このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

炊飯器置き場はどこにする?蒸気が出ることを考えて設置しよう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年9月18日

キッチンにはさまざまな調理家電が配置される。スッキリ見せたいと考えた場合、置き場所に悩むこともあるだろう。とくに炊飯器は蒸気が出るため、置き場所を間違えると家具を傷めてしまう可能性もあり、注意が必要だ。そこで今回は炊飯器を置く場所や蒸気を意識すること、DIYで置き場所を確保することを解説する。そして、さまざまな家具を販売するニトリのアイテムについて紹介していこう。

1. 炊飯器置き場は蒸気が出ることを考えよう

炊飯器は使い勝手などから、キッチン周辺や食事をするテーブルなどの近くに置く人が多い。しかし、炊飯器からは蒸気が出るため、置き場所に注意しなければ家具の劣化や変色などに繋がる可能性もある。

とくに炊飯器の蒸気でダメージを受けやすいのが、木を使用した家具である。炊飯器の周辺に棚や家具がなければ問題はない。しかし、近くに木製の家具がある場合は、できるだけ蒸気孔と家具の距離を離すことが大切だ。また、蒸気が逃げるように工夫することも、炊飯器置き場には必要である。使い勝手がよい場所に置くというだけでなく、いろいろなことに注意する必要があるということを覚えておこう。

2. ニトリの家具で炊飯器置き場を作る

炊飯器の置き場所に困っているときに、活用できるアイテムを販売しているのがニトリだ。ニトリにはさまざまな商品があるが、キッチン周りの家具も販売されている。ここでは、ニトリで購入できる炊飯器置き場におすすめの商品を紹介していこう。

レンジラック

ニトリで販売されているレンジラックは、商品名にあるようにレンジを置けるスペースが確保された商品だ。しかし、レンジだけでなく炊飯器を一緒に置くことができるため、キッチン周りにあれば一台二役となる。デザインもシンプルなものが多いので、あわせやすい。

また、キャスター付きの商品もあるため、移動させることも可能だ。炊飯器を置く場所がスライド式になっているため、蒸気を家具にあてずに逃すことができる。収納付きのタイプもあり、使い勝手のよさそうな商品が多い。

キッチンワゴン

ニトリで販売されているキッチンワゴンも、炊飯器置き場に最適なアイテムだ。キッチンワゴンは、調理に使用する道具を置く場所として使用する人も多い。さらに、炊飯器を置くことで使い勝手がよくなる。レンジラックと同様にキャスター付きの商品もあるため、移動が楽にできるのが特徴である。

3. DIYで炊飯器置き場を設置

炊飯器置き場がある家具を探しても、思うような商品がない場合には、DIYにチャレンジをしてみることも一つの方法である。DIYする場合に押さえておきたいポイントは以下になる。

1.レールを付ける

レールがあることで、炊飯器からお米を取りやすくするだけでなく、蒸気によって起こる変色などのダメージ防ぐことができる。蒸気が出ることを気にすると置き場が制限されることもあるため、選択の幅も広がるよい方法だ。

2.炊飯器蒸気シートを利用する

蒸気によって家具が傷んでしまわないように、蒸気対策をすることが重要なポイントである。そして、炊飯器の蒸気対策に利用できるアイテムが「炊飯器蒸気シート」だ。汚れを防止するだけでなく、蒸気を通さない役目も果たしてくれるためDIYをする際は、ぜひ活用してみよう。

結論

使い勝手を意識すると、炊飯器置き場はできるだけキッチン周りにあってほしいものだ。しかし、蒸気の問題を考えると、どこにでも置けるとは限らない。そこで、炊飯器の置き場に悩んだときはニトリで購入できるラックを活用することもおすすめの方法である。それ以外に購入したものでなく、自分好みに仕上げたい場合にはDIYで工夫をしてみよう。DIYをする時には、レールを設置するなどの蒸気への対策をすることも意識するようにしよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ