このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

物干し竿を使った室内干しのススメ。室内干しはメリットがたくさん!

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月28日

季節によっては、室内で洗濯物を干すことのメリットが大きい場合がある。また、室内で干す場合にも物干し竿を使用できれば、置き型の物干しラックより邪魔になりにくいだろう。ここでは、室内干しのメリットと、室内に物干し竿を設置するための設備や物干し竿の種類について紹介する。

1. あると便利な天井設置の物干し竿設備

冬の乾燥した環境内において、風邪のウイルスが活性化しやすいことはご存知のことだろう。やかんをのせた石油ストーブが使われていた時代とは異なり、現代は気密性の高い空間でエアコンや電気ストーブなどの暖房器具を使用するため、冬の室内はとくに乾燥しやすい。空気が乾燥すると、気道粘膜の機能が低下し風邪をひきやすくもなる。

室内の湿度を50~60%に保つことでウイルスの活性化は予防できるといわれている。そこで、室内に洗濯物を干すことで湿度を高めてはいかがだろうか。洗濯物を外で干し、室内で加湿器を使用している家庭も多いが、加湿器は、掃除を怠るとカビが発生したり、フィルター交換が必要だったりと何かとメンテナンスが大変だ。室内に洗濯物を干すことができれば、加湿器を使用しなくとも湿度を高めることができるため効率がよい。風邪対策のみならず、花粉の気になる季節や雨予報の日など、外干ししたくない日にも室内干し設備は役に立つだろう。

室内物干しが目障りな場合は、天井に設置できる設備はいかがだろうか。天井設置タイプの中には、使わないときに簡単に取り外しができるものや、収納型のタイプもある。天井設置なので、置き型スタンドより邪魔になりにくい点もおすすめだ。自宅の天井に設置可能であるようなら、検討してみるとよいだろう。

2. 賃貸でも設置可能なおすすめ物干し竿設備

天井や壁に穴を開けることができない賃貸などの場合は、傷を付けずに物干し竿を使用するためのグッズがおすすめだ。下記を参考に、室内干しを検討してはいかがだろうか。

壁付け物干し掛け

マンションの壁で使用される石膏ボードに設置するタイプ。画びょうの細さのピンでアームを取り付け、物干し竿をかけることができる。使用していないときは物干し竿を片付け、アームを折りたためば目立たないため、見た目が気になる場合はおすすめだ。

窓枠用つっぱり物干し掛け

室内の窓枠の上下を使用した2本のつっぱり棒に物干し竿をかけるタイプ。縦の棒が固定されているため圧迫感はあるが、壁付けに比べ作りが頑丈で、たくさんの洗濯物を干すことができる。

鴨居やドア枠に引っ掛ける物干し掛け

深めの溝のある鴨居やドアの上部にワンタッチで取り付けるタイプの物干し掛けの中には、2本使用することで物干し竿用に活用できるものもある。

鴨居を挟む物干し掛け

引き戸の鴨居を挟むタイプなので、重量があっても落下しない作りになっている。わずかな幅しかない引き戸の縁をしっかり活用できるのでおすすめだ。

エアコンハンガータイプ

壁とエアコンの隙間に挟み込んで設置するタイプ。ねじやくぎを使用せず、使わないときは折りたたんでおけるので見た目もすっきりするが、あまり大量に掛けることはできない。

3. 目障りにならないおしゃれな物干し竿

室内に物干し竿を設置することのメリットはたくさんあるが、室内であるため目障りに感じることもあるだろう。あまりにも頑丈なタイプや古いタイプの物干し竿の場合は、より一層生活感が出てしまうことに抵抗を感じるかもしれない。

しかし現在では、室内干しに特化したおしゃれな物干し竿が販売されている。種類も豊富で、伸縮性がありコンパクトになるもの、軽量で細めのもの、おしゃれでカラフルなデザインのもの、物干し竿の端のキャップの色を選べるものなどがある。お部屋のインテリアに合わせて使い分けることで、生活感を減らし、おしゃれな空間を演出するよう工夫するとよいだろう。

結論

室内で洗濯物を干すメリットと、室内物干し竿用設備について解説したがいかがだっただろうか。室内干しは見た目が気になる場合もあるが、効率を考えた場合には便利なことも多い。おしゃれで機能的なアイデア製品もたくさんあるので、それらを上手に活用すれば、家事負担の少ない快適な生活を送ることができるだろう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ