このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ユニットバスの掃除方法!汚れ防止方法や頻度も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月 4日

分譲よりも賃貸物件に比較的多く見られるユニットバスであるが、どのようにすればスムーズに掃除できるか悩んでいる人も少なくない。正しい知識をもって掃除を行わなければ短時間で処理できないばかりか、綺麗な状態を保つこともできないため、掃除のコツやポイントを把握しておく必要がある。そこで今回は、ユニットバスの掃除や汚れを防止する方法、さらにどれくらいの頻度で掃除を行えばよいかを紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ユニットバスの掃除方法

水廻りの掃除は手間となるケースも多く、なかでもユニットバスの掃除方法に難しさを感じる人も多いのではないだろうか。通常のお風呂とは様式が異なるため手順ややり方に迷ってしまうが、簡単でスムーズにできる掃除方法を紹介する。

浴槽

浴槽につく汚れには水垢や皮脂などがあり、これらの汚れはお風呂用の中性洗剤を使えば簡単に落とすことが可能だ。掃除方法も簡単で、スポンジなどに洗剤をつけてこするだけ。スポンジなどこするためのアイテムは柔らかいものを使うほうが、浴槽にキズをつけることなく洗いあげることができる。

ユニットバスの床はトイレの床と合体しているため、水垢や皮脂以外の汚れも必然的に付きやすく、裸足で入室する人もいることを考慮すると、衛生面にはより気をつけたいところだ。汚れの種類が増えるため掃除方法は難しくなるのではないかとイメージする人も多いが、基本的には浴槽と同じくお風呂用の洗剤を使うことで、汚れを綺麗に落とすことができる。汚れがしつこい場合はクエン酸を活用してみるのも効果的と言える。

トイレ

トイレは単体のトイレ掃除となんら変わらないと考えてもよい。ユニットバスとして同じスペース内に風呂とトイレが備わっているだけで、単体の風呂掃除・トイレ掃除と割り切ればなんの問題もなくトイレ用洗剤で簡単に処理することができる。さらに、発想の転換として、単体のトイレでは不可能となるシャワーを使った丸洗いができると考えれば作業も捗るだろう。強いて挙げられる注意点は、水気を拭き取ることを忘れないことだ。

2. ユニットバス掃除を楽にする日々の汚れ防止方法

ユニットバスの掃除方法は通常のお風呂やトイレ掃除と大差はなく、誰でも簡単にできることがわかる。しかし、仕事の都合やさまざまな事情によって小まめに掃除をできない人は、普段から汚れをつきにくくする掃除方法を習得することが重要なポイントだ。では、汚れを防止するための掃除方法はどのようなものがあるのだろう。

まず第一に換気をしっかりと行うことが重要だ。カビは湿気の多い箇所を好むため、換気をしっかりとすることで湿気を下げることとなり、結果的にカビの発生を抑制できる。また、綺麗さを維持させるには、浴室内の水気をタオルなどでしっかりとふき取ることも湿気を減少させ、カビの発生を抑えることに繋がる。

そして、毎回お風呂上がりには皮脂汚れなどを取るためにシャワーで冷水をまいてから出るようにしよう。そうすることで皮脂汚れを流すだけでなく、カビの発生を抑えることに効果的だ。ユニットバスの汚れ防止は、日ごろから少し意識するだけで綺麗さを長く維持することができる。

3. ユニットバスの掃除頻度とは

もちろん毎日掃除をすることができれば、より綺麗に保つことができるが時間に猶予がない限り現実的ではないといえる。ではユニットバスの掃除はどれくらいの頻度で行えばよいのか。日頃の手入れももちろん重要であるが、時間がないなかでも清潔な状態を少しでも保つことができるように、目安の頻度として週に一回ほどはユニットバスの掃除を行おう。

ユニットバスだけに限らず、お風呂掃除は最低週一回の頻度で行うことが理想とされているため、ユニットバスだからといっても特別変わった条件になることはない。上記で挙げた汚れの防止対策を実行しつつ、最低でも週に一回はしっかりと掃除をする日を設けられれば、水垢や皮脂の汚れ落としが取り返しのつかないことにはならない。

また嫌々ではなく、こちらも発想を転換して、ユニットバスは風呂掃除とトイレ掃除を同時に対処することができるため楽というイメージを自分自身に持つことで、スムーズに掃除を完了させられるに違いない。

結論

ユニットバスの掃除は特別なことをするわけでなく、通常のお風呂掃除やトイレ掃除ととくに変わらないことがわかる。また、基本的な掃除方法の理解とともに、カビの発生防止のための小まめな換気や水気ふきなど、汚れを防止するための日々の習慣も身につけておこう。掃除頻度をしっかりと守りながら、清潔な状態を維持させるための習慣を癖にすることができればユニットバスの掃除に悩むこともなくなる。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ