このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチンマットのちょうどいいサイズとは?目的別にご紹介!

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月22日

キッチンマット選びで「サイズ」に悩んでいないだろうか。何のためにキッチンマットを使うのか、理由がはっきりしていると適切なサイズのキッチンマットを使うことができる。キッチンマットを最大限有効利用するために、目的別に最適なサイズを紹介していこう。

1. ちょうどいいキッチンマットの選び方

キッチンマットの選び方の基本は、目的を明確にして利用シーンをイメージすることがとても大事だ。中でもサイズ選びは重要なポイントである。どれも同じだろうと安易に選んでしまうと後で後悔することになるので注意しよう。

汚れ防止重視の場合

キッチンの油汚れを気にして、キッチンマットを買おうとしている人も多いだろう。油が飛び散る範囲というのは、ある程度決まっている。その範囲を調査した某企業の検証データによれば、コンロ幅+左右に13cmの長さ、奥行きは34cm以上のキッチンマットを選べば、ほとんどの油汚れから床を守れるそうだ。油汚れが防止できる最小限のマットを敷きたい人は、ぜひこの数字を参考にしてほしい。

見た目重視の場合

キッチンマットを使う時にインテリアとして購入したい人もいるだろう。その場合も、キッチンマットがキッチンにぴったりフィットしていることが大事だ。中途半端な隙間はできるだけなくす方が美しい。

キッチンマットを選ぶ前に、キッチンの幅を計測してから購入することをおすすめする。また、キッチンにキャビネットが付属している場合は、開閉時にマットが引っかからないようにマットの厚みにも気を配る必要がある。マットのヨレは見た目にもよくない。

歩きやすさ重視の場合

キッチンマットが衝撃をやわらげ歩きやすい、といった理由で購入を検討している人も、サイズの選び方は軽視できない。誤ったサイズを選ぶと、マットがある部分とない部分の段差が生じ、その境目を踏むたびに身体がストレスを感じてしまう。毎日使うキッチンだからできる限り快適な空間にしたいものだ。

また、キッチンがアイランド型、L型のような複雑な形をしている場合は、マットがずれないように床に吸着するタイプを選ぶとよい。こだわりはないが、キッチンマットは敷きたい、という人は、全てを網羅できるような240cmサイズの大型のキッチンマットを使うのも一つの手だ。広範囲に敷かれているため、段差の問題も気にする必要がない。バリエーションも豊富なので、サイズの選び方で悩んだ時におすすめだ。

2. 一人暮らしのキッチンマット

一人暮らしの場合、キッチンマットまで考えない、という人もいると思う。だが、キッチンマットには、「汚れ防止」「床材を傷から守る」「滑り止め効果」「部屋を華やかにする」など、たくさんのメリットがある。普段あまり掃除をしない人ならば、キッチンマットを設置すれば掃除の負担を減らすことができる。

一人暮らしの場合のキッチンは狭くなりがちなので、サイズに悩む人もいるだろう。そういった場合、まずコンロ周りをカバーできるような小さいサイズのマットを設置することをおすすめしたい。これだけでも汚れ防止に役立つだろう。

3. キッチンマットのオーダーメイド

キッチンマットのサイズをあらかた決めたが、ちょうどいいサイズが店舗で販売されていない場合は、通販サイトのオーダーメイドが手軽で便利だ。以下にキッチンマットをオーダーするときのポイントをいくつか紹介していく。

信頼できるサイトで注文する

オンラインでオーダーする時に一番考えるのは、やはり信頼できるかどうかだ。信頼度の高さでおすすめなのは、楽天市場やポンパレモールなどのECサイトだ。これらのサイトは運営モールの厳しい審査を通っているため、比較的安心して注文することができる。

こだわりたい人は?

とにかくこだわったオリジナルキッチンマットが欲しい人は、思い通りのオーダーができるサイトをおすすめしたい。サイズ、カラー、素材、機能など自分好みのキッチンマットを作ることができるだろう。

結論

キッチンマットを選ぶ際は、サイズをしっかり考えることが重要になってくる。目的に応じてサイズは変わり、キッチンの寸法にも左右される。一度キッチンを実測した後、目的を定めてキッチンマットを選ぶことで、ふさわしいサイズのものを選択することができるだろう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ