットや押し入れにしている家庭は多いだろうが、洋服や日ごろ使うモノでいっぱいになり布団が収納できない場合もあるだろう。クローゼットに入りきらず、わざわざ収納場所をDIYするのは案外大変な作業だ。一方、部屋の片隅に積み上げておくと、掃除の際に邪魔になるし見た目も落ち着かない。そんな時は、ベッド下収納を検討してみてはいかがだろうか。

ベッドタイプ別の収納のコツは、ベッド下収納が付いているベッドに収納する場合、その中に圧縮袋を入れて収納すればよいので簡単だ。一方、ベッド下収納が付いていないベッドの場合、ベッド下の高さに合わせた収納ボックスを用意する必要がある。圧縮袋で圧縮してベッド下に収納してしまえば、押し入れやクローゼットなどの使いやすい収納場所がより有効活用できるだろう。

結論

布団の収納に関して解説したが、いかがだっただろうか。季節ごとに入れ替えの必要な布団は、夏になると冬用の布団で押し入れやクローゼットが特にいっぱいになる。布団はできればコンパクトで清潔に保管したいものだ。今回紹介したことを参考に、収納スペースに無駄のない清潔な収納方法を試してみてはいかがだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ