このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

炊飯器の保管ならキッチンワゴン!おすすめの活用法から選び方まで

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月17日

キッチンからダイニングテーブルまで距離があるとき、食事を運ぶのに使われるのがキッチンワゴンだ。しかし実際はほかの用途にも役立つ。今回は炊飯器や電子レンジの収納としても活かす方法や、キッチンワゴンに求めたいポイントについてとりあげる。

1. 炊飯器を乗せるキッチンワゴンはキャスター付きが便利

キッチンワゴンはキャスター付きだと便利だ。例えば、炊飯器は稼動時に蒸気を発するので、収納場所によっては蒸気が理由で置けないことがある。しかしキャスターが付いていれば、炊飯器を使う際も簡単に移動でき、蒸気を気にする必用もない、さらにダイニングまで炊きたてのご飯を運ぶのも容易で、キッチンで茶碗によそってから運ぶ手間もない。

省スペースもキャスター付きなら維持しやすい

ワンルームなど、部屋が狭い場合にもキャスター付きをおすすめしたい。電源のそばに、常にキャスターのないキッチンワゴンを置くのも悪くはないが、部屋が狭いとキッチンワゴンが邪魔になってしまうこともある。キャスター付きであれば使わないときは隙間や空きスペースにしまっておき、必要な時にだけキャスターで引っ張ってくれば、普段から部屋を広く使えるのだ。

炊飯器とセットで使うアイテムを下段に

炊飯器を置く場所以外の収納場所には米など一緒に使う食材や食器を入れよう。キャスター付きのキッチンワゴンがあれば数㎏ある米も移動させやすく、何より炊飯器と同じ場所にあるので、炊くときは計量カップで必要分だけ出せばよい。

2. キッチンワゴンは炊飯器ギリギリのスリムサイズで収納も容易に

キッチンワゴンは、炊飯器をギリギリ収納できるサイズにしよう。スリムさにこだわれば、キッチンの隅はもちろん、シンクと冷蔵庫の隙間にも配置できる。カウンターや棚の下といったデッドスペースを利用することもできる。

ワンルームで工夫して収納する場合も、キッチンワゴンはスリムな方が有利だ。ただし電子レンジやほかの家電も乗せる場合は、キッチンワゴンのサイズも合わせる必要がある。大きな家電はその分目立つので、隠す収納を重視するならキッチンワゴンを同じ色にするか、ワゴンと同じ色のカゴに入れたり、同色の布をカバーにするなど目立たない工夫をしよう。

3. 電子レンジを重ねてキッチンワゴンに収納する際は余白を作る

キッチンワゴンは炊飯器以外の家電も収納しやすい。電子レンジは炊飯器と一緒に収納してもよいが、炊飯器が蒸気を発する関係上、下段に入れよう。ただし電子レンジも熱を発するので、キッチンワゴンに入れた状態で利用するなら、炊飯器とは密着させないようにして、隙間を空けて熱がこもらないよう対処したい。段の底面が網や格子状など、空気が通る構造になっているとより安心だ。

サイズが異なるなら別々の収納もあり

キッチンワゴン購入前から、炊飯器と電子レンジを一緒に収納することが決まっているなら、高さが合うサイズを選ぶか、調節できるキッチンワゴンを探すとよい。もしキッチンワゴンの収納場所が確保できるなら炊飯器と電子レンジは無理に1つにまとめず、別々のキッチンワゴンに乗せる方法もおすすめする。

結論

キッチンワゴンを炊飯器などの家電用に使うなら、キャスター付きでキッチン以外の場所へも移動させやすいものを選ぶと使いやすい。サイズは、1番大きな家電が入るギリギリのスリムなタイプだと、邪魔になりにくい。電子レンジなど複数の家電を収納する場合は、熱や蒸気に配慮した位置関係にしよう。ワンルームのような狭い部屋も、キッチンワゴンを有効活用しスペースをうまく使おう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ