このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ポリエステル生地の特徴は?洗濯はできる?取り扱い方も解説!

ポリエステル生地の特徴は?洗濯はできる?取り扱い方も解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月12日

ポリエステル生地は衣類をはじめとした多くの商品に使用されている。お気に入りの衣類を長持ちさせるためには、生地に合った方法でお手入れを行うことが大切だ。ポリエステル生地を使用するメリットやデメリット、上手な取り扱い方を解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ポリエステルとは?

ポリエステルは、石油をもとに製造される化学繊維のひとつだ。
ポリエステル繊維はナイロンなどに続き1950年代に生産が開始されており、現在ではもっともポピュラーな合成繊維となっている。
いくつかあるポリエステル繊維の中でも代表的なポリエチレンテレフタレート(PET)は、1941年にイギリスで発明された。同じくPETから加工されることで知られるペットボトルは、1967年ほどに生産が開始されている。
ポリエステルは生地に加工されると強度や耐久性、弾力性、速乾性にすぐれた便利な素材となる。
PETを加工する過程で繊維の形状をさまざまに変えられるため、それによって生地の風合いや機能性が異なったものとなるのだ。また、綿などの天然素材やアクリルなどの合成繊維と混ぜて加工することでさらに多様な特徴を持たせることができる。
衣類をはじめバッグや傘、インテリアアイテムなど、身の回りの多くのものに生地として使用されている。

2. ポリエステル生地のメリット・デメリット

メリット

ポリエステル生地のメリットとしては、耐久性がある、縮みや伸びに強い、光沢感がある、手触りがいいなどがある。ほかにも、シワになりにくい、形状を維持しやすい、速乾性、カビや湿気に強い、お手入れが簡単であるなどメリットは数多い。

ポリエステル繊維で作られた生地は型崩れしにくく、洗濯をしても縮みや伸びが起こりにくい。速乾性にもすぐれているポリエステルは、お手入れが簡単な生地である。
光沢感もあり、フォーマルウェアなどにも活用される。また、シルクに近い触り心地の生地でもある。
ポリエステルには形状を維持しやすい性質があり、衣類に施されたタックやプリーツ加工なども美しい状態で保つことが可能だ。

デメリット

ポリエステル生地のデメリットとしては、静電気・アレルギーの原因となる、毛玉ができる、色移りするなどがある。

摩擦などにより静電気が発生しやすいため、冬場など乾燥するシーズンは注意が必要となる。
ポリエステル生地は洗濯や摩擦などにより毛玉ができてしまうことがある。できた毛玉は天然素材と異なり生地に残るため毛玉が目立ちやすい。
洗濯により色移りする場合もあるため、洗濯前にチェックしておく必要がある。
またまれにアレルギーを引き起こす可能性もある。ポリエステル生地の衣類を着て、かゆみや赤みがでるなどの症状があらわれたら、病院で診てもらうようにしてほしい。

3. ポリエステル生地の取り扱い方法

ポリエステル生地の取り扱いの注意点としては、洗濯方法やアイロンの当て方がある。
衣類のお手入れは、洗濯表示に記載されている正しい方法で行ってほしい。
間違った方法でのお手入れは色移りやダメージなどの原因となるため、衣類の洗濯表示のタグをチェックすることが大切だ。

洗濯方法

洗濯方法としては洗濯機を使用する場合と手洗いする場合とがある。
どちらの場合も脱水には洗濯機を使うことになるが、その時間に注意してほしい。
ポリエステルの生地は速乾性があるため1分ほど脱水するだけでも十分だ。
余計なシワを避けるためにも短時間で済まそう。

アイロン

ポリエステル生地は耐久性が高いため、アイロンが可能である。
洗濯表示を確認してもらう必要があるが、一般的には中温でのアイロンが可能とされている。
高温で当てると、生地の変形やテカリがでてしまう場合がある。
また、生地に当て布をしてのアイロンを心がけてほしい。

結論

ポリエステルは多くの商品に使用されている合成繊維で、生地としては合成、天然あわせた衣類の中でも使用されている確率が高い。おしゃれ着として使用されることもあるため、お手入れ方法には注意を払う必要がある。洗濯やアイロンの前に、衣類についているタグを見て確認してほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ