このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
炊飯器置き場はどこが正解?蒸気対策や狭いキッチンの収納アイデアも

炊飯器置き場はどこが正解?蒸気対策や狭いキッチンの収納アイデアも

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年1月18日

炊飯器置き場にお悩みの方も多いのではないだろうか?毎日使うため使い勝手のよい場所が理想だが、蒸気が出るため置き場所に気を使う。本稿では、炊飯器の置き場を決めるにあたってのポイントや注意点、おすすめの収納アイデアや収納家具を選ぶときのコツなどを解説する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 炊飯器置き場のポイントをもう一度見直そう

炊飯器は毎日使うものだが、蒸気が噴き出すため上に空間が必要だったり、場所が高すぎると不便だったりして意外と置き場が難しい。何となく置いてしまっている方も、今一度、炊飯器置き場を決める際のポイントを見直してみよう。

炊飯器置き場を決めるポイント

  • 使い勝手
  • 清潔さ
  • 安全性
いちばんは使い勝手だろう。コンセントに近く、上に空間を確保できる場所であり、毎回しゃがむ必要がないというのが理想的な炊飯器置き場だ。同時に清潔さも重視したい。炊飯器は開け閉めすることが多いので、床付近などホコリが入りやすい場所やゴミ置き場の近くなどは衛生的ではない。また一人暮らしの狭いキッチンや小さな子どもがいるご家庭なら安全性も見逃せない。コードに引っかかって落下したり、子どもが手を伸ばして火傷を負ったりするリスクがあることも覚えておこう。

2. 蒸気が出る炊飯器はどこに置くのが正解?

では、炊飯器置き場はどこがベストなのだろうか?上記対策も交えながら、いろいろなケースで考えてみよう。

炊飯器置き場に適さない場所とは?

  • 水気の近く
  • 火気の近く
  • 安定感に欠ける場所
これらは炊飯器置き場に適さないと思ってよい。電化製品なのでそもそも水に弱いし、また蒸気の吹き出し口を水滴が塞いでしまうといったトラブルも想定できる。炊飯器の表面が熱で溶けて火災になるおそれもゼロではないため、火の気の近くを置き場にするのも避けよう。安定感に欠ける場所を炊飯器置き場にしてしまうと、地震の際に落下したりご飯をよそう際に誤って落としたりすることも考えられる。とくに炊飯中は高温なので気をつけたいところだ。

造り付けのキッチン収納を使う場合は?

造り付けのキッチン収納を使って炊飯器を設置する場合、キッチンカウンターやキッチンボードの上に載せるのがよいだろう。火や水の近くは上述の理由のほか故障の原因にもなりかねないため、コンロやシンクのまわりに置くのは避けたほうがよい。高温の蒸気で溶けるような素材の近くにも置かないようにするのが鉄則だ。ポットやコーヒーメーカーなどほかの家電の近くに置くときは、蒸気が当たって変色したり溶けたりすることがないよう距離をあける必要がある。

コンセントの近くに置けないときは?

コンセントの近くに炊飯器を置ける場所がない場合、キッチンボードや収納ラックの購入を考えよう。キッチンボードとは、食器や調理器具などを収納するキッチン収納棚のことだ。上下が収納棚になっていて中央にキッチン家電を置けるタイプが多い。炊飯器を置くスペースだけでなく収納も増やしたい場合はとくにおすすめだ。一方、炊飯器を置くスペースだけを増やしたい場合は、キッチン収納用のコンパクトなラックをセレクトするのがよいだろう。

子どもの手が届かない高さであることも重要

小さな子どもやペットがいるご家庭は設置する高さにも注意しよう。炊飯時の蒸気で火傷をすることがないように、手が届かない場所に設置するのが原則だ。ひとつの目安として、シンクと同じ80~95cmほどの高さであれば、子どもの手が届きにくく大人は作業しやすいだろう。

3. 狭いキッチンに炊飯器置き場を作るアイデア

炊飯器置き場に困るのは、たいがいスペースに余裕がないときだ。そこでいくつかアイデアをまとめたので、ひとつのヒントにしてほしい。

レンジやトースターと一緒にラックに収納する

キッチンには炊飯器のほかにもレンジやトースター、ポットなどがある。限られたスペースを使ってスッキリ収納するには、キッチン家電をまとめて収納できるアイテムがおすすめだ。キッチン家電用の収納ラックは熱に強い素材のものが多く、コンセントの差込口が付いているものもある。これなら炊飯器の収納に最適だろう。耐熱性のあるスチールラックでも代用できる。

ロータイプのキッチンボードの上に置く

壁に沿ってロータイプのキッチン収納棚を置き、天板の上に炊飯器を設置する方法もある。棚の上にちょっとした作業スペースができるので、ご飯の盛り付けをするときなどにも便利だ。横長のキッチン収納棚を選べば、レンジやトースターなども並べて収納できるだろう。

キャスター付きのラックに収納する

キッチンが狭く家具を置くスペースがないときには、キャスター付きのキッチン収納ラックやワゴンを使うのがよい。上段に炊飯器を載せて普段は邪魔にならないような場所に置き、使うときだけ調理スペースに移動させることができる。

丸椅子の上に置く

場所をとらずに炊飯器だけを収納したい場合、丸椅子やスツールの上に炊飯器を載せてコンセントの近くに置く方法もある。リーズナブルかつ省スペースに収納できる。

冷蔵庫ラックを設置してその上に載せる

冷蔵庫の上の空間を持て余しているなら、冷蔵庫ラックの上を炊飯器置き場にするのもおすすめだ。ただし高すぎると炊飯器が扱いにくい。一人暮らしの冷蔵庫程度が高さの限界といったところかもしれない。

シンク下にそのまま収納する

シンク下の棚に、ほかの調理器具などと一緒に収納してしまう方法だ。オシャレさはなくもっともシンプルだが、既存のスペースを活用するため狭いキッチンには最適だろう。

4. スライド式の収納棚を炊飯器置き場にする際の注意点

炊飯器を収納するために作られているキッチンボードやキッチン収納ラックは、炊飯器を載せる部分の棚板がスライド式になっているものが多い。蒸気が当たって棚が劣化したり湿気が溜まってカビが発生したりするのを防げる利点があるが、炊飯器置き場にする場合の注意点もあるので覚えておこう。

炊飯時のキッチンの使い勝手を考慮すること

炊飯中は棚板が出たままになるため、調理スペース近くに設置するとキッチンの使い勝手が悪くなるおそれがある。またキッチンの入り口付近に設置すると、出入りしづらくなることも考えられる。炊飯中はラックの前面40cm程度は場所をとられることを考慮したうえで、設置場所を決めることが大切だ。可能であればキッチンの奥や端に置いたほうが、邪魔にならず作業スペースも広く使うことができるだろう。

5. 炊飯器置き場をオシャレに見せるアイテム5選

炊飯器置き場も重要だが、せっかくならオシャレに見せたいと思う方も多いだろう。最後に、炊飯器置き場をオシャレに演出できそうなアイテムを5つ紹介する。

LOWYA「キッチンワゴン キャスター付き」

幅52cm、奥行35cm、高さ72cmとコンパクトなキッチンワゴン。天板の耐荷重は10kgなので炊飯器置き場に最適なうえ、ダークブラウンとブラックの高級感あるデザインも魅力だ。

エムケー精工「オープンラック フローリエ」

強度のある幅広パイプが特徴。炊飯器置き場はもちろん調理家電一式を収納できる。もっともコンパクトなタイプで幅56.5cm、奥行50cm、高さ90cm、天板の耐荷重は35kgだ。

IKEA「ロースコグ」

幅45cm、奥行35cm、高さ78cmのスリム&コンパクトなラック。IKEAらしく豊富なカラーバリエーションが特徴だ。キャスター付きなので、限られたスペースを有効活用できる。

ニトリ「ごみ箱が入るキッチンラック」

下段にごみ箱、中段に炊飯器やケトル、上段に電子レンジといったようにキッチン家電とごみ箱を一箇所に収納できるラックだ。128cm、178cmなど高さも選べる。

山崎実業「伸縮レンジラック タワー」

幅約47.5〜75cmまで伸縮するレンジラックだ。高さ50cm、奥行35.1cmあるので下段に電子レンジ、上段に炊飯器と電気ケトルといった置き方がベターだろう。

結論

高温の蒸気が出るため、キッチン収納棚の天板の上やスライド棚板式のラックなどに収納するのがおすすめだ。購入する際は棚板を引き出した状態もイメージしながら選ぼう。炊飯器置き場を決めかねている方はぜひ本稿を参考に、この機会にバシッと決めてみてはいかがだろうか?
  • 公開日:

    2019年8月 8日

  • 更新日:

    2021年1月18日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ