このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
年越しそばのコツ。乾麺は水に浸して美味しさアップ!

年越しそばのコツ。乾麺は水に浸して美味しさアップ!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年4月 7日

大晦日になると食べる「年越しそば」。子どもの時に「縁起が良いから食べなさい」と言われたことがある方もいるかもしれないが、年越しそばには実は色々な意味があると言われている。そば屋で食べるのも良いが、自宅でゆっくりと食べるのもまた格別だ。そこで今回は、年越しそばの由来や、乾麺を使った美味しい年越しそばの作り方をご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 年越しそばの由来

大晦日に年越しそばを食べる習慣が始まったのは、江戸時代。年越しそばには、(諸説あるようだが)様々な意味がある。
  • 今年の厄を断ち切る...そばは、うどんなどの他の麺類に比べてプツプツと切れやすいことから、新年を健やかに迎えるために「一年間に溜まった悪いものを断つ」という意味を込めて食べる。
  • 身体に溜まった毒を出す...そばの健康効果は古くからから認められており、そのデトックス効果を期待して身体の内側からキレイになるようにと願って食べる。
  • 健康で長生きする...そばは「細く」「長く」伸ばして作られることから、新しい年も健康で長生きできますように、家系が長く続きますようにと祈って食べる。
  • 強い心身になる...そばは雨風に強く荒れた土地でも育ちやすい植物であることから、心身が強くなりますようにという意味を込めて食べる。
また、年越しそばを食べるタイミングは、一般的には「大晦日に除夜の鐘を聞きながら」という方が多いようだが、大晦日の昼や夜に食べる家庭や、地域によっては元旦の朝に食べる習慣もあるようだ。

ちなみに、年越しそばは温かいものでも冷たいものでもどちらでも良いと言われている。12月は新そばが出回る時期でもあるので、そば好きな方にはもりそばやざるそばなどの食べ方がおすすめだ。

2. 乾麺を水に浸して、年越しそばを美味しく

大晦日になると、そば屋の前には大行列ができることが多い。もちろん、そば屋に並んで年越しそばを食べるのも風情があって良いのだが、子どもが小さかったり年の瀬で忙しかったりすると、長時間並ぶのは難しいかもしれない。

そこで、自宅で美味しい年越しそばを作る方法をご紹介しよう。

(1)乾麺がすっぽり入る鍋やバットなどを用意し、水に浸けて10分間(袋に表記されたゆで時間と同じくらいの時間)おく。10分後そばを取り出す。
(2)(1)のそばを浸けた水に、さらに水を500ml程度加えて、加熱する。
(3)沸騰したら、(1)のそばを入れて袋などに表記されたゆで時間の半分の時間だけゆでる。
(4)ゆで上がったそばをザルにあげて、水で表面のぬめりを取る。

乾麺を予め水に浸しておくだけで、スーパーで購入した普通のそばがモチッと美味しくなる。そばの香りを楽しむために大切なポイントは、「そばを短時間でゆでる」こと。予め水を吸わせることで、ゆで時間が半分に短縮でき、美味しくゆでられるという訳だ。

また、最初にそばを浸けた水を捨てずに使うことで、そばの風味をアップさせることにもつながる。簡単な方法だが、おすすめだ。

3. 年越しそばをさらに美味しく

一年の終わりに食べる年越しそばだからこそ、「とびきり美味しく作りたい」という方も多いことだろう。そこで、自宅で簡単に試せる方法をいくつか紹介しよう。
  • サラダ油を加えてそばを茹でる...そばを茹でる時に湯にサラダ油を大さじ1程度加えることで、そばの表面のデンプンと油が結合した状態になり、そばの喉ごしが良くなる。
  • 麺つゆに昆布を一晩漬ける...市販の麺つゆを使う場合であっても、昆布を一晩漬けておくと風味がぐっと良くなる。分量は一人分につき、昆布3×6cm位が目安。昆布が無ければ、スライスした干し椎茸を浸けるのもおすすめだ。
  • 天ぷらは霧吹き後にトースターで加熱...スーパーなどで買ってきた惣菜の天ぷらは、霧吹きなどで表面に水を軽く吹きかけた後トースターで2分~3分加熱しよう。水分が蒸発した衣に小さな空洞ができ、サクサクの食感になる。

結論

今回は、年越しそばを自宅で美味しく食べるために「乾麺を予め水に浸す」という方法をご紹介した。とても手軽にできるので、ぜひ試してみたい。美味しいそばを自宅でゆっくりと味わうことができれば、新年も健やかに迎えられそうだ。

この記事もCheck!

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ