このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

時間を計測するだけで成功!短時間でふっくらもっちり土鍋炊飯のススメ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2018年1月 7日

スイッチオンでお任せの炊飯器もいいけれど、料理にこだわる男たちに人気なのが「土鍋炊飯」。始めてみれば意外と簡単で短時間でふっくら、もっちり!タイマーと土鍋を用意してぜひ挑戦を!

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 遠赤外線効果でふっくら短時間で炊き上がり

高額な炊飯器が続々誕生する昨今。それらが目指すところは、かまどや土鍋で炊くごはんの美味しさなのだとか。炊き方次第でその味が大きく左右する米。それなら道具にも自分流でこだわって、抜群にうまいごはんを炊いてみようではないか。

まず準備したいのは、土鍋とタイマー。土鍋は、短時間で美味しいごはんが炊ける強力なツール。火にかければじわじわと遠赤外線効果を放出し、米の芯まで火が通り、ふっくら、もっちりごはんに仕上げることができる。タイマーでしっかり計測し、強火、弱火、蒸らし時間を測ることも成功への近道だ。

2. 内蓋付きで火力調整も不要な炊飯用土鍋

土鍋の中には、炊飯専用のために内蓋が付いたタイプもある。この内蓋があることで、炊きムラも、吹きこぼれの心配もなく、火の調節も不要になるとうから、初心者にはオススメしたい。土鍋は吸湿性もグッドなので、ベチャベチャにならない点も嬉しい。

たとえばある土鍋で米2合を炊く場合、米を研いだら1時間ほど浸水させ→土鍋に水と供に入れたら→タイマーをセット→中火にかけて約12分で炊き上がり→後は蒸らせば、一粒一粒立ったピカピカのごはんがいただける。おこげを作る場合は、最後に火力を強めればOKだ。

もちろん、米の炊き方の好みは千差万別。選ぶ米も研ぎ方も浸水や蒸らしの時間も、何度も炊いて実験して、細かく調整しつつ自分の炊飯ルールを見つけることが肝心だ。

結論

週末、お父さんが土鍋で真心込めて炊くごはんは、家族団欒を演出する最高のごちそうに。香り高い炊き立てごはんを妻や子供の茶碗によそうたび、「お父さんのごはんは美味しいね」と笑顔で喜んでくれることだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ