このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ハイボールを自宅で楽しむコツ。基本の作り方やアレンジレシピを紹介!

ハイボールを自宅で楽しむコツ。基本の作り方やアレンジレシピを紹介!

投稿者:ライター 大貫翔子(おおぬきしょうこ)

監修者:管理栄養士 水島知美(みずしまともみ)

2020年7月14日

「ウイスキーが、お好きでしょ。」のCMで人気に火がつき、もはやウイスキーの定番の飲み方となったハイボール。料理とも合わせやすく、若い世代から年配層まで幅広く好まれている。そんなハイボールをより美味しく楽しむためのコツとともに、気になるカロリーやアルコール度数を紹介。正しく知って、家飲みをもっと充実させよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ウイスキーの飲み方で大人気のハイボールとは

ハイボールとは、ウイスキーをソーダで割ったウイスキーカクテルの一種。とはいっても、実際の居酒屋やバーなどでは、カクテルというよりは「ハイボール」というカテゴリーが確立している。

ハイボールの魅力は、ソーダで割ることで適度にアルコール度数が下がり、お酒が弱い人でも気軽に飲めること。炭酸の刺激でビールにも似た爽やかな喉ごしを感じられ、ビールほど糖質が高くないため、体に優しい点も人気の理由だ。さらに、料理と合わせやすいのも魅力。とくに唐揚げやポテトなどの揚げ物との相性がよく、鉄板の組み合わせである「ハイボール×唐揚げ」をメインメニューに掲げる居酒屋もあるほどだ。

最近は缶ハイボールも人気だ。普段はハイボールを飲まないという人でも、手軽に楽しめる。ハイボールブームの立役者ともいえるサントリーの「角ハイボール缶」、昔からおなじみの「トリスハイボール」、バーボンの代表「ジムビームハイボール」、まろやかな味わいの「ブラックニッカ クリアハイボール」などが人気だ。

2. 自宅でウイスキーのハイボールを楽しもう

ハイボールはウイスキーとソーダがあれば自宅でも作れるため、家飲み需要も高まってさらに普及している。まずは基本の作り方からマスターしよう。重要なのは量と割合だ。

(1)グラスの上まで氷を入れて軽く回し、グラスを冷やす。
(2)ウイスキーを適量入れる。
(3)ウイスキー1に対してソーダ4の割合でソーダを注ぐ。
(4)一度だけ、縦に混ぜる。

使うグラスに指定はないが、氷とソーダで嵩が増え、すぐに飲み切ってしまうので、ロックグラスよりはタンブラーやロンググラスがおすすめだ。最近ではメーカーロゴ入りのジョッキやハイボール専用グラスなども販売されている。

また基本の作り方に、アレンジを加えても美味しく飲める。

(1)ジンジャーハイボール

ソーダの代わりにジンジャーエールで割る、スパイシーなハイボール。好みですりおろし生姜を入れるとさらに刺激がアップ。

(2)オレンジハイボール

ソーダを少し控えめにし、その分100%オレンジジュースをプラス。ほどよい甘みと酸味が爽やかで、お酒が苦手な人でも飲みやすい。

(3)梅ハイボール

1:4で作ったハイボールに梅酒を注ぐ。好みで梅の実を入れてもOK。梅が持つ独特のコクや風味を味わえる。

3. ウイスキーのハイボールを飲むときはここに注意

ウイスキーのストレートやオン・ザ・ロックに比べると、ハイボールはソーダで割っている分アルコール度数は低い。もともとのウイスキーのアルコール度数が50%だとして、1:4で割れば1/5の10%程度になる。また、氷を入れているため飲んでいるうちにだんだん薄まってくる。

一方ハイボールのカロリーはというと、1杯60mlで約142kcal。ソーダで割ったしても、カロリーはなくならない。ハイボールを2杯飲むと、ご飯1杯分以上のカロリーを摂取することになるのだ。

さらにアレンジでコーラやジンジャーエールを使うと、よりカロリーが上がる。料理に合い、アルコール度数が低い分ペースが速くなってしまい、ついつい飲みすぎてしまうこともあるので気を付けよう。

4. ハイボールにおすすめのウイスキーは

自宅でウイスキーのハイボールを楽しむなら、ハイボールに適した銘柄で味わいたい。おすすめの銘柄は次の3つだ。

ホワイトホース

コンビニなどでも販売されている、比較的低価格のブレンデッドスコッチ。3年以上熟成されているため、ソーダで割ってもしっかりした香りと味わいを感じられる。

ジムビーム

ローラのCMで知名度が上がったバーボン。スモーキーな香りがなく、甘みの強い香りが特徴。コーラやジンジャーエールなど刺激の強い割り材でも合う。

サントリーウイスキー 角瓶

日本を代表するウイスキー。居酒屋などでも使われており、ハイボールブームを牽引している。メーカーもソーダ割を推奨するほど、ハイボールにぴったり。

5. ウイスキーハイボール缶で人気の商品は

自宅で最も手軽に飲めるウイスキーは、ハイボール缶だ。ウイスキーを取り扱う各メーカーから非常に多くの商品が発売されている。家でも外でも、缶ビール感覚で飲める。中でも人気の商品を5種類ご紹介しよう。

角ハイボール缶

ハイボールといえば角ハイボール、というほど知名度の高い商品。居酒屋の味を忠実に再現したほんのりレモン風味のハイボールと強炭酸で、すっきりとした飲み口だ。

トリスハイボール缶

角ハイボールに次いで人気の高いトリスハイボール。CMでもおなじみのキャラクターが描かれた缶は、飲んだことがなくても見かけたことがあるという人は多いのではないだろうか。こちらも味はすっきりめだが、糖類や香料の分甘く感じられる。

ジムビームハイボール

世界で最も売れているバーボンを使ったハイボール。やや甘めのバーボンは独自製法の柑橘蒸留酒によるもの。飲みごたえとすっきりした後味を両立している。

ホワイトホースハイボール

ブレンデッドスコッチのホワイトホースのハイボール。スコッチ特有のスモーキーな風味が残り、大人の味という印象。ピーティではあるが炭酸は抑え気味で飲みやすい。

ブラックニッカ クリアハイボール

まろやかな味わいで知られるブラックニッカを、「ウィルキンソン タンサン」で割ったハイボール。アルコール度数9%で飲みごたえがあり、ガツンと飲みたいときにおすすめ。

結論

ハイボールはウイスキーの飲み方の中ではアルコール度数を抑えられ、料理にも合わせやすいことから幅広い世代に人気だ。オレンジやコーラ、ジンジャーエールなどアレンジを加えても美味しく飲める。自宅で飲むなら低価格のブレンデッドウイスキーやハイボール缶でも十分に楽しめるだろう。ただし、飲みやすくペースが速くなりがちなので、飲みすぎには注意が必要だ。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ