このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

電子レンジの掃除におすすめ!100均グッズを使った掃除手順や注意点

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月 2日

こまめな手入れが必要な電子レンジ。手入れを怠ると次第に汚れが蓄積し、落としにくい頑固な汚れへと変化するのだ。掃除アイテムが豊富な100均には、そんな悩みを解決する商品が数多く存在する。日頃のちょっとした掃除から、頑固な汚れ落としまで、さまざまな状況に対応できるのだ。そこで今回は、電子レンジ掃除に重宝する100均アイテムを紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 100均アイテムで電子レンジ掃除!用意するものとは

さまざまな掃除アイテムが並ぶ100均。その中でも、電子レンジ掃除に最適なアイテムを紹介していくので参考にしてほしい。

日頃の手入れは使い捨て可能なクリーナー

電子レンジをこまめに掃除する場合は、100均のキッチン用クリーナーが便利だ。いわゆる油汚れシートだ。クリーナーには洗浄液がしみ込んでおり、使いやすく簡単に油汚れなどを取り除けるのだ。また、1つの商品に数十枚とたっぷり入っている点も評価が高い。毎日の手入れ用として、100均のキッチン用クリーナーを用意するものに加えておこう。

頑固な汚れは電子レンジ専用シート

100均で販売されている電子レンジ専用シートは、こびり付きや頑固な油汚れに大活躍の商品だ。嬉しいことに用意するものは、この専用シートのみでOKだ。オレンジ成分が配合されているため、汚れのほかに嫌なにおいも取り去ってくれる優れものだ。アルコール配合や除菌タイプなど種類も豊富なので好みで選ぼう。

汚れに合わせて選べるエコクリーナー

近年注目を集める重曹・セスキ・クエン酸などは、地球にやさしいエコクリーナーとして100均でも販売されている。汚れの種類によってこれらのアイテムを使い分けすることで、スムーズに汚れを落とすことができるのだ。アルカリ性の重曹やセスキ、酸性のクエン酸などがあれば油汚れや水垢汚れなどさまざまな汚れに対応できる。用意するものは、重曹やクエン酸以外に水・耐熱容器・布巾だ。手軽に効率よく汚れを一掃するのには、100均のエコクリーナーがおすすめだ。

汚れを削り落とすならメラミンスポンジ

拭き掃除だけでは取り除けない、こびり付いた焦げなどには、100均のメラミンスポンジが効果的だ。用意するものは、水とメラミンスポンジのみ。水を含ませたスポンジでこすれば、頑固な焦げもスッキリと削り落としてくれるだろう。

2. 電子レンジを100均アイテムで掃除する手順

100均で必要なアイテムを揃えたら、早速電子レンジ掃除に取りかかろう。今回は、電子レンジ専用クリーナー・エコクリーナー、それぞれの掃除手順を紹介する。

電子レンジ専用クリーナーの手順

100均の電子レンジ専用クリーナーは、スポンジと洗浄液がセットとなっている。手順は全部で3つだ。
  • スポンジに洗浄液をしみ込ませる。
  • 電子レンジの中央に置き、1分ほど加熱。
  • 加熱後はそのまま放置し、スポンジの熱がある程度冷めたら庫内を拭き上げる。
最大のメリットは、ほかに何も準備しなくてよい点だ。100均でこの1アイテム購入すれば、すぐに掃除が始められる。また、使い切りタイプなので、汚れたスポンジをそのまま処分でき手軽だ。面倒な工程を極力省きたいのであれば、専用クリーナーを試してほしい。

エコクリーナーの手順

重曹・セスキ・クエン酸といったエコクリーナーを使用する際は、使い分けが必要だ。油汚れ+焦げには重曹、ギトギトの油汚れにはセスキ、水垢や生臭い悪臭にはクエン酸を選択しよう。また分量に違いはあるが、手順はすべて同一だ。
  • 耐熱容器に水とエコクリーナーを入れ、よく混ぜる。
  • ラップせず、電子レンジで3~5分加熱。
  • 扉を閉めたまま15分以上蒸らす。
  • 布巾で庫内の汚れを拭き取る。
水とエコクリーナーの割合は、水200mlに対し重曹・セスキが大さじ1程度、クエン酸が小さじ2~4と覚えておこう。エコクリーナーと水蒸気の力で、汚れをふやかしスムーズに汚れが落ちるのだ。効率よく電子レンジをキレイにするには、汚れに合ったエコクリーナー選びが大切である。

3. 100均アイテムで電子レンジ掃除する際の注意点

電子レンジを掃除する際は、注意点もしっかりとおさえておきたい。食品を扱う家電とあって、安全面においてはとくに注意が必要だ。100均には、油汚れ用やレンジ用、家具用、フローリング用などのパッケージが似通ったさまざまなシートタイプクリーナーが販売されている。必ずキッチン周りに対応しているか確認し購入しよう。

また洗剤を使用する際の注意点として、異なる性質の洗剤同士を混ぜないことも重要である。混ざり合うことで、中和作用を引き起こし効果が半減する場合もあるのだ。そして酸性であるクエン酸は、塩素系の洗剤と混ぜると有害なガスが発生し非常に危険である。電子レンジを掃除する際は、注意点に気を配り掃除を進めよう。

結論

100均アイテムを上手に活用すれば、電子レンジ掃除を効率よく実践できる。豊富なアイテムが揃う100均は、好みのグッズを選択できるのも魅力のひとつだ。また、汚れに関する知識を深め、汚れの種類や性質によって洗剤を使い分けることもポイントである。便利でコスパの高い100均アイテムで、電子レンジをこまめに掃除しクリーンに保とう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ