このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

美味しい餃子はタネが決め手!余りダネの保存方法とリメイク料理まで

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年12月 5日

大衆受けバツグンの家庭料理「餃子」は、お酒のアテとしても最高の一品。オリひと世代には、家庭で餃子作りを楽しんでいるお料理男子もいるだろう。餃子作りにおいて重要なのが、タネ作り。タネは、餃子の美味しさを決める重要パーツである。ここでは、餃子のタネの味付け方法から余ってしまったタネの保存方法と、リメイク料理を紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 美味しさの鍵!餃子のタネの味付け方法とは

餃子のタネは、味わいを決定づける重要な鍵である。シンプルな味付けから、ひとひねりもふたひねりも加えた創作ダネまでを紹介しよう。

・餃子のタネの基本の味付け

オーソドックスな味付けとして、生姜・ニンニク・中華スープの素・オイスターソース・塩・酒・ごま油が多いのではないだろうか。どれも一般家庭にある調味料なので、素材の味を活かした親しみのある餃子に仕上がるだろう。

・みんな大好き!カレー味餃子

いつもと違った味付けを楽しみたい人に試してもらいたいのが、カレー味餃子。食欲をそそるカレー味なら、新しい餃子のジャンルになるかもしれない。作り方は簡単。いつもの餃子のタネに、カレー粉と醤油などの調味料で味付けしてみよう。前日に残ったカレールウがあれば、混ぜ込んでみるのもよいだろう。

・辛党にはもってこい!キムチ餃子

餃子のタネにキムチを混ぜ込むアレンジレシピは、簡単でおすすめだ。いつもの白菜やキャベツの代わりに、刻んだキムチを投入してみよう。キムチの味がタネに広がるため、あとの味付けは醤油と塩、酒などを控えめに加えるだけでOKだ。辛党にはたまらない、つい箸が伸びてお酒の進む餃子である。

・夏におすすめ!梅しそ風味

食欲の落ちる夏にぴったりなのが、基本の餃子のタネに梅干しやしそを加えて作る梅しそ餃子。さっぱりとしたさわやかな酸味と独特の香りで、夏バテも撃退できそうだ。

2. 餃子のタネが余った!おすすめの保存方法は?

餃子作りで難しいのが、餃子のタネと皮の量のバランス。餃子作りでタネが余りすぎてしまった...という経験をしたことがある人もいるのではないだろうか。余った餃子のタネの保存方法について紹介しよう。

・冷凍保存

余ったタネはラップに平たく包み、冷凍保存する方法がおすすめだ。空気に触れると鮮度落ちが早まるため、ぴったりと包もう。小分けに包めば、ちょっと使いたいときにも使いたい分量だけ取り出せて便利だ。小分けに包むのが面倒な人は、平たく包んだラップのうえから、包丁の背などでブロッキングして冷凍しよう。使用する際にパキッと折れば、小分けに包んだときのように使えるので、ぜひ試してもらいたい。

・冷蔵保存

余ったタネを翌日の料理に使う場合は、冷蔵保存でもよいだろう。余った餃子のタネは、ぜひリメイクして有効活用してもらいたい。

3. 余った餃子のタネはどのくらい日持ちする?

余った餃子のタネを冷蔵や冷凍保存するときに気になるのが、どのくらい日持ちするかということ。

・冷凍保存の場合

一般的なお肉の冷凍保存は日持ち1ヶ月が目安で、美味しく食べるには1~2週間がよいといわれている。餃子のタネは、お肉だけでなく調味料や野菜が入り、手で捏ねたりする作業が加わっている。冷凍保存後も、長く日持ちしないと考えて1~2週間程度でなるべく使いきるのがよいだろう。

・冷蔵保存の場合

冷蔵保存の場合は、翌日までに使うのがおすすめだ。餃子レシピの中には、冷蔵庫でタネを一晩寝かせてから作るものもあるように、一晩熟成させればタネは旨みを増すこともあるようだ。

4. 余ってもこれで安心!餃子のタネのリメイク方法

餃子のタネが余ったら、ぜひリメイク料理に挑戦してもらいたい。

・余りタネのリメイクチヂミ

片栗粉と小麦粉、卵、水を混ぜた中に、餃子の余りタネを加え、フライパンで焼くだけの簡単リメイク料理。餃子との食べ合わせは言うまでもなくバツグンでおすすめだ。

・余りタネのリメイクスープ

前述したチヂミと同様に片栗粉を加え、肉団子にしてスープに投入してみよう。簡単に作れる旨みたっぷり中華スープが完成する。

結論

餃子のタネの味付け方法と、余ったタネの保存方法やリメイク料理を紹介してきた。餃子を作ったその日だけでなく、余ったタネでリメイク料理を作れたら、一目置かれる料理男子になれるのではないだろうか。ぜひ、餃子作りと餃子のタネのリメイク料理で、男の料理を格上げしてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ